2019年 7月 15日

ご飯づくり

カテゴリー: 子どものこと



今度の金曜日で授業が終わり、
息子は高校生としての初めての夏休みに入る。

去年は、部活引退後はひたすら受験勉強だった反動なのか、
今年はテスト期間中はこっそりと、
テスト終了後は堂々と長時間パソコンで遊んでいる。


「休みの日に若いもんが一日中パジャマで
 パソコンの前に座り込んでるなんて絶対ダメ!」
と言って、とにかく家から外に出させているが、
毎回ものすごい抵抗に遭う。
息子にとっては大迷惑かもしれないが、
昭和生まれの時代錯誤かもしれないが、
それでも、一日中パソコンの前から動かない生活は
許容したくないと思う。




夏休みの宿題はすでに説明されているらしい。
親にはヒミツにしているものもあるようだが、
家庭科は母のサポートが必要なせいか、報告があった。
「食事を作るという課題で、10品目以上作る」
ということになっているようだ。
カップラーメン等、NG品目があるらしい。


家庭科の宿題をするにあたって、息子は、
大きなフライパンが欲しいという。
好きなのを選びなといったところ、テフロン加工の
26センチの非常に軽いもの買ってきた。


息子は皿洗いと洗濯と風呂掃除は小学生からやってきたが、
料理は超初心者。

めんどくさがり屋なので、
ご飯を作るのは超簡単と思わせるほうが
今後のためにも良いだろうと考え、
 ・切って加熱すればおしまい
 ・切って漬けておけばおしまい
という「簡単スピードクッキング」から入ることにした。


プロセスを記録する必要があるようで、
野菜を切ったら、スマホで撮影。
炒めている途中でスマホで撮影。
最終的には、指定された形でプリントアウトしなければいけないらしい。


三連休の夕食は、ある程度は私が指示を出したが、
息子が手を動かして作った。


「料理なんて簡単だって思ったでしょ?」
「そんなことはない」
   (ここで同意したら何度もやらされると思って警戒しているらしい)
「でも、難しくはないでしょ?」
「うーーー」
「思ったより手順が少なくて作れたでしょ?」
「まあ、それはそうだけど・・・」
   (今後のことを考えると安易に同意するのは危険だと思っているらしい)


息子は「料理なんてやろうと思えばなんでも作れる」などと豪語していたが、
実際やってみて、そうでもないなと思ったかもしれない。


家事に関して言えば、「やろうと思えばできる」んじゃなくて、
多少アラがあったとしても、「毎日、繰り返せる」ことが
大事なんじゃないかと思う。


息子は、将来、誰かと暮らすことになるのかどうかわからないけど、
ご飯の支度と後片付け、掃除と洗濯は、ものすごく頑張らなくても、
普通にできるようになってほしいと思う。


コメントは受け付けていません。

2019年 7月 06日

高校生活

カテゴリー: 子どものこと

もったいないからせめて週イチで投稿したいと思っていたが、
1週間空いてしまった。


第一志望の「憧れの高校」に通い始めた息子は
毎日が楽しいらしい。

第一回のテスト(6月下旬実施)が終わるまでは、
「学校はすごく楽しい」
「夢なんじゃないかってまだ思ってる」
「目が覚めたらまた受験生に戻ってるんじゃないかと思うことがある」
などと言っていた。


7月1日からテストの返却が始まった。
「すごい点数」には免疫のある私でも
ぎょっとする点数だったりする。


さすがの息子も「これが現実」と
感じ始めたようである。


すごすぎる点数の答案を持って帰ってきたときは
「学年最高点は29点」と言っていた。
じゃあ、この点数はまあまあなのか??と思ったけど、
捏造かもしれないので、何とも言えない。

夏休み前の保護者会で、成績についてのお話があるそうだから、
真相はその時点で判明するのだろう。



息子は、中学時代から、断続的に反抗期だったが、
高校でもそれは続いている。
「はい」と言いたくないときは
野太い声で「あ゙ーー」みたいな音を出す。

動物の鳴き声みたいな音を出すな!というと、
「うー」みたいな音を出す。
母親に小言を言われると、人語をキャンセルするらしい。


背は更ににょきにょき伸びて、肩幅も広くなった。
入学祝にもらった髭剃りの出番もそこそこ増えてきた。


息子が家にいるときは、
「スペックの低さでは誰にも負けないスマホ」を
しょっちゅういじくってる。
(夫が4年くらい前に格安で入手したもの)
FREETELの月額300円プランなので
Wi-Fiのない環境では、あまりネットを見る気になれないらしい。

私も300円プランにしてみた。
確かに、つながらない時は、全くつながらない・・・


先日、帰宅した息子は
「〇〇くんはiPhone10を持ってるんだけど、
 使ってない機能を教えてあげた」
と嬉しそうに話していた。
LINEを入れたらメモリがいっぱいになるスマホを持っているキミが
なぜiPhone10の機能を知っているんだい??


クラスの友達はみんないい人ばかりらしい。
令和の高校生活が楽しくてよかったね。


コメントは受け付けていません。

2019年 6月 23日

もったいない

カテゴリー: 生活一般


すごく久しぶりの投稿。
これを機に定期的に更新できるといいんだけど。


日々の生活に追われるようになると、
「やらなくても支障がないこと」「重要だけど緊急じゃないこと」は
どんどん削がれていく。
週末は時間があるはずなのに、
「やらなきゃダメなこと」「重要じゃないけど今やらないと後で面倒なこと」
で埋め尽くされて、一瞬で月曜日になっている。

このブログなどは「やらなくても支障がないこと」の最たるものだ。
しかも、無料じゃないのに。
全然書かないって・・ホントもったいない。

2016年に異動した。
今までとは全然違う仕事。
ゼロからのスタート。
といっても、過去の経験が全く使えないわけではなく、
長い長いサラリーマン人生で身についた
「会社生活の知恵」「会社のお作法」みたいなものは、
十分に機能する。
もっとも、それが命取りになることもあるが。


会社から帰ってくるとすぐに家事に取り掛からなければならないので、
ブログの存在すら忘れてしまう。
異動から3年たってやっと少し余裕らしきものが出てきた。
月末は相変わらずコントみたいなドタバタを繰り返しているけど。


先週くらいから、家事タイムにはYoutubeで大沢誉志幸様を聴いている。
私にとっては「わが青春の誉志幸様」である。
彼の歌を聴いていると、誉志幸様のポスターが貼ってあった
茨城県つくば市の古いアパートの自室の様子や
誉志幸様のCDを聴きながら文芸部の原稿をせっせと書いていた、
「高校生の息子よりちょっと年上のあの頃の自分」が浮かんでくる。
・・・なんか、文章を書きたいなと自然に思えた。


会社の帰りは、周囲に迷惑かけずに本が読める程度の混雑なので、
20代前半に熱心に読んでいた本を読み返している。
「あの頃の自分」が何を考えていたのか、知りたいと思ったから。
手元に残しているということは、
その本を手放したくないと感じたからであって、
何度も読み返したはず。
でも、記憶に残っていない。
その本の中では進行中だった、素敵な計画については、
残念な結末を知っているだけに悲しくなるけど。


とっくの昔に処分してしまった本も
Amazon(マーケットプレイス)で安く買えた。
昨日到着したこの本も何度も読み返したはずだけど、
きっと何も覚えていないのだろう。

後日、何かしら感想を書きたいと思う。

コメントは受け付けていません。

2019年 3月 18日

平成最後の卒業式

カテゴリー: 子どものこと

去年の8月から更新が止まっていたんだなぁ・・・
何かと忙しかったのは事実だけど、
書くに書けないというところもあった。



二月中旬で息子の受験生ライフは終了した。
第一志望校に合格できたので、めでたしめでたし。


息子が5年生の時に、メインサポートの役割を夫と交代したので、
高校受験に当たって保護者がやることは、すべて夫が対応した。
学校と塾で実施する複数回の三者面談、高校説明会、
願書の入手とその記入、受験料の振込・・・etc.


夫にとっては、いろいろな学校に行って、
教室や設備を見学することも、
選ばれし生徒たちのプレゼンテーションを見ることも、
校長先生のありがたいお話を聞くことも
結構楽しかったようだ。

それだけに、第一志望に合格した時は、
本人が喜んだのはもちろんだが、
夫も相当喜んでいた。




3月15日は卒業式。
中学の3年間は一瞬だった。

入学式の朝の記憶はかなり鮮明なのに。
息子が上履きと外履きを間違えて履いていったとか、
靴の紐をいい加減に処理したから、
危険な長さで引きずっていたこととか。


小学校の卒業式はわりとあっけなく
終わってしまったので、
中学もそんなものだろうと思っていたが、
幼稚園の卒園式に匹敵する涙腺崩壊だった。


 * * * *


息子の中学は、合唱に力を入れていて
音楽の先生の指導も結構厳しい。
私の中では、
「中学生男子は、学校で歌わされる歌なんて
 ロクに歌わない」
というイメージがあったが、全然そんなことはなかった。
私の席から見える範囲では、
男子も女子も真剣に歌っていた。



「君が代」はなんだかオリンピックの表彰式みたいに荘厳だったし、
校歌は、こんなにいい歌だったっけ?というくらい素敵だった。

イマドキの卒業式の定番である「旅立ちの日に」という歌も感動的だった。
ハンカチで目頭を押さえる保護者続出。
昭和の時代から定番の「仰げば尊し」でも、涙腺緩みっぱなし。


来賓祝辞については、自分の中高の卒業式の経験から、
「長くて眠くてつまらない話」というイメージが
固まっていた。

息子の卒業式では、書かれた文章を読み上げる形だったので、
ダラダラしたところは一切なかった。
内容が分かりやすかったこともさることながら、
祝辞を述べた人たち全員が男女問わずに滑舌がよく、
キレイな声だったという点も
ダラダラ感払拭に貢献していた。


平成最後となる39回目の卒業式は、
とても印象深いものになった。


義務教育は終わったけど、
高校の3年間がすぐにスタートする。
親はますます頑張って働かないと・・・・



コメントは受け付けていません。

2018年 9月 06日

カテゴリー: 子どものこと

受験生の息子は夏休み後半に
塾の合宿に参加した。


三泊四日間の合宿中は、
その日の課題が終わるまで寝られないという話を聞いていたので、
壮行会を兼ねてクルマで30分ほどの一軒家のレストランへ。
過去に三回くらい来ているが、
息子はここの料理が好きらしい。


その後、「しまむら」で合宿に持っていくTシャツを購入。
「しまむら」には、おじさんが喜びそうなレトロなデザインのTシャツがある。
夫はそういうTシャツを買って息子に着せるのが好きらしい。
塾に着ていくと、塾長や先生が何かしら反応してくれるので、
息子もさほど嫌がる様子はなく着ていっている。
・・・あの子がオシャレ男子になることはないだろうなぁ。

胸のあたり「ファミ通」と書かれた赤いTシャツは塾長にウケたらしい。
(塾長はそんなにオジサンじゃないはずだけど)


・・・と、ここまで書いてずっと下書き保存。

最後の編集の日付でアップするが、ここからは2019年6月に入力した文章。

塾の合宿はとても楽しかったらしい。
勉強は大変だったけど、
やろうと思えばこんなに長い時間集中できるんだという自信がついたらしい。

合宿は自然豊かな場所で行われたので、
休憩時間には、口笛が上手なY君と一緒に外に出て、木陰に座って、
Y君が口笛で吹いてくれたスピッツの曲に癒されたらしい。

一瞬で受験シーズンになり、卒業式を迎え、
桜の満開の時期に入学式に臨み、
高校生になってしまったな。






コメントは受け付けていません。

2018年 8月 18日

iiyamaさん

カテゴリー: 生活一般


9日間の夏休みももうすぐおしまい。
今年は受験生がいるので、旅行はお休み。

我が家の受験生は、パソコンのゲームが大好き。
といっても、今の時期にパソコン三昧では困るので
基本は1日1時間としている。

その時間になるまでは、パソコンは某所に隠してある。

といっても、「秋葉原でジャンク品として売られていた」と
本人が主張している「Myパソコン」があり、
こちらは自由に使えるので、パソコンの使用時間は、
一日平均3時間前後と思われる。
「Myパソコン」には、グラフィックボードがないので、
イマドキのゲームはできないらしい。


ゲームに使うパソコンは某所に隠してあるし、
外に出すときは、受験生がゲームをしているので、
私は使えない。


パソコンコレクターの夫に
1台使わせてもらえないかと交渉してみたが、
いろいろ事情があるようで、断られた。


私専用パソコンが欲しくなり、
夫にお手頃価格でよさそうなものを探してほしいと
頼んだところ、秋葉原に飛んで行ってしまった。

夫が持って帰ってきたのがiiyamaさん。
ウチにあるASUSのノートパソコンと似たような印象。
奇抜なものがほしかったわけではないが、
黒いノートパソコンファミリーがまた増えた。


交通費+今後のいろいろなお守り代ということで、
少々上乗せしてパソコン代を払った。

早速、停滞しているブログに投稿することにしたのだが、
会社が始まったら、こういう時間をとれるだろうか??

とれるかどうかじゃなくて、
作るしかないんだろうな。



コメントは受け付けていません。

2018年 7月 01日

部活引退

カテゴリー: 子どものこと




2018年6月末で息子の部活ライフが終了した。
団体戦は2回戦敗退。
個人戦は1回戦敗退。


団体戦は4チーム単位の総当り戦で二勝二敗。
息子も二勝二敗。
個人戦の相手は、本人曰く、「強豪校の中でも強い人」だったとか。



引退前に2月に受けた昇段審査の証書をもらってきた。
まったくの初心者で初めたのに2年ちょっとで二段取れちゃうなんて・・・


私の高校時代は、二段を受けるっていうのは、
中学時代に初段を取っているのが前提だったような。
ガチで練習するタイプじゃないと、
二段の受験資格はないという雰囲気があったような。


息子は、中学校に入学してしばらくの間は、
帰宅部的な部活に入るつもりでいたようだが、
見学に行った剣道部で、優しくて面白い先輩の話を聞いて
剣道部入部を決めたらしい。

部活以外の練習(素振りとか)は一切やらなかったけど、
部活の時間は一生懸命がんばったようで、
手のひらの皮がむけたり、筋肉痛になったりしていた。


「ぼくにフェイントは通用しないよ」
と、自慢気に話すこともあった。
・・・面をつけるときにはメガネをはずしているので、
単に見えてないだけなのだが。
かなりの近眼なので、フェイントが見えないどころか
相手の存在自体がよく見えてなかったのではないかと。


面金の隙間に指を入れて顔を掻くことができるというのも
ご自慢だったようだ。
目の位置にあたる部分は面金の間隔が若干広くなっているが
中学生男子の指は通らないらしい。
通ったとしても指が顔に届かないらしい。
(息子の指は父親そっくりなずんぐりな形をしているが、
 どういうわけかかなり長い)



息子は、高校では剣道部には入らないと言っている。
あのメンバーだったから楽しく続けられたわけで、
本気な人たちとのガチな練習は絶対ムリとのこと。


父親は、
「ピアノが弾けるからバンドに入ってキーボードをやればいい。
 ボーカルがカッコよければ、おこぼれにあずかれるかも」
などとからかっている。

それにしても、イマドキの若者には「女子にモテたいからバンドやる」っていう
発想はあるのだろうか?


現時点での息子の女性に対するイメージは「強い・うるさい・めんどくさい」。
これは母親の責任だなぁ・・・







コメントは受け付けていません。

2018年 6月 06日

夢ノート

カテゴリー: 生活一般


鎌倉の素敵な雑貨屋さんで購入したノート。

201806IMG_2304



裏表紙に採集の仕方の説明までついているのだが、
現実世界のアレヤコレヤにどっぷり浸かっていると、
心も思考もカラッカラに乾燥しきってしまっているようで、
空想のちっちゃいカケラすら、見つけることができない。


201806IMG_2305


201806IMG_2306


このままじゃ還暦になっても1ページもかけない状態かもしれないと思い、
夢の採集に使うことにした。


夢といっても、“将来の夢”とかじゃなくて、
目が覚めてからもハッキリ覚えている夢。



ハッキリ覚えている夢というのは、
何かしら強い感情を伴う夢なんじゃないかと思う。


というのも、私が覚えている夢というのは、
「非常に大事なものを失くす」
「非常に大事なものを忘れる」
「行かなければならない場所にどうしても行けない」
「戻らなければならない場所にどうしても戻れない」
の4パターンに分類されるのがほとんどで、
その度に心臓が口から出そうになって、
背中に冷や汗、額に脂汗になっているからだ。


先日見た夢は、会社の偉い人から預かった、
謎の道具の入った茶色い袋をどこかに置き忘れ、
あわてて探しにいって、何とか見つけるものの、
中身が足りないという内容だった。


預かったときには間違いなく5本入っていた。
置き忘れた袋を回収したときの中身は4本。
道具の説明書が入っているのに気づき、
それを読んでみると、4本分しか書かれていない。


なくなった1本はこの説明書に載っているのか
載っていないのかがわからない。
載っていなければ最初からなかったことにしてしまえるのだが・・・


どうしよう、どうしようとものすごくオロオロしている一方で、
「私が見る夢って、どうして失くすとか
 忘れるとかばっかりなんだろう?」
と考えたりもしていて、現在の状況が夢の中のことだとわかっていたりする。


わけのわからない恐ろしいものに追いかけられるよりは
マシなのかもしれないが、状況が結構リアルなので、
本気で途方に暮れることもあり、精神衛生上、非常によろしくない。


もちろん、こんな夢ばかりを連続してみているわけではなく、
たいていの場合は、枕に頭をつけたとたんに
翌日の朝になっていて、スマホのアラームが鳴っている。



目が覚めたときに、詳細は覚えていなくてもいいから、
「なんか楽しい夢を見たんだよなぁ」と
気持ちよく目覚めてみたいものだ。








コメントは受け付けていません。

2018年 5月 29日

連れてくよ

カテゴリー: 子どものこと





一瞬で中3になった息子は
身体も態度も順調に巨大化している。


マンガとアニメが大好きで、
雑誌や本も順調に増殖している。


いろいろ新しい財産が増えてきても、
小さい頃大事にしていた「お友達=ぬいぐるみ」は
手放す気はないらしい。
(箱に入れたままになっているが)

チャレンジの付録の「コラショの目覚まし」は、
今でも息子の枕元にあり、
時間割表を貼り付ける「コラショの台紙」も
小学校時代から同じ場所に吊るしてある。
(時間割表の代わりに塾の予定表が貼ってある)


「コラショとかアンパンマンとか、
 家を出ていく時はどうするの?」
(二十歳になったら独立するようにと話している)


「あ? うん、連れてくよ」


「持っていく」のではなく、「連れていく」のか!
態度が巨大化しても、
「お友達」はお友達のままなんだなぁ。





日曜日に、夫の両親がバスツアーで潮干狩りに行ったそうで、
夕方、ウチに塩抜き中のアサリが届いた。


四角いタッパーに入ったアサリは
時々水を吐き出したりしながら、
みよーん、みよーんと動いていた。


息子は歌を歌いながら
その様子を30分近く眺めていた。

本質的なところは、4,5歳の頃から変わっていないらしい。



息子が寝た後、夫も同じことをやっていたので、
男性というのは、個人差はあるだろうけど、
本質的なところは、あんまり変わらないのかもしれないなぁ・・・





コメントは受け付けていません。

2018年 4月 21日

泳ぐ

カテゴリー: 生活一般




最近、文章を書こうと思ってもなかなか書けなくなってきた。

時間がないというのもあるけど、それ以上に文字化するのが
妙に手間取り、あまり気持ちよくできない。

目の前に積みあがってる「やらなきゃならないこと」が
多すぎるからなのだろうか。


仮にそうであっても、「水泳」は、よほど帰りが遅くならない限り
絶対に外さない。
書くことより泳ぐことのほうが自分の中での
優先順位が上だからなのだろう。

泳ぐのは、結構キツイんだけど、泳ぎ終わった後の
達成感みたいなものが好きなのかもしれない。


2016年、17年頃にさんざん書いていたバタフライに関しては
25メートルならOKレベルまできた。

何を持ってOKかというと、
小学生&中高年を相手に指導しているコーチから
OKをもらえたというだけの話なのだが。

OKをもらえたというのは“おばさんバタフライ”のことであって、
競泳選手のバタフライとはベツモノ。

“おばさんバタフライ”では、
腕の回転はゆっくりで、主にうねりを使って進む。
うねりを大きくしようとして欲張ると、浮上できなくなるが、
うねりが小さいとあまり進まなくなるので、
その兼ね合いが私にとっては難しい。

かなりゆっくり泳ぐバタフライであるにもかかわらず、
25メートル泳ぐと、心拍数が上がる。
おそらく130近くあるんじゃないかと。


個人メドレーでは、
バタフライ→背泳→平泳ぎ→クロールという順に泳ぐ。
最初のバタフライで心拍数が上がってしまうと
残りの3種目は、とても苦しくなる。

背泳だけであれば、100メートル泳げるのだが、
バタフライの後すぐに、というのはすごくキツイ。

背泳でもさらに心拍数が上がるので、
50メートルを折り返すときには140に近いかもしれない。

次の平泳ぎはいつまでも泳いでいられる種目だし、
ゆっくり泳げば心拍数を下げられそうなものだが、
バタフライ→背泳で呼吸が荒くなっていると
キツイ状態はそのまま変わらない。
最後のクロールは超ヘロヘロ状態。



100メートル個人メドレーというのは
業界用語(??)で「イチコメ」というらしい。
200メートル個人メドレーは「ニコメ」。

遠い未来にカッコよくニコメを泳ぐのが夢だけど、
25メートルのバタフライで息を切らしている現状では、
夢というより妄想かもしれない。

コメントは受け付けていません。

Next »