アーカイブ 2020年9月

2020年 9月 27日

鎌倉

カテゴリー 生活一般



私は鎌倉が好きだ。
1990年代から何度も行っているが、まったく飽きることがない。
初めて鎌倉に行った時、カメラはフィルム式だった。

たくさん写真を撮ったはずだけど、
現像した写真はどこへ行ってしまったのだろう?

特に好きなのは、海蔵寺と浄妙寺。

海蔵寺は春先が素晴らしい。
満開の雪柳が眩しい。

浄妙寺は観光客が少ない時に行って、
水琴窟の音を聞きたい。

報国寺も好きだ。
まさに萩原朔太郎の「竹」の世界である。

報国寺の近くの住宅地にKocicikaというレストランがあった。
店名はチェコ語で「ネコヤナギ」を意味する。
ここで必ず注文するのがフルーツティーだった。

マダムが、耐熱ガラスのティーポットとキャンドルウォーマーを
テーブルに持ってきてくれる。
ティーポットの中には、イチゴ、オレンジ、葡萄、
メロン、キウイなどが入っている。
ティーポットは、キャンドルウォーマーで温めておくので、
お茶が冷めることはない。


Kocicikaは、本当に大好きなお店だった。
2019年1月に閉店したとネットで知った。

私が最後に鎌倉に行ったのは2018年4月。
外国人観光客がものすごく多くて、びっくりした。
今はきっと外国人はいないだろう。
久しぶりに光則寺に行ってみたい。


我非常喜欢镰仓。
虽然从90年代开始去过好几次那里,但是还没去够。
第一次去镰仓的时候,我的照相机是用胶卷的。
应该拍了很多照片,可是洗出来的照片不知道哪里了。

我特别喜欢海藏寺和净妙寺。

海藏寺的开春时节很美丽。
盛开的雪柳很耀眼。

我想在游客少的时候再去净妙寺听水琴窟的声音。

我也喜欢报国寺。
那里正是萩原朔太郎的“竹”世界。

报国寺附近的住宅区有一家叫kochichika的餐厅。
那个店名是捷克语“猫柳”的意思。
去那家店的时候,我每次都点水果茶。
老板娘把一个耐热玻璃茶壶和蜡烛加热器拿到桌子上。
那个茶壶里有草莓,橙子,葡萄,网络瓜,猕猴桃等等。
茶壶是用蜡烛加热器加热的,茶不会凉。
kochichika是我非常喜欢的一家店。
我在网上知道了那家店去年关门了。

我最后一次去镰仓是在2018年4月。
外国游客非常多,我吓了一跳。

现在一定没有外国人了吧?
我想久违地去光则寺看看。

コメントは受け付けていません。

2020年 9月 20日

桜貝

カテゴリー 生活一般



小学校4年生の時、桜貝がモチーフの物語を読んで、
桜貝がとても欲しくなった。
きっと綺麗に違いないと思ったから。

夏休みに家族で海に行ったときに
桜貝を探したけれど、見つからなかった。
海の近くの土産物屋にも桜貝はなかった。

息子が小学校2年生の春に、会社の保養所に泊まった。
由比ガ浜のすぐ近くだ。
早朝、息子と二人で海岸を散歩しているときに
知らないおじさんが小さいビニール袋に入った桜貝を息子にくれた。
お礼を言うと、宗教のパンフレットを渡された。
特に勧誘することもなく、おじさんは手を振って去っていった。

桜貝は薄くて壊れやすい。
あんなに欲しがっていたのに、私はそんなことさえ知らなかった。
桜貝のイメージは珊瑚のような感じだったが、
実物は桜の花びらのようだった。
想像していたよりは綺麗ではなかったけれど、
それでも、別の美しさがあった。

桜貝の物語のタイトルは『人魚がくれた桜貝』。
どのような結末だったのか、今ではもう思い出せない。
その本は1975年の出版だが、今でもネットで古本を買うことはできる。

しかし、時は流れて、日本も私自身も変わってしまった。
物語の結末は1970年代に置いておこう。




上小学四年级时,我读过一个故事。
这个故事是围绕樱贝展开的。
我非常想要樱贝。
因为我想像它一定非常漂亮。
和家人一起去海边的时候,我到处找樱贝,可是没找到。
海边附近的特产店也没有樱贝。

我儿子上小学二年级时,我们去了公司的保养庄。
那个设施在由比浜附近。
第二天早上和儿子两个人在海边散步的时候,
一个不认识的大叔给了儿子一小塑料袋樱贝。
我们对他说“谢谢”,他就把一本宗教小册子递给了我,
然后挥手离开了,也没有什么特别的劝诱。

樱贝这么薄这么脆我当年那么想要这个特性都不知道。
我想像中它好像珊瑚一样。
其实像樱花的花瓣儿一样。
虽然它没有我想像的那么漂亮,但是依然别有一番美丽。

樱贝物语的标题是《人鱼给我的樱贝》。
结局如何,现在已经想不起来了。

那本书是1975年出版的,可是现在还可以在网上买到旧书。
随着时间的流逝,日本和我自己都变了。
樱贝物语的结局就留在七十年代吧。

コメントは受け付けていません。

2020年 9月 15日

ミシンの話

カテゴリー 生活一般

母はミシンを持っていた。
(本体には黒字に金色の文字・・母はブラザーだったと言っている・・
 が入っていて、とてもかっこいい足踏みミシン)

小学校5年生の時、私は母にミシンを使わせてほしいと頼んだ。
母は「まず、使い方を練習しないとダメ」といって、
大きな紙を渡してきた。
(古いカレンダーのしっかりした紙だった)

まずは、布の代わりに紙をセットして、ミシンを踏むところからスタート。
そのあと、針を付けて、紙にたくさんの穴をあけた。
最後に古いタオルでたくさんの雑巾を縫った。
(ホントにたくさん縫わされた・・・)

こういった練習が終わった後、母はミシンを自由に使わせてくれた。
私は安い布を買ってきて、巾着とか、手提げとか、エプロンとか
カーテンを縫った。
(カーテンの裾はミシンじゃなくてまつり縫いをしたのだが、
 2枚のカーテンの長さがそろわなかったというオマケ付き)

結婚してから何年間かはミシンを持っていなかった。
息子が幼稚園に入るとき、電動ミシンを買った。
いろいろなものを入れる袋を縫わなければならなかった。
足踏みミシンに慣れていたので、電動ミシンには苦戦した。
速度調節が難しくて、速くすると速すぎるし、遅くすると遅すぎて、
うまくいかなかった。
今年5月にマスクを縫ったが、すごく時間がかかった。
(あんな小さいものを縫うのに、信じられないくらいてこずった)

現時点で、すごく足踏みミシンが欲しくなっている。
足踏みミシンを扱っているサイトを探し当てた。
(2018年から更新されていない感じなのが気懸かりだが)
我が家は狭いし、足踏みミシンは場所をとるから、
購入は慎重に考えなければならない。
しかし、数年以内に買ってしまうかもしれないなぁ。
(早くミシンに対する購入欲が消えてほしい・・・)



我母亲有一台缝纫机。
我上小学五年级时,我告诉她我想使用她的缝纫机。
她说“你必须先练习缝纫机的使用方法”
她给了我一张大纸。
最初不附上针,把纸代替布放好,我就开始踩缝纫机。
然后附上针,我在纸上打了很多洞。
最后我用旧毛巾缝了许多抹布。
这些练习之后,我母亲允许随意使用她的缝纫机。
我买了便宜的布,缝了荷包,手提包,围裙,窗帘,等等。

结婚的头几年,我没有缝纫机。
我儿子上幼儿园时,我买了一台电动缝纫机。
我必须缝很多装各种东西的袋子。
因为我习惯脚踏缝纫机,我不会使用电动缝纫机。
调整速度很难,不是太快就是太慢,不顺利。
今年五月,我缝口罩,花了恨长时间。
现在我非常想要脚踏缝纫机。
我找到了脚踏缝纫机的销售网站。
我家很小,而脚踏缝纫机很占地方,购买要慎重考虑。
可是我可能几年内会买脚踏缝纫机。

コメントは受け付けていません。