2009年 8月 11日

香港初日

カテゴリー 旅行

 
 
 
 
JL731便で香港へ。
(前泊することもなかったような)
(大きな地震があったからよかったのかな) 
 
新型インフルエンザの問診表を書かされたが
だからどうということもなかった。
 
 
税関を通って外に出て、まず両替。
 
 
市中にはもっとレートのいいところが
あるんだけど(4年前の情報)
香港ドルは小銭しかないので
ある程度の金額を両替した。
 
 
「香港映画のいろいろがある場所に行きたい」
というので、ターミナル1からターミナル2へ
スーツケースを転がして移動。
HOLLY WOODというお店だった。
 
 
頭文字Dのクルマが展示してあった。
(「藤原とうふ店 自家用」って書いてあるハチロク)
 
 
入場料は大人HK$20、子どもHK$10だった。
チケット代はグッズの販売コーナーで同額の金券になる。
 
 
買い物を夫に任せたら、
福袋HK$40とポスターHK$20を購入。
(HK$10は自腹)
 
 
飲食用のHK$5の券ももらったので、喫茶コーナーへ行ってみた。
一番安い飲み物でもHK$15くらいだったので、
あまりタシにはならなかった。
 
 
それから夫がATMでお金をおろし、外に出ることにした。
以前、夫は街中のビルの壁面みたいなところのATMで
お金をおろそうとして、エラーになってしまい、
泣きそうになったらしい。
とにかくカードは返されたもののお金が出てこなくて
残高確認ができるまでかなり心配だったらしい。
 
結局、大丈夫だったようだが。
 
 
空調しすぎの空港の建物から出ると、
もわっとした湿気を含んだ空気に変わった。
 
 
香港の空気は八角のにおいがすると思う。
このにおいを嗅ぐと、香港に来たなぁと感じる。
 
 
あざらし旅行社の指示に従ってバスに乗る。
小銭がないので、ダメもとで、5年前の
「八達通」(オクトパスカード)を
入り口横のプレートにかざしてみた。
やっぱり期限切れ。
夫が3人分まとめて払った。
 
 
東涌で下車。
マイウェイ・イングリッシュが得意な夫は
「オクトパスカードを使えるようにしてもらう」
といって、地下鉄の駅へ。
 ※マイウェイ・イングリッシュ
   ほしい結果をクリアにして、笑顔で、
   自分が言いたいことを知ってる単語
   のみ並べて、ナントカする英語。
   たぶん、相手は自分の言葉が理解され
   ないことをすぐに理解するかも(笑)
 
 
私は荷物&息子の見張り。
しばらくして夫は、
「使えるようにしてもらったよー」
と戻ってきた。
私のカードにはHK75残っていたらしい。
 
 
地下鉄で青衣へ。
そこから、緑のタクシーに乗りたかったが
なかなか来ないので赤いタクシーに乗車。
ホテルがある新界は、緑のタクシーで行く方が
日本円で500円くらい安くなる。
 
 
ホテルはなぜかケロロ軍曹だらけだった。
エントランスのガラスにも、
メインロビーにもケロロ軍曹がわらわら。
なんだかなぁー
 
 
荷ほどきして、夕食を食べに出発。
またまたあざらし旅行社の指示でバスに乗る。
 
 
屯門市廣場の停留所で下車。
息子が「おなかすいた」とうるさいので、
入ってすぐの焼鴨と海鮮のお店へ。
 
 
B餐というメニューにした。
全部「難しい漢字」なので、ちょっとクラクラ。
 
 
焼鴨と茹でエビの山盛りとチャーハンのセット。
エビは「かっぱえびせん」のパッケージのエビに
似てるなぁと思った。
 
 
魚「支羽」「イ弗」跳タンを注文。
ネットに接続できれば、
「ブッチョウタン」で検索できれば
変換できるんだけど。
 
 
これは仏様が飛んでくるほど
おいしいと言われるスープ。
 
 
台湾で食べたときにめちゃめちゃおいしかったので
注文したのだが、こちらはまあまあ。
値段が1/3以下だったからこんなもんかな。
 
 
この中には鳥さんの足が入っていて
絶対食べられないと思ったけど
なぜか息子は気に入って
ムシャムシャ食べていた。
 
 
チャーハンはやっぱり美味しかった!
強力な火力で炒めるとおいしいよなー
 
 
おなかパンパンになって、
そろそろ出ようかと店内を見回したら
いつのまにか満席。
 
 
入ったときはがらがらで、イマイチのお店かも、と思ったのだが。
 
 
焼鴨のテイクアウトのコーナーは長蛇の列。
 
 
適当に入った店が人気店だったんだなあ。
 
 
 
夫が携帯を買いたいという。
 
プリペイドの激安というのが条件。
3軒くらいみて、中国移動通信で、
SUMSUNGのAnycallを購入。
本体価格HK$167。
SIMカードがHK$70。
 
 
買って鞄に入れようとして、
キーロックのボタンを探したが
見つからない。
 
 
結局二人で一緒にいるときは
使わないだろうということで、電源オフ。
 
 
タクシーでホテルに戻った。
夫は説明書をみていたが、やっぱりわからならしい。
説明書と行ってもペラ1枚。
 
 
うーむ。
どのくらい通話できるのかもイマイチわからない。
別のお店で聞いた時は、HK$100の前払いで
2000分と言っていたが。
 
 
日本語の上手な香港人の友達には、
この番号を教えても支障なさそうだけど、
英語しか話さない友達には、
教えない方がいいかもしれないなぁ・・・
 
 
さて、これから無線LANがつながるか
試してみよう。
携帯付きカメラとバカにしていたPHSが
実は無線LANにつなげられるらしい。
 
 
プリペイドカードは1時間でHK$30.
1週間というのもあったけど、
つながらないと悲しいのでお試しで1時間のカードにした。
ワンタイム・パスワードなので、接続を切ったら使えなくなる。
 
 
はてさて、どうなるかな???
 
 
 

コメント(1)

コメント(1) “香港初日”

  1. 杉岡@木挽on 2009年8月12日 at 11:42 AM

    無事到着されたようで安心しました。^^
    存分に楽しんでくださいね~!


    ☆☆ 杉岡さん、コメントありがとうございます ☆☆

    楽しかったですよ~♪

    小林製薬の「牛乳の足」の宣伝に釘付けになってしまいました・・・
    足の角質を取るものらしいですが、日本では見たことがありません・・・