2011年 3月 24日

三日間のできごと



2011.3.21

明美先生のパワーアップ講座
>~自分で作る浄化グッズ~
>御神水とソルトを使って… プチプレゼントカウアイ島の非売ピンクソルト


会場はいつものラ・アンジェ。

サロン「ラ・アンジェ」
http://laange.jp/index.htm


明美先生 Magical Carpet
http://www.magical-carpet.com/



普段は明大前まですんなり行けるのに、
電車のダイヤも違っていたし、行先も違っていて
いつもより15分くらい遅くなった。

もっとも15分程度の遅れで、
何の問題もなく目的地に着けるのだから、
これもまた、とってもありがたいことなのだろう。


講座が始まった。
浄化グッズの作成♪


先生がご用意してくださった容器に
ペリドットとご神水、自分の好みのオイル(Ancient Memory Oilなど)を入れると完成☆



ペリドット:太陽の石
  ネガティブ→ポジティブに変えてくれる
  怖れを手放す
  人をよい方向に導く

今の時期にピッタリ!!


御神水。


セドナの水(鎌倉聖石の珠埋けでいただいたそうだ)
音羽霊水(清水寺)
九頭竜神社(箱根)


『水晶珠埋け』
http://www.m2-dream.net/?p=823



オイルいろいろ




新しいオイル
  ・Good Fortune
  ・Forever




私が作ったのは・・・・
  ○セドナの水+Good Fortune/Forever
  ○九頭龍神社+スピリチュアルガイド
  ○音羽霊水 +サイキックパワー
     ・・・九頭龍神社には「ドラゴン」でもよかったなぁ・・・


このお水は、自分自身・パワーストーンにつけるなど、使い方はいろいろ
なくなったら、神社の水や湧水などを追加していく


完成!!




手前の平たい丸い容器の中身はカウアイ島の塩
物々交換で入手できる、珍しい塩
明美先生は、ちょっと何かおかしい感じがすると
このお塩をちょっと口に入れるとのこと。


魔除けという意味での浄化
 水 → 塩 → お酒 → 炎(一番強い)
環境や、その場の状況で使い分ける




明美先生をはじめ、講座にご参加の方々から、
3月11日の地震の時どうだったか、その後どうだったかについて
お話を伺った。


やはり落ち着いて行動することが大事なんだなぁと思った。
それと、信頼できる情報源を持つこと。
デマに振り回されないこと。


怖れが怖れを呼ぶ・引き寄せる
明るく楽しく前向きに!




毎回軽食をいただくのだが、今回はお茶とお菓子。
とってもおいしくて幸せ~☆



お土産もたーーーくさんいただいた♪


明大前のラ・アンジェでの明美先生の講座は
今回が最後。
みんなで記念撮影をした。
(大きなレフ板を用意していただいた~♪)




続いてランチ会に参加させていただいた。

シックで落ち着いた雰囲気のチャイニーズレストラン。

明美先生、講座でご一緒したCさん、Kさん、
レストランで待ち合わせたGさんファミリー。


キラキラした笑顔が素敵な方々ばかり。
(私も笑顔の練習しなくちゃ・・・)


ここでも地震についての興味深いお話を伺った。


海外での反応や、都心のホテルのプロフェッショナルな対応。
いろいろな人たちのさまざまな行動。
冷静に考えたら、いくらなんでもおかしいと思う情報でも、
パニックになると真に受けてしまうこと・・・


「非常時にこそ人間性があらわれる」
平時には節度ある振舞や理性的な行動ができても、
非常時にそれができるかどうかは、その人の器次第なのだろう・・・


「人のために行動できるかどうか」
我先に・自分さえよければという気持ちをみんながちょこっと抑えられれば、
ほんの少しでも、周囲の人のことを気遣う気持ちを持てれば、
酷い買占めはなくなるだろうし、
一斉に出口に殺到して将棋倒しという惨事は防げると思った。



地震とはちょっと離れるけど、上手なやりくりのお話も伺った。
底値をしっかりチェックしておいて、自分の好きなものを、
安い値段で手に入れる。
これを「ゲーム感覚でやる」とのお話だったが、
これはとっても大事なことだと思った。



節約によって、質を下げたり、好きなものを我慢することになると、
そのうちイヤになって「今日は特別」が続いて、
元の木阿弥になってしまう可能性が高くなるけど、(経験者・・・汗)
我慢するという感覚が少なければ、続けられる。



地に足をつけて、毎日の生活を大切にしている方々のお話を伺うのは
本当にためになるなぁ・・・


この他にも楽しいお話をたくさん伺った。
お料理も非常においしくて(今度はディナータイムに行きたい!!)
心も身体も大満足で、とても元気になった。






楽しい連休が終わると、再び計画停電が始まった。

被災地の方々のことを思えば、
3時間の停電で終わるのだからぜいたくな話なのだが、
それなりに準備は必要。


2011.3.22
前日から夕食の下ごしらえをしておいて、
当日は「18:20にすべて完了!」にチャレンジ。
この時間までに、子どものお迎え、入浴(自分も)、夕食を済ませる!


同じ時間帯での前回の計画停電では、
灯りが消えたのは19:00。

今回もそうなるかなぁと思ったが、作業途中で停電になったら
シャレにならないので、18:20目標でがんばった。

結局、前回同様19:00になった時点で
バシッという音とともに灯りが消えた。

停電前。



停電後。




北西側のマンション群は真っ暗になるが、
南の東京側は煌々と灯りがついているので、
窓の外が「漆黒の闇」になるわけではない。



子どもと一緒に19:00就寝(笑)。


といっても、子どもは布団の中でいつまでもゴソゴソしていたので、
なかなか眠れなかったが。


1時間くらい経過したところで、夫が帰宅。
なんで計画停電のさなかに・・・・と思ったが、
「会社に戻るのが嫌だった」とのこと(笑)。


22:00頃までうとうとして、一度起きて、
ビールなど飲んでまた就寝。


万一の備えがしてあれば、
(現状で満点なのかどうかはさておき)
計画停電開始までに食事や入浴を終わらせるようにがんばって、
電気が消えたら、即寝てしまうのも一つの方法かも。



2011.3.23。

計画停電タイムは15:20-19:00。
子どもを連れて信号機が止まっている交差点を渡るのは怖いので
昨日早く帰った分残業して、計画停電が終わる頃のお迎えにした。


駅を出ると・・・暗い!
交通量の多い国道も灯りが消えている!!
(警察官が交通整理)


駅を出たのは18:40。

信号機も街灯も、ショッピングセンターの灯りも
個人商店の明かりも全部消えている・・・


計画停電のことは英語で「Rolling blackouts」と言うらしいが
本当にBLACKOUTだ・・・と最初は思ったが、意外に暗くない。


とっくに陽も沈んでいる時刻だし、小雨も降っているのに、
なぜか空は灰色っぽく発光しているように見えた。
真っ暗でもおかしくないはずなのに、
「かなり暗い」という印象だった。


いつも素通りしている紳士服のお店では、
道路際に投光器を設置して、自家発電機を使って歩道を照らしていた。
地震の後、懐中電灯を持ち歩いているけど、
広い範囲が照らされていると安心する。
ありがたい!!


商店街も灯りが消えていた。
通行する人や自転車が皆無だったら、
きっとゴーストタウンのように見えただろう。


ここでも何軒かのお店は、店内から歩道に向けて小さな光を灯していた。
こういうのって本当にありがたい。
「人のための行動」だよなぁ・・・


歩いている途中で計画停電が終わったらしく、
突然、街灯がパパパパッと点灯した。


古い商店街だから、街灯はさほど明るくないはずなのに
とても眩しく感じた。


飲食店が仕込みをすると思われる時間帯の計画停電だったけど、
息子を連れて帰るときには、商店街のレストランや定食屋さんは
みな営業していた。


計画停電があったり、震災で材料の入手が困難になったり
自粛ムードが高まったりで、飲食店は大変な時期だけど
がんばってほしい・・・またご飯食べに行かなくちゃ!!




コメントは受け付けていません。