アーカイブ 2020年9月

2020年 9月 15日

ミシンの話

カテゴリー 生活一般

母はミシンを持っていた。
(本体には黒字に金色の文字・・母はブラザーだったと言っている・・
 が入っていて、とてもかっこいい足踏みミシン)

小学校5年生の時、私は母にミシンを使わせてほしいと頼んだ。
母は「まず、使い方を練習しないとダメ」といって、
大きな紙を渡してきた。
(古いカレンダーのしっかりした紙だった)

まずは、布の代わりに紙をセットして、ミシンを踏むところからスタート。
そのあと、針を付けて、紙にたくさんの穴をあけた。
最後に古いタオルでたくさんの雑巾を縫った。
(ホントにたくさん縫わされた・・・)

こういった練習が終わった後、母はミシンを自由に使わせてくれた。
私は安い布を買ってきて、巾着とか、手提げとか、エプロンとか
カーテンを縫った。
(カーテンの裾はミシンじゃなくてまつり縫いをしたのだが、
 2枚のカーテンの長さがそろわなかったというオマケ付き)

結婚してから何年間かはミシンを持っていなかった。
息子が幼稚園に入るとき、電動ミシンを買った。
いろいろなものを入れる袋を縫わなければならなかった。
足踏みミシンに慣れていたので、電動ミシンには苦戦した。
速度調節が難しくて、速くすると速すぎるし、遅くすると遅すぎて、
うまくいかなかった。
今年5月にマスクを縫ったが、すごく時間がかかった。
(あんな小さいものを縫うのに、信じられないくらいてこずった)

現時点で、すごく足踏みミシンが欲しくなっている。
足踏みミシンを扱っているサイトを探し当てた。
(2018年から更新されていない感じなのが気懸かりだが)
我が家は狭いし、足踏みミシンは場所をとるから、
購入は慎重に考えなければならない。
しかし、数年以内に買ってしまうかもしれないなぁ。
(早くミシンに対する購入欲が消えてほしい・・・)



我母亲有一台缝纫机。
我上小学五年级时,我告诉她我想使用她的缝纫机。
她说“你必须先练习缝纫机的使用方法”
她给了我一张大纸。
最初不附上针,把纸代替布放好,我就开始踩缝纫机。
然后附上针,我在纸上打了很多洞。
最后我用旧毛巾缝了许多抹布。
这些练习之后,我母亲允许随意使用她的缝纫机。
我买了便宜的布,缝了荷包,手提包,围裙,窗帘,等等。

结婚的头几年,我没有缝纫机。
我儿子上幼儿园时,我买了一台电动缝纫机。
我必须缝很多装各种东西的袋子。
因为我习惯脚踏缝纫机,我不会使用电动缝纫机。
调整速度很难,不是太快就是太慢,不顺利。
今年五月,我缝口罩,花了恨长时间。
现在我非常想要脚踏缝纫机。
我找到了脚踏缝纫机的销售网站。
我家很小,而脚踏缝纫机很占地方,购买要慎重考虑。
可是我可能几年内会买脚踏缝纫机。

コメントは受け付けていません。