2009年 5月 04日

五日目

カテゴリー 旅行

090504-092453

 
 
午前中に行った
滝上公園の高台からの眺め。
 
  
 
昨日はテーブルに載りきれないくらいの
ごちそうだった。
・紅鱒のマリネ
・牛フィレステーキ
・かぼちゃ団子のチーズ焼き
・舞茸、しめじ、椎茸、春菊の天ぷら
・行者ニンニクの卵とじ
・滝上産かぼちゃの茶碗蒸し
・舞茸ご飯
・味噌汁
・滝上産香の物
・瀧上産かぼちゃのプリン
生ビールで乾杯して、9時過ぎに寝てしまった。
 
 
早く寝れば早く起きられる!
5時に自然に目が覚めた。
温泉は24時間利用できるので、
夫と交代で朝風呂。
息子は起きない。
6時半過ぎに目を覚ましたので、
着替えさせてお散歩へ。
ホテルの横の川に沿って歩いていったら
小さな公園があった。
そこの遊具でしばらく遊んだ。
高いところに登ったり、飛び降りたりを
私もやってみた。
登るのは問題ないけど、
飛び降りた時の足への衝撃は
予想以上だった(苦笑)
 
 
ホテルへ戻って朝食。
バイキングだった。
既に食事をしている人がかなりいて、
人間模様・家族風景が見られて
面白かった。
 
 
チェックアウトしてから、芝桜が有名な
滝上公園へ行ってみたが、
まだ芝桜はほとんど咲いていなかった。
ここにも遊具があったので、
しばらく遊んだ。
 
 
夫がホテルの案内で見たという
「陽殖園(ようしょくえん)」へ
行ってみることにした。
 
 
園主の高橋武市(ぶいち)さんは
結構有名な方らしい。
何年か前にNHKの番組で紹介されてから
陽殖園の訪問者が激増したとか。
「武市の夢の庭」という小学館の本もあるし、
全国区の雑誌にも紹介されたそうだ。
 
 
陽殖園は山の中(?)の
目立たないところにあった。
オトナも子どもの入場料は500円。
1500円用意して、受付に行くと
武市さんらしきおじさんがいた。
息子を見ると、にこっと笑って
「ぼく、おじさんと握手しよう」
息子が素直に握手すると
「握手してくれたからタダにしてあげよう」
まあ、ありがたい!!
 
 
地図をいただいて、
熊よけの鈴がついたベルトをお借りした。
これは張り切っている息子の腰に巻いた。
いざ、出発!
 
 
おじさんは
「よーく見ればあちこちに宝物が隠れてる」
と言っていたけど、植物に疎い我々は
咲いている花しかわからなかった。
 
 
でも、空気も風も気持ちよく、
定規で引いた線のように
まっすぐに伸びた針葉樹の間を歩くのは
とっても気持ちよかった。
 
 
小さな池も、そこに浮かぶ島も、
小川も、エリカ山も
おじさんが作ったらしい。
 
  
息子はずっと熊よけの鈴を鳴らしていた。
「妖精さんをあつめる!」
「集まった子はこーちゃんちの子になる!」
等々いろいろ不思議なことを言っていたので
やはりこの植物園には、子どもの目にしか
見えない存在が棲んでいるに違いない。
 
 
奇しくも、武市さんも似たようなことを
おっしゃっていた。
「子どもは気持ちがまっすぐだから、
 自分が不思議だと思ったモノを
 素直に見るから、
 オトナには見えないものを見ている」
植物園巡りから戻ってきた親子連れに
「○○見た?」
と聞くと、たいていオトナは見ていなくて
子どもはちゃんと見ているそうだ。
 
 
何か両生類の卵が池にあったらしいけど
オトナは見えていなかった。
息子は見ていたらしい。
 
 
オトナが見えないのは、
「余計なことをごちゃごちゃ考えてるから」
とのこと。
本当にそうだ。
息子は、まだ小さいからというのもあるけど
「今を完全燃焼」
って感じだもんな。
明日に備えて余力を残すなんてことはしない。
 
 
さすが武市先生、タダモノじゃないなー
彼のことをいろいろ調べてみたくなった。
 
 
それからクルマで10分ほどのところにある
「香りの館」
というおしゃれなおみやげ+喫茶のお店へ。
ここは2003年の夏に来た場所。
あの時は花がいっぱい咲いてたけど
今回はまだ花は咲いていなかった。
 
 
美瑛・富良野を通って宿へ。
途中の景色は実に見事だった。
ラベンダーは咲いていなかったが、
なだらかな緑の丘、
その向こうに見える雪が残る白い山々、
青く広がる大きな空。
 
 
途中「ファーム富田」という
ラベンダー園(商業施設?)に寄った。
「わ」ナンバーが結構止まっていた。
その一台から降り立った若いカップルは
どうも香港から来たらしい。
何もない広大な大地と空を見ただけで
来た甲斐があったと思うかもしれないなー
 
 
山の中の道を通り、市街地に出て
寂れた商店街のようなところを通って
今日の宿泊地へ。
冬はスキー客ばっかりなんだろうなー
 
 
食事は
「小さいお子さんがいるので」
ということで、部屋に運んでもらえた。
やっぱり和室のお部屋での食事はいいなあ。
のんびり食べられた。
 
 
ビールを頼んだら、アサヒビールの
北海道限定「冬の職人 長熟」というのが
出てきた。
これがすっごく美味しかった。
本州でも販売しないかなー
 
 
さて、そろそろお風呂に入って寝よう。
明日はまたまたお船だ。
アップグレードできるかなあ?
ネットで空き状況を調べたら
全部満席・・・
うーむ・・・(汗)
 
 
 

コメント(1)

コメント(1) “五日目”

  1. 『応援力』取次学on 2009年5月04日 at 9:22 PM

    北海道を満喫してますね(^^。。
    僕もいきたいなぁ~・・と思う今日この頃です。。。

    北海道はいったことないんですよね。。つД`)・゚・。・゚゚(笑)




    ☆☆ 取次さん、コメントありがとうございます ☆☆

    北海道はいいですよー
    気持ちが大きくなるような気がします。
    もともと気持ちがおおらかな方は、さらにおおらかになるかも?!