アーカイブ 2020年10月

2020年 10月 25日

カテゴリー 生活一般

子供の頃、庭に柿の木があった。
柿と言っても渋柿である。
その実は筆の先のような形で、
「筆柿」という種類に似ていたが、
「筆柿」よりはるかに巨大だった。
自重に耐えられず、色づく前に落ちてしまうことも多かった。

柿の実がオレンジ色になると、
父は柿の木に梯子をかけてのぼり、実をとった。
取った柿の実は渋抜きする。
まず、乾いた布で拭いて汚れを落とす。
次に柿と焼酎を厚手のビニール袋に入れる。
それをプラスチックの容器に入れる。
その容器を2週間ほど物置に置いておく。
渋みが抜けて甘くなり、柿は柔らかいゼリー状になる。

鮮やかなオレンジ色の甘い柿を
スプーンですくって食べるのが好きだった。
一度だけ、渋味が抜け切っていなかったことがあった。
口に入れた途端、口内が砂で一杯になったような感じがした。

長野県に住んでいた伯父もこの柔らかい柿が好きだった。
彼は毎年野菜や味噌を父に送ってくれるので、
父はお礼として、この柿を送っていた。

12年前に実家を建て替えた時、柿の木は切ってしまった。
伯父は他界してしまった。

柿の季節になると、スプーンですくって食べた、
あの柿の味が恋しくなる。




小时候,院子里有两棵柿子树。
说是柿子,其实是涩柿子。
  ※日本的柿子大多是甜柿子。
形状跟笔尖一样的,和“笔柿”的种类相似,
可是比“笔柿”大得多。

无法承受自重,往往会在上色前就掉下去。
当柿子的果实变成橙色的时候,
我父亲把梯子搭在柿子树上,摘下果实。

摘下的柿子要去涩。
最初用干布擦去污垢。 
然后把柿子和烧酒放进一个厚塑料袋里。
再把那个放进一个塑料容器里。
那个容器放在小仓库里两周左右。
涩味就消失了,变得很甜,柿子变成柔软的果冻状。
我喜欢用勺子舀着鲜橙色的甜柿子吃。
只有一次,涩味没完全去掉。
刚一放进嘴里,就觉得嘴里好像满是沙子。

住在长野县的大伯也喜欢那种软柿子。
因为他每年都会给我父亲寄蔬菜和大酱,
所以我父亲为了答谢他,每次都回赠那种柿子。

12年前老家重新盖房子的时候,两棵柿子树被砍掉了。
大伯也去世了。
一到柿子的季节,就怀念用勺子舀着吃的那种柿子的味道。

コメントは受け付けていません。

2020年 10月 18日

10年日記

カテゴリー 生活一般

私は『10年日記』をつけている。
10年分の日記が書ける日記帳だ。
この日記帳は、1ページに10年分の記入欄がある。
例えば、10月18日なら、1枚のページに10年分の10月18日の日記を書く。

社会人になって3年目。
通信販売のカタログで『10年日記』を見つけた。
5000円くらいだった。
10年間書き続けられるかどうか不安だったので、
当時、編集の仕事をしていた父を誘った。
2冊注文した。
最後まで続けた人が勝ち。
負けた人は、豪華なをランチを提供するという約束をした。

1992年からスタートして、2001年まで二人とも日記を書き続けた。
父は「日記をつけるのがとても楽しかった」と言った。
そして、彼は日本料理店を予約して
「好きなものを食べなさい」と言った。
私は次の『10年日記』をプレゼントした。

2002年開始の『10年日記』には「記録は後々必ずお役に立ちます」と
書かれたカードが入っていた。
2冊目を書き終わる頃には、確かに昔の記録を見返す機会が増えた。
2011年の年末に、父はまた食事をご馳走してくれた。
私は3冊目の『10年日記』をプレゼントした。

3冊目は2021年で終わる。
今年85歳になった父は、もう『10年日記』はいらないと言っているが、
来年の年末、私は4冊目の『10年日記』をプレゼントするつもりだ。




我几乎每天记《10年日记》。
《10年日记》是能写十年记录的日记本。
比如说,10月18号的话,在同一页上写上十年份的10月18号的日记。

工作的第三年、在邮购目录中发现了《10年日记》。
价格是5000日元左右。
我担心能不能坚持十年,
所以邀请了当时做编辑工作的父亲同时写日记。
我订了两本《10年日记》。
我们约定“坚持到最后的人为胜者,
输了的人提供豪华的午餐”。

从1992年开始,到2001年为止,两个人都坚持记了日记。
我父亲说“写日记非常开心”。
他预约了一家日本料理店。
他说“你想吃什么就吃什么。”。
我又送了他一本《10年日记》作为下一个十年的礼物。

2002年开始的《10年日记》里有一张卡。
那上面写着“这些记录以后一定会有用的”。
在写完第二本日记本的时候,重温以前记录的机会确实增加了。
2011年末,我父亲又请我吃饭了。
我把第三本《10年日记》作为礼物送给了他。

第三本将在2021年结束。
今年八十五岁的父亲说“我已经不需要《10年日记》了。“
可是明年年底,我打算买第四本《10年日记》,作为礼物送给他。

コメントは受け付けていません。

2020年 10月 11日

餃子

カテゴリー 生活一般

私は餃子が好きだ。
両親が餃子好きだったので、子供のころからよく食べていた。

小学校2年生くらいから餃子を包んでいた。
最初は初心者向けのやり方で包んでいたが、
すぐに襞を寄せてキレイに包めるようになった。

母は、来客に自信をもって出せる料理を
一つ決めておくといいと言っていた。
「そうやって決めておけば、お客さんが来たら、
その料理を作ればいい。準備もラクだし」
母は料理上手だったが、親戚が遊びに来ると、
いつも餃子を出していた。

大食いの従兄が遊びに来た時、彼と一緒に餃子を包んだ。
彼は「特別バージョンを作ろう」と言って、
餃子を包むときにチョコレートのカケラを入れた。
しかし、焼きあがった餃子を食べたら、
どれが特別バージョンなのかわからなかった。

息子も姪っ子、甥っ子も上手に餃子を包める。
姪っ子が小学生の時に、襞をいくつ作れるか、
彼女と競争したことがある。
私は襞を11枚作って勝った。
しかし、焼いたら、襞の部分はとても固くなってしまった。

餃子を焼くのは妹の担当だ。
彼女は、餃子を焼くのが抜群にうまい。
毎回、大量の餃子を包むが、妹が上手に焼くので、毎回完食する。

これまでずっとスーパーで売っている餃子の皮を使ってきた。
昨年末、近所の製麺所で餃子の皮を売っているのを夫が見つけた。
実家での集まりの時に、製麺所の餃子の皮を買って持って行った。
その皮で餃子を作ったところ、非常においしかった。
コロナが終息したら、またみんなで集まって餃子を食べたい。



我喜欢饺子(锅贴)。
因为我父母喜欢饺子,所以从小就经常吃。
上小学二年级左右我开始学包饺子。
刚开始用面向初学者的方法包的。
我很快就能捏出漂亮的褶了。

我母亲说,“最好事先决定一个来客的拿手菜。
决定下来了的话,来客人时,就做那个菜。准备也很轻松。”
她很会做菜,但是亲戚来玩的时候,总是包饺子。

大胃王的表哥来玩的时,和他一起包了饺子。
他说“包几个特殊吧”,包饺子的时候放了巧克力碎片。
可是,吃煎好的饺子时,不知道哪个是特别版本。

我儿子、外甥、外甥女也能很好地包饺子。
外甥女上小学的时候,和她比过能捏几个褶。
我捏了11个褶赢了。
但是,煎了之后,褶的部分变得非常硬。

我妹妹负责煎饺子。
每次包大量的饺子,她都会煎得很好,每次都会吃完。
我们一直用超市卖的饺子皮。
去年年末,我老公发现附近的制面所卖饺子皮。
在老家聚会的时候,买了制面所的饺子皮带去了。
用那个皮包了饺子,非常好吃。
新冠病毒消失后,还想大家聚在一起吃饺子。

コメントは受け付けていません。

2020年 10月 04日

聖刃とモリソン文庫

カテゴリー 生活一般


息子は高校生になっても仮面ライダーを見ている。
9月から「仮面ライダー 聖刃」が始まった。


仮面ライダーのシリーズには、毎回テーマがある。
前作の「仮面ライダー01」は、AIがテーマだった。
「聖刃」の主題は本である。
主人公の神山飛羽真は、小説家であり、書店の店主でもある。


「聖刃」のエンディングは東洋文庫で撮影されている。
2階のモリソン文庫の前だ。
モリソン文庫は、東洋文庫の創設者である岩崎久爾が、
1917年に購入したものである。
モリソンは、タイムズの北京駐在の記者だった。


私は東洋文庫の所蔵品について書かれた本を持っている。
この本では「殿試策」が紹介されている。
「殿試策」とは、「殿試」の主席の答案である。
この答案が書かれたのは1772年、これを書いた人物は金榜。
科挙の合格者を発表する掲示板の名前も「金榜」。
彼は、熱心に勉強せざるを得ない人生だったかもしれない。
彼の答案は8人の審査官が審査し、全員が満点をつけていた。
それを記した紙片も残されているそうだ。


息子は仮面ライダー01も仮面ライダー聖刃も
毎週欠かさず熱心に見ている。
自分の将来についても、
このくらい熱心に考えてほしいものだ。
9月26日の塾長との面談では、
「お前、ハイかイイエしか言わんな」
と言われるくらいの反応しかできなかったのだから。




我儿子即使上了高中也在看《假面骑士》。
上个月《假面骑士圣刃》开始了。

假面骑士系列每次都有一个主题。
上一个系列《假面骑士01》的主题是AI。
《圣刃》的主题是书。
主人公「神山 飞羽真」既是小说家,也是书店的店主。

《圣刃》的片尾曲是在东洋文库
二楼的莫里森文库前拍摄的。
东洋文库的创立者是岩崎久尔。
莫里森文库是他1917年购买的。
莫里森是泰晤士报驻北京的记者。

我有一本关于东洋文库藏品的书。
那本书中介绍了“殿试策”。
“殿试策”是“殿试”第一名的答卷。
那个答卷是1772年写的、答卷者正好叫金榜。
科举考试发表合格着的牌版也叫“金榜”。
他有一个不得不热心学习的人生。
他的答卷由八个审查员审查、所有人都打了满分。
据说还留着那个纸片做为记录。

不仅《假面骑士01》还有《假面骑士圣刃》,
我儿子每周都不间断地热心地看着。
关于自己的将来、我希望他能也如此热心地考虑。
在9月26号跟塾长的面谈中、塾长对他说:
“你只会说‘是’或者‘不是’。”
他只能做出那种程度的回答。

コメントは受け付けていません。