2010年 7月 19日

パワーフード講座

本日は明美先生の「パワーフード講座」。

明美先生 Magical Carpet
http://www.magical-carpet.com/
 
 
会場は、明大前のサロン「ラ・アンジェ」
http://laange.jp/index.htm


今回のパワーフード講座は、
> ~脳梗塞を予防する不思議なドリンクと、至福のご当地グルメ&Sweets~
という副題がついていた。



早速、問題の「不思議なドリンク」からスタート。

材料は、
1.卵白
2.ふきの葉(食用のふきの葉っぱ)
3.清酒
4.梅漬

このドリンクは九州が発祥の地とのこと。
気候をやる人が始めたそうだ。

卵白をかき混ぜ、ミキサーにかけたふきの葉の汁を小さじ3加える。
さらに清酒を小さじ3、そこにつぶした梅漬を加え、かき混ぜて飲む。





事前に明美先生が「すごい味」とおっしゃっていたが、
(「気のせいかもしれないけど、血液がさらさらになった感覚」もあったそうだ)
元気な卵、上等な清酒、ご飯の最高のお友達になりそうな美味しい梅漬という、
豪華キャスト(?)だったせいか、味は悪くはなかった。
というより、ハッキリ言って、私の中では「おいしい」と感じるレベル。


先生がお持ちになった清酒。(末廣酒造というところで作っている)



ネット販売の紹介の文章。
>会津から世界に羽ばたいた野口英世博士。
>野口博士ゆかりの末廣が贈る、フラスコボトル詰めの爽やかなキレの良い純米吟醸酒です。

こういう文章が箱に書かれているそうだ。(個人?のブログで紹介されていた)
>英世の母シカ。行商をしていた時に休んでいたのが
>新城本店(現在の末廣酒造「嘉永蔵」)でした。
>母が英世に贈った会津・末廣の酒。そう、英世の人生の節目には
>いつも「末廣」の酒がありました。
>子を想う母の気持ち、母を想いふるさとを想う子の気持ち。
>二人の絆に思いを馳せ、
>英世が愛した「末廣」のお酒をゆったりとお楽しみください。


もちろん、味の好みは人によりけりだが、
『海草系(海苔っぽい味)にちょうどいい梅風味が加わった、ゆるいとろろ』
という雰囲気で、ご飯にかけてもOKかもと思った。

不思議なドリンクをいただいて、「脳梗塞フリー」になった後は、
パワーフードの時間。


パワーフードとは、
旬のもの
その土地のもの
大地に根ざしたもの
自分が好きなもの
とのこと。

確かに、どんなに身体によくても、自分のキライな味じゃ、
食べてて幸せになれないし、力も湧いてこない。


食事って重要だ。
インドには、「医者に行く前に台所へいけ」という諺があると聞いたことがある。
それだけ健康にとっては、食べるものが重要だということなんだろう。

空腹をしのげればいいという感じで食べたり、
喉の渇きを癒せればいいという飲み方をしてしまうことがあるが、
「あなたが取り入れたものが、あなたを作る」(本で読んだか、誰かに聞いた)
という言葉の通りだと思うから、本当はもっと食事に注意を払わなければいけないんだろう。

(ってわかっててやらないのは、知らないのと同じなんだけど・・・汗)


先日、甥っ子の誕生日会があった。
彼は初めて、タルトケーキの上の甘く煮たフルーツを食べた。
(甘すぎるものを小さい子に食べさせてはいけないという考え方もあるが・・・)

口に入れた瞬間、甥っ子の頭の上に「!」が飛び出し、
「世の中にこんなに美味しいものがあったのかぁ・・・」
と感動しつつ食べているように見えて、とても面白かった。

白いご飯+ジャコ、バナナ、サツマイモをふかしたものなども
「はむはむはむ」
という感じで甥っ子は小さい口を動かして食べているが、
本当に食事に集中していて、無心というか夢中になっている。

自分の命を維持するためのエネルギー補給(?)に
真剣に取り組んでいるようにも見える。

小さい子が一生懸命(それこそ全身全霊で)やっていることは
大人になるまでに、簡単・無意識にできてしまうことが多いので
食事も、「特別なお食事」以外は、なんとなーく済ませてしまうことが少なくない。


息子は甥っ子よりはずっと早く食べるようになったが、
心ここにあらずで食べるときと、ちゃんと味わって食べるときと
二つのパターンがあるような気がする。

前者は、ご飯を食べたらすぐにやりたいことがある場合もあるが、
たいていは、私のメンタルコンディションが反映されていると思う。
(疲れてるとか、自分がお腹が空いてないからという理由で超手抜き、
 息子にカミナリを落とした直後にご飯を作ったとか、
 昼間の出来事を引きずっていて心がふさいでいるとか・・・)

ちゃんと食べるときは、やはり、ちゃんと作ったとき(苦笑)とか
手がかかってなくても材料がとても新鮮で美味しいとき。

小さい子どもというのは、「料理の質」を的確に判断できるのかもしれない。
(私にとっては超辛口の評論家だが・・・)








美味しそうなランチ~(幸せ☆☆)



(写真右から)
ポトフ:キャベツ、カブ、ジャガイモ、たまねぎ、人参
    味付けは塩コショウ&ベーコンの旨み
    素材の味を味わうために薄味で

お野菜は、明美先生の高校の先輩が作られたもの。
ほっこりしてて、心が暖かくなってまーるくなる感じ。


お肉は山梨産の冨士桜ポーク。
ロースを湯がいて、しゃぶしゃぶに。

冨士桜ポークの通販サイトより引用。
(http://www.teijiya.com/food/meat/fujizakurapork.html)
>『フジザクラポーク』は、山梨県の畜産試験場が長い年月をかけて研究開発して誕生した能力の高い、
>肉質の良い系統豚です。
> この由緒正しい血統を受け継いだ豚を、山梨県内の選び抜かれたエリート養豚農家が、
>品質のよい専用の特別なエサを与え、消費者のために丹精込めて衛生的に健康第一で育てました。
>生産された豚肉は、山梨食肉流通センターで、丁寧に処理し、法に基づく、食肉衛星検査をパスした上、
>さらに肉質を吟味したものを『フジザクラポーク』と命名し、安全と美味しさを消費者にお届け致します。

素晴らしいお肉なのねー
美味しいドレッシングをかけていただきました。


さくらんぼは(写真に入らなかった・・・涙)
明美先生のお母様のお友達から。

トマト・メロンは山形産。

和え物:
大根は、私も利用している有機野菜の宅配。
私は大根をぶつ切りにして、骨付きの鶏肉(手羽先でも手羽元でも)と一緒に
圧力鍋でスープにしてしまうことが多い。
(こうすると大根1本が3人家族でも二日でなくなる)

きゅうりは来週の桃狩りでお世話になる山寺農園のもの。
ジャコは静岡産。
これらの材料をごま油とふふの塩ポン酢、お醤油で味付け。

熱海 ふふ
http://www.atamifufu.jp/



初物のみかん♪



おいしそうなパウンドケーキ!






楽しい&美味しいお食事の間、
明美先生が「部屋の波動を上げるために」というお話をしてくださった。

開運のために一番必要なのことは、「その部屋に住む人が元気なこと」
疲れているのに頑張って掃除をするより、
まず自分が元気になることが重要。

できることからやる。
やったことで、気持ちよくなる→次につながっていく

行動して気持ちよくなる:ココに繋がるようにすることが大切

クイックルワイパーでちょっと床をふくとか
そんなちょっとしたことで、部屋の隅のゴミがなくなった→「スッキリ!」(気持ちいい)
じゃあ、次はもう少しやってみよう・・・というような流れを作っていく


これは、多くのことに当てはまる話だと思った。

今日はガス台だけキレイにしようと思って、ガス台をキレイにすると
「結構短い時間でも、それなりにきれいになるもんだな」と嬉しくなり、
「じゃあ、その周りも明日ちょっとだけ時間とってキレイにしようかな」
ということになりやすい。

一日とか半日を使ってゴリゴリ頑張るよりは、
こういうユルイやり方の方が気軽にできるし、
その成果というか達成感も手軽に得られる。

打たれづよいタイプ、叩かれて頑張るタイプ以外は、
ちょくちょく達成感や嬉しさを味わえるほうがいいんじゃないかと思った。

明美先生の講座のこういう「お役立ちポイント」は
とてもありがたい。

まず自分をベストコンディションにして、
次にやれる範囲でやって、気分をよくして
ちょこっとずつ手を広げていく。


「○○は××しなければならない」を勝手に金科玉条にしてしまい、
自分の状態に気を配ることなく「やらなきゃ!」で突っ走ってしまうこともあるけれど
自分が気持ちよくなければ、ただ終わらせればいい・質はともかくやればいいという、
「やっつけ仕事」になってしまう確率は高くなる。

ほんのちょっとしたことなんだけど、
自分のコンディションに気を配れるかどうかって大きいなぁと思った。


明美先生、楽しくて美味しくて有意義な講座をありがとうございました!
ご参加の皆様、素敵な時間をご一緒させていただき、ありがとうございました~


みっちゃん^^さんのブログ
この講座ことが素敵なお写真と楽しい文章で紹介されています♪
http://ameblo.jp/azalee/entry-10595652922.html








コメント(4)

コメント(4) “パワーフード講座”

  1. 廣田大on 2010年7月20日 at 1:24 AM

    「不思議なドリンク」のレシピ・・・
    確かに効きそうな感じがします(^▽^)ノ☆
    DreamWriterさん、美味しかったようですねキラ*。・+(*゚∀゚*)+・。*キラ
    一度味わってみたい気がします。

    パッ、パウンドケーキもほんと美味しそうです!!

    ━……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━

    何もかも美味しくて、さらに「脳梗塞フリー」になれた(はず)ので
    とっても幸せな時間でした♪

    やっぱり楽しくて美味しい食事というのが、
    幸せには欠かせないと思いました~☆

  2. みっちゃん^^on 2010年7月20日 at 9:04 AM

    楽しい講座でしたね♪
    いつもながら、詳しいレポートありがとうございます!
    リンクさせていただきました^^

    ━……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ご一緒できて嬉しかったです!!
    私もリンクさせていただきました!

    みっちゃん^^さんのブログは写真がとっても素敵です~☆


  3. 邦子on 2010年7月20日 at 11:13 AM

    甥っ子ちゃんの話になると、熱くなりますね^^

    子供の心に戻るって、大切でなんですね。

    ━……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━

    よその子(甥ですが)だと、じっくり観察できて、
    冷静に感情移入できるんですよね(笑)

    息子だと、責任感やら何やらで、別の意味で「熱く」なり、
    見境がなくなるのかもしれません(汗)

    でも、子どもって偉大だなと思います。
    自分自身も「元・子ども」なんですけど・・・

  4. kemi@ヒーラーon 2010年7月20日 at 11:21 PM

    子供の頃のあれこれ考えない素直な気持ちが
    あれこれ引き寄せるような気がするんだよね~

    あれこれ考えないで 自分の気持ちをストレートに表現する
    素直って大事だよね~

    素敵に書いてくださってありがとうございます!

    ━……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━

    楽しくて美味しくて素敵な講座をありがとうございました!

    そうですね、子どもって結構(相当)ラッキーですよね。
    オトナだったら「そんなことで・・・」というようなことでも
    子どもは全身で狂喜乱舞するから、
    幸運の神様からの恩寵を受けられるのかもしれませんね。