2018年 4月 12日

鎌倉2018

カテゴリー 旅行



新年度が始まった。


ついに息子は中学3年生。
入学式の記憶が鮮明なのに、一瞬で最上級生になってしまった。
来年の今頃は高校生なんだなぁ・・・


3/31&4/1に「一族郎党 鎌倉旅行」を久々に実施した。
と、いっても、ご一行様での『いざ、鎌倉』ではなく、
初日は分散行動。


義弟は仕事の関係で宿の夕食から参加。
私と姉は材木座&長谷方面探索。
その他のメンバーは新江ノ島水族館。


どこへ行っても外国人観光客が多かった。
山の中のハイキングコースも外国人が歩いていた。


前回・・・3年くらい前?・・・訪問時は、
静かで暗い印象だった光明寺は、
青空の下、桜が満開で、お祭りをやっていて、
まったく別の世界だった。


前回は、帰宅してから
「光明寺が鎌倉アカデミアだった」
と知ったので、視界に入ることがなかった石碑。

201804IMG_2055



材木座テラスでランチ。



鎌倉文学館では、
角野栄子先生をお見かけした。
プラチナブロンドみたいな白髪がとても素敵で、
張りのあるお声が印象的だった。


銭洗弁天近くのGULAは、
入れるかどうか心配だったけど、
300円でおいしいケーキとお茶を堪能した。
マダムはとっても忙しそうだった・・・

201804IMG_2067


201804IMG_2065






二日目の長谷寺は、朝早い時間にもかかわらず
外国人観光客が大勢いた。


お寺とか仏像を見て面白いのかなぁ?と姉に聞くと、
“そういうのが好きだから、わざわざ来てるんでしょ”
との返事。
・・・なるほどねぇ。


桜がとても綺麗で、写真をとっている人が大勢いた。

201804IMG_2074




鎌倉は前世紀から何度も来ているけど、
まったく飽きることがない。

前世紀に来たときは、自分はまだ20代の終わりか
30代初めくらいだった。
持参したカメラはフィルム式だった。


報国寺の竹を山ほど撮ったはずだけど、
現像した写真はどこへ行ってしまったのだろう?



銀杏が色づくころにまた行きたいものだ。


コメントは受け付けていません。