アーカイブ 2019年3月

2019年 3月 18日

平成最後の卒業式

カテゴリー 子どものこと

去年の8月から更新が止まっていたんだなぁ・・・
何かと忙しかったのは事実だけど、
書くに書けないというところもあった。



二月中旬で息子の受験生ライフは終了した。
第一志望校に合格できたので、めでたしめでたし。


息子が5年生の時に、メインサポートの役割を夫と交代したので、
高校受験に当たって保護者がやることは、すべて夫が対応した。
学校と塾で実施する複数回の三者面談、高校説明会、
願書の入手とその記入、受験料の振込・・・etc.


夫にとっては、いろいろな学校に行って、
教室や設備を見学することも、
選ばれし生徒たちのプレゼンテーションを見ることも、
校長先生のありがたいお話を聞くことも
結構楽しかったようだ。

それだけに、第一志望に合格した時は、
本人が喜んだのはもちろんだが、
夫も相当喜んでいた。




3月15日は卒業式。
中学の3年間は一瞬だった。

入学式の朝の記憶はかなり鮮明なのに。
息子が上履きと外履きを間違えて履いていったとか、
靴の紐をいい加減に処理したから、
危険な長さで引きずっていたこととか。


小学校の卒業式はわりとあっけなく
終わってしまったので、
中学もそんなものだろうと思っていたが、
幼稚園の卒園式に匹敵する涙腺崩壊だった。


 * * * *


息子の中学は、合唱に力を入れていて
音楽の先生の指導も結構厳しい。
私の中では、
「中学生男子は、学校で歌わされる歌なんて
 ロクに歌わない」
というイメージがあったが、全然そんなことはなかった。
私の席から見える範囲では、
男子も女子も真剣に歌っていた。



「君が代」はなんだかオリンピックの表彰式みたいに荘厳だったし、
校歌は、こんなにいい歌だったっけ?というくらい素敵だった。

イマドキの卒業式の定番である「旅立ちの日に」という歌も感動的だった。
ハンカチで目頭を押さえる保護者続出。
昭和の時代から定番の「仰げば尊し」でも、涙腺緩みっぱなし。


来賓祝辞については、自分の中高の卒業式の経験から、
「長くて眠くてつまらない話」というイメージが
固まっていた。

息子の卒業式では、書かれた文章を読み上げる形だったので、
ダラダラしたところは一切なかった。
内容が分かりやすかったこともさることながら、
祝辞を述べた人たち全員が男女問わずに滑舌がよく、
キレイな声だったという点も
ダラダラ感払拭に貢献していた。


平成最後となる39回目の卒業式は、
とても印象深いものになった。


義務教育は終わったけど、
高校の3年間がすぐにスタートする。
親はますます頑張って働かないと・・・・



コメントは受け付けていません。