2009年 10月 06日

山梨 Wonder Trip No.9 (完)

 
 
明後日には台風上陸???
 
とりあえずベランダのものは全て中に入れたが・・・
 
この間の暴風雨みたいになるのかしら(汗)
 
まだ新しい傘の骨、折れちゃったんだよなー
ビル風はすごいけど、フツーの高さの建物の間から吹き付ける突風も
結構威力があるんだよなー
 
 
_______________________
 
 
 
 
おいしいフルーツティーとショコラケーキを食べながら
不思議なお話を伺った。
 
 
 
「山梨 Wonder Trip No.4」の天河神社のお話よりもさらに前のこと。
 
 
 
明美先生のご主人が、台湾大学で講義することになった。
 
 
ひとりでいくのは嫌(?)とのことで、明美先生も同行。
ご主人は台北喜来登大飯店(シェラトン台北/ 旧 来来大飯店))にご宿泊。
 
明美先生は
「マイケル・ジャクソンやエリザベス・テーラーが泊まったホテル」
 
おそらく台北晶華飯店(Grand Formosa Regent Taipei)にご宿泊。
 
 
ご主人は、台北大学の関係者にご挨拶+打ち合わせがあるので、
それを済ませてから、夕食を一緒に食べようと約束したそうだ。
 
 
それまでの時間に、マッサージに行って、
どうしても行きたい龍山寺へ行こうと考えた。
 
 
出かけようとしたところ、ご主人から電話。
「打ち合わせが明日になった」
 
ご主人のホテルまで地下鉄で迎えに行き、一緒に龍山寺に行った。
 
 
旧暦の新年の三が日の間だったようで、すごい人出だった。
 
 
どうやってお参りしたらいいのかわからないね、などと
お二人で話していたら、前にいたおじいさんがくるっと振り返って
 
「お教えします」
 
お参りの仕方を教えてくれ、神様の名前なども説明してくれた。
おみくじもひいたそうだ。
 
 
そして、おじいさんは、明美先生に向かって
「観音様が目で見て 耳で聞いて 守っています
 心配ありません」
と言った。
 
 
おじいさんにお礼を言って別れて、近くの市場を散策した。
 
 
すると市場の人混みの中で、またおじいさんに会った。
「これを持って行って下さい」
 
地蔵菩薩の絵で、パウチしてあった。
 
「これは私のような平民でも守ってくださいます」
 
そして、おじいさんは、人混みの中にまぎれて行った。
 
 
 
 
台湾の高齢者は、日本語がとても上手なので、
日本語を話すこと自体は、別に不思議でもないが、
明美先生が観音様に守られていると言ったり、
地蔵菩薩の絵を渡したり、というのはなんだか不思議。
 
 
そのおじいさんも、とっても不思議な人なんじゃないかなと思った。
もしかしたら、神様の使者だったのかもしれないなぁ・・・
 
 
 
 
台湾滞在中に、台湾大学の教授の会食があり、
台湾大学のレストランへ行ったそうだ。 
 
赤い絨毯が敷かれた、高級なレストランで、黒い制服の人たちがサービスしてくれた。
 
 
滞在中に食べた食事の中で一番高い料理のはずが、
どれ一つとして口に合わなかったそうだ。
 
 
(明美先生にしては非常に珍しいことだ思う・・・)
 
 
 
その後、別の友達と一緒に台湾に行った時は、
シェラトンに泊まったそうだ。
 
朝食は超豪華バイキング。
 
パンがすごくおいしくて、
パンケーキもワッフルもデニッシュも全部焼きたて!
 
中華はどれもおいしそうな点心。
 
洋食もとっても充実。
 
朝食でお腹一杯にしてももったいないので、かなり諦めたとか・・・
 
 
 
台湾は何度か行ってるけど、高級なホテルには泊まってないなー
2006年の大渓別館(TA SHEE RESORT/桃園縣)がイチバンだったのかな・・・
※このホテルは、アジアで大人気だった「流星花園/花より男子台湾版」で
 道明寺の自宅という設定だった・・・という情報を夫がひそかに入手し、
 それを伏せたままこのホテルに到着。
 しかし、「ここが牧野つくしと誰某が何々したシーン」という
 日本語の看板がいくつもあり、すぐにわかった・・・
 
 
一度くらいは、高級ホテルに泊まりたいなぁ(笑)
 
 
 
 
 
17:50に長坂インターから中央道へ。
 
 
ネットショップのお話を伺った。
はるみさんから「一本釣り」されたみたいな感じだったが、
やはりこれも「流れ」だったんじゃないかなと思った。
 
 
明美先生の周りには、ネットショップを運営するために
適材適所という感じで人材が揃っていて、
その方々が持っていらっしゃる技とか知識・人脈で
必要なものがすんなり集まり、
やらなければならないことも、スムーズに済ませることができたそうだ。
 
 
明美先生も「流れができていた」とおっしゃっていた。
 
「タイミングが合うと自然にうまくいくし、うまく流れる」
 
 
 
はるみさんとの出会いも、やはり「流れ」の中のことだったんだろうなぁ。
 
 
明美先生がはるみさんと初めて出会った時、
「同業者の方?」
と聞かれたそうだ。
 
「あなたみたいな気の人は、1日10人見てもいるかいないかだわ」

そして、はるみ先生に師事して、気の勉強をすることになったそうだ。
 
 
やっぱり、見えない世界が見える人は、いろいろわかるんだろうなぁ。
 
 
 
 
「動くときは、ポンポンってくるような気がする」
そんなお話をした後で、「ちょっと早いクリスマスのイベント」をやりたいという話題になり、
明美先生がやりたいことをいろいろ伺った。
 
 
「みんなで楽しむこと」がお好きなんだなぁー
お話を伺っていると、本当にすっごく楽しそうだ♪ 
 
きっと明美先生の頭の中のイメージ通りの
暖かい雰囲気の楽しいイベントが、寒くなる頃にポンッと実現するだろう。
 
 
 
明美先生に
「大丈夫~!」
と言われると、本当にホッとするが、うまくいっている姿が見えるそうだ。
 
でも、渦中にいる人にはそれがわからない。
 
 
心配なことがあると、どうしてもそこに気を取られるし、視野が狭くなる。
だから、目の前の「現状」しか見えなくなって、
ポジティブな将来の可能性が、頭の中から抜け落ちてしまうんだろうな。
 
 
 
 
「山梨 Wonder Trip No.3」(9/28の記事)にも書いたが、ヒーラーは
「現実的な世界できちんと生活できていること」が条件だそうだ。 
 
 
 
「知識がいくらあっても、
 セミナーにいくら出ていても、
 実生活で活かしていないとダメ。
 
 学んだことは実践しないと。
 
 実践して生活の役に立てるために学んでいるのだから」
 
本当にそのとおり。
 
 
ちょっと前に読んだ本の一節を思い出した。

>料理とは「生きる芸術」。だから、とにかく実践・実践・実践・・・
 
 
料理本を見てるだけじゃ料理はできない。
お料理の心得のある人だったら、
料理本を見てるだけでも、何かしら得るものはあるだろうけど
キャベツの千切りもままならない初心者だったら、
「おいしそうだなぁ」で終わることが多いだろう。
(料理へのモチベーションは上がるかもしれないけど)
 
 
誰かが料理を作るのを見る場合も、経験者なら
「自分はこういう切り方してなかったけど、こういう風に切ればいいのかー」
「このプロセスは省略しても大丈夫なんだ!」
と、自分の経験に照らし合わせることができるので、記憶に残りやすいけど、
初心者の場合は、その後自分でもやってみないと、おそらく数日で忘れちゃうと思う。
 
 
お料理は作らないと腕が上がらないし、レパートリーも増えない。
教わったことは、実際に試さないとわからない。
 
お料理の本のレシピに忠実に作ったって、
自分にとっては味が濃すぎたり、薄すぎたりする。
 
だから、実際に作ってアレンジしないと「自分の味」にならない。
 
 
何事も、教わったこと・学んだことは実践しないと身につかないんだよな。
 
 
明美先生はお料理も大変お上手だそうだ。
自分でも美味しいものを作り出せるから、
美味しいものを見分ける目や嗅覚が発達したのかもしれないなぁ・・・
   
 
 
 
談合坂SAへ。
 
 
明美先生はここで明日の朝食用のパンを買うとおっしゃる。
建物の入口のすぐ近くに、おいしそうなパン屋さんがあった。
私も何種類かメロンパンを買った。
 
 
おにぎりがおいしいということで、夕食用のおにぎりも買っていただいた。
さらにお土産として、明美先生オススメの「信玄菓人」という
やわらかいおまんじゅうのセット(各種フルーツの餡入り)も
プレゼントしていただいた。
 
 
駐車場を歩いていたら9999のナンバーの車があった!
 
びっくり!!! 初めて見た!
 
さらに走行中にもう一度9999のナンバーを見かけた。
 
 
「あなたはライトワーカーです」という意味だそうだ。
 
 
 
ラ・アンジェでエンジェルカードの講座を持つまでの経緯も伺った。
 
石井めぐみさんから熱心に頼まれたことで
「やりなさいってことなんだろう」
と考えたそうだ。
 
 
「頼まれることで、流れが来る」というお話を伺って、
2001年か2002年頃に行った小林正観さんの講演会でのお話を思い出した。
 
 
「頼まれ事の人生」というような話だった。
人から頼まれることを一つ一つやっていくことで
道が開けていくとか、そんな感じの話だったと思う。
 
 
確かに依頼する方は
「この人ならちゃんとやってくれる」
という気持ちがあるから頼むのであって、できそうになければ頼まない。
頼まれた事に誠実に応えていけば、道は開けるだろうなぁ。
 
 
 
 
20:11 永福料金所通過。
 
 
おいしいおにぎりをいただいた。
本当にお米がちょうどいい感じで、実においしかった♪
こんなにおいしいおにぎりはすごく久しぶりかも。
 
 
20:40過ぎに帰宅。
 
家の中は台風が通り過ぎたかのような惨状だった。
 
台風のように散らかしまくった二人は入浴中。
(ウチの男衆は連帯責任・・・笑)
 
 
ちらばったおもちゃやもろもろを片付けて、明美先生にお礼のメールをした。
 
 
感覚としては1週間分の旅行くらい充実した時間だった。
 
自然の中に行けば充電されるんだなぁ・・・
 
 
明美先生も「山梨行きは、全然疲れないし、元気になる」とおっしゃっていた。
 
 
本当に素晴らしい1日だった。
 
 
明美先生、どうもありがとうございました。
 
 
 
山梨Wonder Trip 完
 
 
 

コメント(11)

コメント(11) “山梨 Wonder Trip No.9 (完)”

  1. michiyoon 2009年10月06日 at 10:18 PM

    連載を楽しく拝見させていただきました~♪
    本当に1日の中の出来事だったの??って思うくらい、
    充実した濃い1日だったのですね。

    明美さんの偉大なる癒しパワーと山梨の自然に、丸一日たっぷりと触れて、
    これからのちほこさん、ますます良い方向へ向かいますね!


    ☆☆ michiyoさん、コメントありがとうございます! ☆☆

    本当に1日だったとは思えない一日でしたー(笑)
    お読みくださってありがとうございました!

    明美先生はやっぱりスゴイ!!です~

    よい方向へ進めるよう、心も身体もよい状態にしておきたいです。

  2. 落合邦子on 2009年10月06日 at 11:19 PM

    とてもよい、ワンデイトリップだったのですね。
    一日とは思えない密度ですね。

    頼まれる人生。

    なるほど・・・・という感じです。


    ☆☆ 落合さん、コメントありがとうございます! ☆☆

    本当に高密度な一日でございました。

    頼まれれる人生の話を思い出して、自分を高めないと頼んでもらえないなぁと感じました。

  3. naturalon 2009年10月07日 at 5:55 AM

    すごい1日でしたね~。
    そして、よくここまでお書きになりました。
    ほんと、ちほこさんの文章は、まるで、自分がそこに居たかのような気分になります。

    料理は生きる芸術、それどなたの本ですか?
    似た様な話を少しきいたことがあるのですが、読んでみたいです。

    こどもだけでなく、大人もそうですよね。ヴァーチャルでなく、
    何事も、五感をフル活用して経験し、そして実践。
    実践しないと身につかない。まさに、そうですね。

    メッセンジャーでなく、ジッセンジャーになりなさい、そんな小林正観さんの言葉を、私も思い出しました。(私も2002年くらいに講演会にいったことがあります。ありがとうグッズ、たくさん買いました^^;)


    ☆☆ naturalさん、コメントありがとうございます! ☆☆

    お褒めの言葉ありがとうございます♪ 嬉しいです!!

    本は「ゆたかに生きる」(パトリス・ジュリアン著)です。
    1990年代からパトリスさんのファンで、白金台のレストランには何度も行きました。
    彼の本は他にも何冊か持っています。

    「ゆたかに生きる」は、きっと20代の女性を想定して書いているんでしょうが、参考になります。
    (20代で読みたかったですが・・・これも縁だから仕方ないですねー)

    >・・・私が伝えたいのは、料理とはまさに”アール・ド・ヴィーヴィル”、つまり、生きる芸術、の道場だってこと。
    >だからとにかく、実践、実践、実践・・・ちょっとこらいの失敗でへこたれないで。
     
     
    メッセンジャーじゃなくて、ジッセンジャーの話、私も聞きましたよ~
    実はニアミスしてたかもしれませんね。

    「ありがとう財布」持ってます・・・(笑)

  4. 深山聡子on 2009年10月07日 at 11:22 AM

    楽しく読ませて頂きました。^^

    明美さんの武勇伝は、笑いあり、涙あり、ハラハラドキドキで、とてもドラマチックですよね。
    「なるほど、そう考えれば、そう行動すれば」ということ満載ですが、その卓越した行動力はとても真似できそうにありません。
    すばらしいと思います。^^

    >確かに依頼する方は
    >「この人ならちゃんとやってくれる」
    >という気持ちがあるから頼むのであって、できそうになければ頼まない。
    >頼まれた事に誠実に応えていけば、道は開けるだろうなぁ。

    そうですよね♪
    「ちほこさんなら、ちゃんとやってくれる」という安心感があります。^^

    誠実に小さな仕事を着実にこなしていくことが、次につながるのでしょうね!



    ☆☆ 深山さん、コメントありがとうございます! ☆☆

    おつきあいくださってありがとうございました!

    本当に明美先生は「卓越した行動力」の持ち主ですねー

    安心感を持っていただけているとのこと、とっても嬉しいです!!!!


    >誠実に小さな仕事を着実にこなしていくことが、次につながるのでしょうね!

    そうですよね~
    誠実に着実に小さな信頼を積み重ねていかないと、
    「いきなり大仕事」ということにはなりにくいですよね。

  5. 「安心追求最前線」大関浩伸on 2009年10月07日 at 6:20 PM

    >「知識がいくらあっても、セミナーにいくら出ていても、実生活で活かしていないとダメ。
      学んだことは実践しないと。実践して生活の役に立てるために学んでいるのだから」
     ↓↓↓
    まさにおっしゃるとおりですネ(〃^o^)~♪♪

    >人から頼まれることを一つ一つやっていくことで道が開けていく・・・
    ↓↓↓
    地道にコツコツ努めていきたいものです・・・

    山梨の濃~い一日シリーズ?素晴らしいですネ( ^-^)/゛


    ☆☆ 大関さん、コメントありがとうございます! ☆☆

    やっぱり地道にコツコツですよね!

    入社した頃、エライ人から
    「信頼を築くには時間がかかるが、信頼を失うのは一瞬でできる」
    という話を聞きました。

    ホント、学んだことを実践しながら、地道にコツコツ・・・ですね!

  6. kemion 2009年10月07日 at 9:35 PM

    参加も連載もありがとうございます
    こうして文章に残していただいて 本当に感謝です

    ここにコメントをくださっている皆様はじめ 周りにいる方々は
    本当に 依頼 に値する重要人物ばかりです

    ライトワーカーとして 皆様を照らしていけたらと思っています

    台湾の高級料理 すべてが初めての味でした
    甘いマヨネーズとか まるのままのナマコとか・・・
    思い出深いです~~

    高級ホテルはね~~好きなんです
    旅館もだけど・・・
    もうアラフィフだし ホテル廻りもライフワークかも

    ハワイから帰って来たら 第2弾行きましょ!
    紅葉のライトアップ見ましょうね


    ☆☆ kemiさん、コメントありがとうございます! ☆☆

    最高にすばらしく美味しい一日をありがとうございました!

    書くことで楽しい記憶が蘇ってくるので、二度楽しめました(笑)

    第二弾、とってもとっても楽しみにしています!
    よろしくお願いいたします!!!

  7. モリカオリon 2009年10月07日 at 11:03 PM

    今、最初から最後まで全部読みました!
    冒頭から引き込まれてしまい、一気読みです(笑)

    ステキな方々とステキな一日を過ごされたんですね♪
    そんな一日をこれまたこんなステキな文章で表現出来るなんて!!

    ちほこさん&ご友人(?)の方々ってホント魅力的・・・
    完全にノック・アウトされました(笑)
     
    私も『八ヶ岳倶楽部』に何度か行ったことあるんです。
    フル〜ツティ、とっても美味しいですよね♪
    勝手に親近感、です(笑)

    これからも楽しみに読ませて頂きます♪



    ☆☆ カオリさん、コメントありがとうございます! ☆☆

    長い文章にお付き合いくださってありがとうございました♪
    お褒めの言葉、とっても嬉しいです~☆

    八ヶ岳倶楽部、何度も行かれているんですか???
    いいところですよね~

    フルーツティーはホントに美味しいのて、一人であのポット一つ分飲めます!!!

    あのレストランで、いつか食事もしてみたいですーー

  8. 『応援力』取次学on 2009年10月08日 at 2:12 AM

    なぜか、山梨にはいきたくなりますね。。。
    東北とかは全くないのに・・・(^^。。

    それと、

    ちょうど僕も小林正観さんの著書読んでいたところですよ!!
    奇遇ですね。。。。゚:;。+゚( 。・▽・。)゚+。::゚。:.゚。


    P.S
    今回は、台風が直撃しそうな気配ですね。。。
    今までは当たらなかったけど・・・。。

    飛ばされないようにご注意下さいね(^^(笑)



    ☆☆ 取次さん、コメントありがとうございます! ☆☆

    以前、鈴木さんも書かれていましたが、山梨はすごいパワースポットだそうですよ~

    数年前に小林正観さんの講演会に行きましたが
    「第三の男のように生きる」というお話がありました。

    ♪タタタタターン タタタタターン・・・ まあ「タンタンと生きる」ということらしいです。

    あと、「コーヒーのように」というバージョンもありました。
    ダイドーブレンドコーヒーのCMがネタなのでしょうか???

    じゃ、ま、いーか → ジャマイカ


    おあとがよろしいようで・・・としか言いようがないですが(苦笑)


    台風の日はおうちにいるのがイチバンですよね。
    アタマから水をかぶったようになりました・・・

  9. 『楽観力♪』 堤 桜子on 2009年10月08日 at 10:43 AM

    >ヒーラーは安心感を与えられる人じゃないとダメ。
     
    >安定していないとダメ。
     
    >自分が充実していないと、他人のことは癒せない。
     
    >現実の世界できちんと生活できていることが条件。


    これ ほんと そうですね^^♡

    私も 人のこころに触れる仕事をしているので これらには とっても 重きを置いてます^^
    ノートにメモっちゃいました^^♡ ますます これらを 意識して大切にしようと思います^^

    ありがとうございます^^

    28日の記事でしたよ♪



    ☆☆ 桜子さん、コメントありがとうございます! ☆☆

    明美先生は「行動の人」なので言葉の一つ一つに重みがあるような感じがします。
    実際の経験に裏打ちされた言葉が、人の心に響くんじゃないかなぁと思います。

    日付のことお教えくださってありがとうございます!!
    訂正いたしました~

  10. 「しあわせ音楽家」鈴木 敬on 2009年10月08日 at 3:10 PM

    料理は生きた芸術、とにかく実践・・・
    という文章、感動です!キラ*。・+(*゚∀゚*)+・。*キラ

    私は、
    「芸術は人の目に触れて初めて成長する」
    という言葉を座右の銘にしていますが、
    それに通じる部分があると思いました^^

    それにしても小旅行を壮大な「旅行記」にしてしまう、
    ちほこさんの文章力&展開力には脱帽です!w(*・o・*)w オォォ

    やはり文章も
    「実践あるのみ」
    なのでしょうね!・+゜・。(*´∀`*)・゜+。+・



    ☆☆ 鈴木さん、コメントありがとうございます! ☆☆

    お褒めの言葉ありがとうございます!!


    >「芸術は人の目に触れて初めて成長する」
    すばらしい言葉ですね!

    本当にそうですよね~

    どこで聞いたんだか忘れましたが、歌手が最高にすばらしいパフォーマンスができる時っていうのは
    やはり大勢の観客がいるステージ上だそうです。
    (全部が全部そうとも限らないかもしれませんが)

    やはり受け取ってくれる存在、反応してくれる存在によって磨かれるんでしょうね。

  11. 尾崎綾子on 2009年10月08日 at 9:01 PM

    「頼まれ事の人生」のお話、とても参考になりました。

    ・・・自分がやりたいことではなく、他人が求めていることをやる・・・
    取次さんがおっしゃっていたことにも繋がると思います(*´ー`*)。。。

    >教わったこと・学んだことは実践しないと身につかないんだよな。

    確かにその通りですね。。。

    でも、私はすぐに忘れちゃうΣ(×_×;)(^^(笑)

    実践。。。大事ですよね。。。
    私も明美先生のようなお料理上手になれるように頑張ります!!


     
    ☆☆ 尾崎さん、コメントありがとうございます! ☆☆

    頼まれごとの人生の話を聞いたのは、もうだいぶ前のことです。

    この時は、あまりピンとこなかったし「そんなもんなんだー」みたいな感じでした。
    「自分の意思はないのか???」という疑問もあったような気がします。
    だから、もう一度同じレッスンが来たのかなと思っています。

    尾崎さんはちゃんとお分かりになっているからすごいです!!!

     
    私もお料理がんばります・・・
    何年主婦やってんだか・・・って部分もあるので・・・(滝汗)