アーカイブ 2018年7月

2018年 7月 01日

部活引退

カテゴリー 子どものこと




2018年6月末で息子の部活ライフが終了した。
団体戦は2回戦敗退。
個人戦は1回戦敗退。


団体戦は4チーム単位の総当り戦で二勝二敗。
息子も二勝二敗。
個人戦の相手は、本人曰く、「強豪校の中でも強い人」だったとか。



引退前に2月に受けた昇段審査の証書をもらってきた。
まったくの初心者で初めたのに2年ちょっとで二段取れちゃうなんて・・・


私の高校時代は、二段を受けるっていうのは、
中学時代に初段を取っているのが前提だったような。
ガチで練習するタイプじゃないと、
二段の受験資格はないという雰囲気があったような。


息子は、中学校に入学してしばらくの間は、
帰宅部的な部活に入るつもりでいたようだが、
見学に行った剣道部で、優しくて面白い先輩の話を聞いて
剣道部入部を決めたらしい。

部活以外の練習(素振りとか)は一切やらなかったけど、
部活の時間は一生懸命がんばったようで、
手のひらの皮がむけたり、筋肉痛になったりしていた。


「ぼくにフェイントは通用しないよ」
と、自慢気に話すこともあった。
・・・面をつけるときにはメガネをはずしているので、
単に見えてないだけなのだが。
かなりの近眼なので、フェイントが見えないどころか
相手の存在自体がよく見えてなかったのではないかと。


面金の隙間に指を入れて顔を掻くことができるというのも
ご自慢だったようだ。
目の位置にあたる部分は面金の間隔が若干広くなっているが
中学生男子の指は通らないらしい。
通ったとしても指が顔に届かないらしい。
(息子の指は父親そっくりなずんぐりな形をしているが、
 どういうわけかかなり長い)



息子は、高校では剣道部には入らないと言っている。
あのメンバーだったから楽しく続けられたわけで、
本気な人たちとのガチな練習は絶対ムリとのこと。


父親は、
「ピアノが弾けるからバンドに入ってキーボードをやればいい。
 ボーカルがカッコよければ、おこぼれにあずかれるかも」
などとからかっている。

それにしても、イマドキの若者には「女子にモテたいからバンドやる」っていう
発想はあるのだろうか?


現時点での息子の女性に対するイメージは「強い・うるさい・めんどくさい」。
これは母親の責任だなぁ・・・







コメントは受け付けていません。