2009年 7月 31日

ポケモンスタンプラリー2009

カテゴリー 携帯より

090731-205251

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨夜、夫がポケモンスタンプラリーのチラシを持って帰ってきた。
 
朝起きて、チラシを見つけた息子は大喜び。
真剣に(本当に周囲の音が聞こえなくなるくらい真剣に)見ていた。
「こーちゃん、プレゼントをゲットする!」
「おとーさんと一緒に行く!」
 
 
「自分も楽しめるから、スタンプラリーにつきあってあげるのか」
と思ってたら(夫は「テツ」なので)、 起きてきた夫は、
 
「えー!行かないよ、めんどくさい」
「池袋に行くだけで、6個スタンプ押せるよ」
「でもさ、いちいち改札の外に出なきゃいけないんでしょー」
「じゃあなんでもらってきたのよ?」
「ピカチュウが書いてあったから」
「はぁ?」
 
息子にとっては「ぬわぁにぃ!!!」の展開。
 
 
結局、定期を持っている区間だったら
乗降しても問題ないことに気づき
 
「日曜日に品川水族館に連れていくから、その時にやるよ」
 
 
『スタンプラリー』ってチラシの一番目立つ所に書いてあるのに。
信じられない。
夫の3D眉毛の下にあるのは、
目のように見えるけど、実際は模様なのかもしれないなぁ。
 
 
この季節、ピカチュウの何かを身につけた子どもと
疲れ切ったオトナの組み合わせを
電車の中で見かけると思うんだけど。
 
(そういえば、今年はまだ見てないなぁ)
 
 
 
それにしても息子のピカチュウ熱はスゴイ。
家ではポケモンの番組は見せていないが、
ほとんどの名前を覚えている。
 
 
ポケモンとは何か。
ポケモンの種類について。
サトシとの関係。
 
 
そんなことをレクチャーしてもらったが、
さっぱりわからない。
 
 
仮面ライダー電王に関しては、
ゲキレンジャーとの二本立ての映画を見て
私がハマってしまい、ネットでいろいろ調べてしまったが、
ポケモンは調べないことにしている。
 
 
息子の話を聞くのが面白い。
いろいろ根掘り葉掘り質問すると
ちゃんと「彼の理論」で答えてくれる。
 
 
しかし、息子は
太陽は砂漠と海から昇ってきて、
お昼頃、空の一番高い場所で
「シャキーンッ」
と合体して、しばらくそのまま一緒にいて、
その後、またおうちに帰るという世界観の持ち主なので
お話はとっても難しい。(笑)
 
 
平易すぎる日本語で、
文法的には全然間違ってないんだけど
理解不能。
 
 
私もこんな日本語を話してたのかなぁ???
 
 
そのうちオトナの想定の範囲を超えることは
なくなるだろうから、今のうちに
ぶっ飛んだ世界を楽しんでおきたいと思う。
 
 
 
 
 
 

 
 

 

コメント(2)

コメント(2) “ポケモンスタンプラリー2009”

  1. naturalon 2009年8月01日 at 3:18 AM

    そうそう、今のうちの、ぶっとんだ世界、ですよね~。
    ほんと、笑わせてくれることが多い、幼児期。
    いつも、語録を残しておきたい、って思っていながら、
    ついついわすれてしまうんですけど。

    いや~それにしても、ちほこさんのこの文章力なのか、
    おもしろくご家族のこと、書きますね~。

    お会いした時の物静かな感じとは裏腹なところが、
    更に笑えちゃいます^^


    ☆☆ naturalさん、コメントありがとうございます ☆☆

    幼児期ってホント面白いです。
    自分もあんな自由な発想をしていたんでしょうかねぇ・・・???

    >お会いした時の物静かな感じとは裏腹なところが、
    夫に伝えましたところ、
    「何メートルの厚さのネコの皮かぶってんの?」
    とのことでございました・・・

  2. レーナon 2009年8月01日 at 9:22 AM

    ポケモンは全世界の子どもの希望ですね♪
    「超克」ってどういう意味?と子どもに言われて辞書を引きました(^_^;)
    映画のタイトルであるみたいですね、知りませんでした。ポケモンすごいです。


    ☆☆ レーナさん、コメントありがとうございます ☆☆
    私も知りませんでした~ 調べちゃいました~

    「困難や苦しみにうちかち、それを乗りこえること。」

    いやー アニメを通じて大切で難しい言葉に触れるのはいいことかもしれませんねー