2010年 5月 23日

ハーブとプロヴァンス料理の日

 
 
今日はオルタンシアさん主催の素敵なイベントの日。
http://www.hortensia.jp/
 
  
朝からワクワク。
「午後からの 花のイベント 楽しみで 持ち物揃え ルート確認」
 ↑毎朝の頭と心の体操(笑)。 五七五七七を数えていると目が覚めてくる・・・ 
 
 
 
いただいたチラシより
>フラワースクールのアトリエオルタンシアがプロヴァンステイストのアレンジメントのレッスンを
>ゲストハウス・高輪プリンツヒェンガルテンで行います。
>ラベンダーなどのハーブの香りで癒しの時を・・・
 
 
あいにくの雨だったが、なんだかしっとりしていい感じの空気。
品川の駅前の人混みから離れて、第一京浜からも離れると
閑静な住宅街。
 
 
ここでいいんだろうか??(結構な方向音痴・・・苦笑)
と、心配になるくらい静かだったが、電柱に、
「高輪プリンツヒェンガルテン この先」「この先左折」
などと親切な表示があった。
   
 
高輪プリンツヒェンガルテンは、とっても素敵な場所だった。
 
 
この辺りは落合先生にとっては思い出深い場所だとのこと。
この近くにお母様の家があって、
そこでお教室を始めたのが23年前。
 
 
今日の会場の「レストラン・ザ・テラス高輪」は、
ドイツ風のレストランだったが、昨年リニューアルして、
プロヴァンス風のレストランに。
 

 

 
 
11時30分よりレッスン開始。
最初に落合先生からレクチャー。

 
 
(以下、お話&資料の抜粋) 
 
セージやマジョラム、ローズマリーなどを酢に漬けたものを
飲んだり、身体につけたりすることで、黒死病(ペスト)の蔓延を
防いだとのこと。(中世ヨーロッパ)
 
このようなことから、薬効の高いハーブの知識を身につけた人々に注目が集まった。
彼らの力が拡大することを恐れたキリスト教会が、
ハーブの知識を持つ人たちを弾圧したのが、
魔女狩りの本当の理由だと言う説があるそうだ。
  
 
日本にも独特のハーブがある。
わさびは魚の毒を消す効果があり、三つ葉には消化を助ける力があると言われている。
 
 
 
ためになるお話の後、アレンジメントを作るお花(ハーブ)が配られた。
 
可愛らしい色のバラもあった。
ローズもハーブの一種であり、古くから利用されているとのこと。
 

 
 
「香りを楽しみながらアレンジメントを」
ということで、最初のハーブの束とは別に、
良い香りのハーブ(アップルミントなど)がさらに配られた。 
北海道から届いた可憐なスズランも!
 
 
まず、基本の作り方として、マウンド(ドーム)アレンジメントの説明があった。
 
これは、半球型のアレンジメント。
テーブルの真ん中に置く時など、どの方向から見ても
綺麗に見える形に仕上げる。
 
お花は斜めに切り、
水平もしくは斜め上向きにオアシスに挿していく。
お花は上向きにすると元気に見えるので、上向きに挿す。
放射状に入れていく。
 
マウンドアレンジメントにしなくても
咲いているお花を自由に表現する方法もありますということで、
先生は別のアレンジの方法も説明してくださった。
 
上記二種類について、落合先生のお手本。
素晴らしい!!!

 
 
自由な表現はセンスが問われるなぁと思ったが、
やってみて、マウンドアレンジメントも、センスが問われまくるんだと痛感。
 
挿しているうちに、なんだか苔玉みたいになってきて、
最初に花束みたいな感じでいただいた状態が
一番良かったんじゃないかという事態に・・・
 
 
同じテーブルの皆様方はだんだん口数が少なくなり、
ついには「無言でカニ状態」(Cさんのコメント)
 
確かに、お花を切っては挿し、切っては挿しを繰り返している様子は、
『一心不乱でカニ足と取り組んでいる図』に近いかも。
 

 
 
「お食事は(アレンジメントが)早くできても遅くできても1時からですよ」
という落合先生の言葉に笑いが広がり、リラックスした雰囲気に。
 
 
同じテーブルの方々の作品は、創り手の雰囲気が表れていて
とても素敵で興味深かった。
最初にいただいたお花は同じような感じだったのに、
完成したアレンジメントは多種多様。
 
 
こういうのが個性なんだろうな。
おおらかさ、華やかさ、緻密さ、
調和した雰囲気、均整が取れた感じ
端正な感じ、可憐な感じ、上品な可愛さ・・・ 
 
 
他のテーブルの方々のお花もとても個性的で素敵だった。
 
 
ついつい自分の「苔玉」と比べちゃって、なんだかなぁになってしまうけど、
自分の個性として受け入れるべきなんだろうなー 
 
 
お食事スペースのテーブルはとても雰囲気が良く、いい感じで光が入ってくる。
そこにアレンジメントを置いて写真撮影をする方々がいらっしゃったので、
私も真似して撮ってみた。
 
 
うーむぅ・・・
やっぱり練習するなり、感性を磨くなり、努力が必要だ。
 
 
 
その後、お食事タイム。 
お料理が出てくる前に、落合先生がご出席の方々についてご紹介のコメント。
本当に素晴らしい方々ばかり。 
この場にいられるのはとっても光栄なことだ。 
 
 
 
 
明美先生と落合先生のコラボのヒーリングフラワーが
明日の月曜日に発売になるとのこと。
  ・ローズクォーツ
  ・Moon Goddnessのバスソルト
   (ハワイのヒーラーが調合したエインシャントメモリーオイルが入ったバスソルト) 
  ・これらに調和した落合先生によるフラワーアレンジメント 
 
 
サイトから注文できるそうだ。
明美先生:
http://www.magical-carpet.com/
落合先生:
http://www.ochiaikuniko.com/
 
これもまた楽しみ~
 
 
 
 
お料理が出てきた!
 
>レッスン後はレストランにて、堀岡徹也シェフのヘルシーなプロヴァンス料理を
>ご堪能下さい。
 
と、チラシに書かれていたが、堀岡シェフはすばらしいご経歴の方で、
東京ドームホテルの総シェフを務め、
シャングリアのオープニングの時のセクションシェフを務め、
こちらのレストランに引き抜かれてこられたとのこと。
35歳とのことなので、さらなる高みを目指されるに違いない。
 
  
まずオードブル。
ブイヤベースをテリーヌで表現したとのこと。
まわりにはズッキーニが巻いてある。
食べるのがもったないくらい素敵な一皿。
  
 
 
 
メインのお魚はスズキ。
ラタトゥユ。
ケッパーとオリーブのソース。
ハーブ添え。
つくしみたいなのは「野生のアスパラ」
なんだか、1枚の絵のようだ。
 
 
 
 
デザートは左から時計回りに・・・

・イチゴのショートケーキ
・日向夏のゼリー
・枝豆のミルクレープ。
  スライスした枝豆がちりばめられている他に
  生地にも乾燥させた枝豆をミルサーで挽いたものを混ぜている。
・牛蒡のケーキ
  麦茶で煮ているそうだ。
  (他にもご説明があったけど、食べる方が忙しくて・・・涙)
・オレンジサンギーユのシャーベット
・イチゴとチョコレートのムース
  周囲には大根を薄くスライスしてさっとお湯に通して
  イチゴの味付けをしたものが巻いてある。
  大根の食感はあるものの、言われないとわからない・・・

 
 
デザートと一緒に運ばれてきたカップ&ソーサーは、
鮮やかなオレンジときれいな黄緑色。
きっとオレンジ色のカップ&ソーサー、黄緑色のカップ&ソーサーなんだろうけど
これを別の色同士で組み合わせていて、素敵だった。
 
 
私のところに来たのは、夏のひまわりみたいな黄色と
豪華な夕焼けみたいなオレンジのカップ&ソーサーだった。
 
 
今回は穴山でご一緒した前田さんと、
http://www.m2-dream.net/?p=1735
 
この度、本をご出版された塩田さんがご参加。

 
↓↓ とても楽しくて役立つご本。 ↓↓
IT’S SEOUL 塩田貞治の新しいソウル案内
 
 
表紙のシカ(トナカイ・・??)は、塩田さんがよく行くカフェの壁の絵だとか。
(そういわれる確かに壁画だ・・・) 
 
 
穴山でピンクのワンピースを着ていた前田さんは、
春の妖精みたいで幻想的だったが、
今回はちょっと雰囲気が変わっていて、大人っぽい印象だった。
ただ、キラキラした透明感はそのままで、
やっぱり女優さんって美しいなぁとウットリ。
 
マイクを持って挨拶した時には、
『いつもはいただいたお花をそのまま活けてしまうけれど、
今回のように一つ一つ丁寧に活けると、とても素敵になる』
というようなことを、自分の言葉で、落ち着いた口調で話していたので、
さすがだなあと思った。
 
 
塩田さんは、落合先生のもとでレッスンを重ねていただけあって
お見事!という感じの美しいアレンジメントを完成させていた。
http://www.ochiaikuniko.com/?p=1394
 
 
「IT’S SEOUL」を持っていったら、サインしてくださった。
(なんてありがたいことでしょう!!)
 
 
アレンジメントの次はブーケにも挑戦したいそうだ。
また、トマトを使ったベジタブルスイーツにも挑戦したいとのこと。
 
出版記念パーティの時にはお手製のスイーツを持っていったそうだ。
小さいオーブンしかなくて、量産するのは大変だったようだ。
お酒が出るから、お持ち帰りになるだろうということで、
ラッピングまで手がけたそうだ・・・スゴイ・・・
 
 
楽しい会もお開きの時間になった。
落合先生とスタッフの方々が出口で見送ってくださった。
 
 
ザ・テラス高輪を出て、右手の階段を上がったところに
一年中クリスマスのお店「クリスマスショップ」があるというので、
Cさんと塩田さんと一緒に行ってみた。
 
 
店内撮影禁止と張り紙がしてあったが、
写真を撮りたくなる人は大勢いるんだろうなーという素敵な雰囲気。
 
 
シャンパン色と言うのだろうか、やわらかい光をまとった
大きな大きなクリスマスツリーが店内の中央にそびえ、
暖色系のオーナメントがたくさん飾られていた。
 
その回りには可愛らしいクリスマスグッズがいっぱい。
塩田さんはとっても感激していて、興味津々の様子だった。
後で伺ったところによると、ご自分でもいろいろな作品を
つくっていらっしゃるとのこと。
 
Cさんが撮影した、塩田さん作のてんとう虫の写真を
拝見したが、とても可愛らしくて幸せな感じがした。
 
 
店内をうろうろしていたら、明美先生や落合先生たちがいらした。
 
 
ショッピング後、落合先生がチャペルを案内してくださった。
 
ショップの上には、落ち着いた雰囲気のサロンがあり、
ここでウェディングの打ち合わせをするそうだ。 
 
さらに階段を上ると、チャペルの入り口。
扉を開けたとたん、ユリ(カサブランカ?)のいい香りがした。
 
午前中ウェディングがあったそうで、
椅子やお花はそのままになっていた。
 
 
奥の方に祭壇があり、列席者の椅子の後ろの壁際に
アンティークオルゴールがあった。
オルゴールというよりは「木製の棚」という感じ。
中に渋い金色の巨大な円盤が入っていた。
これはレコードみたいなものらしい。
(円盤を取り替えると別の曲になる)
 
 
建物を出て、落合先生のご案内で駐車場の方へ移動。
途中、小さな公園があった。
その昔、山口百恵さんがお見えになっていたとのことで
一時期はとっても混雑していたのだとか(笑)
 
クルマでいらした方は駐車場でお別れ。
私は品川駅へ。
塩田さんは泉岳寺まで行くとのことだったので、
しばらくお話ししながら歩いた。
 
塩田さんは、 
二十代の頃は、やりたくてもやれなかったり、できなかったりしたことが
今はできるようになったので、やれることはどんどんやりたい、
と話していた。
 
 
お花は、本当に一生懸命。
落合先生のレッスンの後は、ご自宅でも練習していたそうだ。
お食事は、おいしいおいしいとモリモリ食べていた様子。
クリスマスショップでは、とっても嬉しそうでとっても感激していた。
 
伺った年齢よりもずっと若く見えるし、
ものすごくイキイキと楽しそうで、人を惹きつける雰囲気があるのは
一瞬一瞬を味わいつくしてるからなのかなぁと思った。
 
 
小さい子どもは、余力を残すなんてことはしないし
そんな方法は知らないから、
自分が好きなこと・やりたいことに対しては、
手加減ナシに全力でぶつかっていって、
毎回毎回完全燃焼する。 
 
 
社会人だから、子どもみたいな無計画さはないにしても、
塩田さんには、こういう「全力な部分」が、かなりありそうな感じがした。
 
 
お花の美しさ、ハーブの香りの素晴らしさに触れ、
とても美味しいプロヴァンス料理を堪能し、
人生を前向きに、全力投球している方々とお目にかかって
本当に素敵な一日だった。
 
参加してよかった♪
 
  
このような最高のイベントを企画してくださった落合先生、
どうもありがとうございました!
 
ご一緒させていただいたみなさま、楽しい時間をありがとうございました!
 
 
この日のイベントの美しい写真はこちら。
ちょしさんのブログです。「閑遊閑吟」
http://leonpyan.exblog.jp/14442055/  

 

コメント(3)

コメント(3) “ハーブとプロヴァンス料理の日”

  1. 不動on 2010年5月23日 at 11:19 PM

    おお、相変わらず、完璧な描写ですね。
    お食事の間にもメモを取っていなんですね。びっくりです。
    山口百恵さんは新婚当時に住んでいたのが、今日の会場の近くある「ペアシティ・ルネサンス80」というマンションです。
    その後に、レコ大を取った頃の人気絶頂期の寺尾聡氏も住んでましたし、他にも著名人が沢山住んでいた伝説のマンションです。

    ━……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━

    日曜日はありがとうございました!!
    とても楽しかったですね~

    それにしても、さすが不動先生!
    実にいろんなことをご存知ですね~
    あの近くに伝説のマンションがあったのですかー
    早速、ペアシティ・ルネサンス80で検索したら
    「ヴィンテージマンション」と書かれていました。
    百恵さんが入居した当時(30年前ですね)としては画期的な
    24時間の有人管理体制だったんですねー

  2. kakkoon 2010年5月23日 at 11:33 PM

    素敵なブログ、ほんとうにありがとうございます。さすがだなあとこちらも感動。
    みなさまの才能の素晴らしさ、すごいなあと思った一日。
    楽しいひとときをご一緒させていただき、ありがとうございました!


    ━……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━

    お読み下さってありがとうございます!
    本当に素敵な一日でしたね。
    ご一緒できてとても嬉しかったです。
    かっこさんのアレンジメント、ふんわりと優しい感じで素敵でした~

  3. 落合邦子on 2010年5月24日 at 8:58 AM

    楽しくご参加いただけて私も嬉しいです。

    そして、いつもながら、克明なレポートをありがとう。
    感心しちゃいます。

    また、いろいろと御一緒しましょうね


    ━……‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━━

    楽しい時間をありがとうございました!
    大満足な一日でございましたー

    今後ともよろしくお願いいたします~