アーカイブ 2018年6月

2018年 6月 06日

夢ノート

カテゴリー 生活一般


鎌倉の素敵な雑貨屋さんで購入したノート。

201806IMG_2304



裏表紙に採集の仕方の説明までついているのだが、
現実世界のアレヤコレヤにどっぷり浸かっていると、
心も思考もカラッカラに乾燥しきってしまっているようで、
空想のちっちゃいカケラすら、見つけることができない。


201806IMG_2305


201806IMG_2306


このままじゃ還暦になっても1ページもかけない状態かもしれないと思い、
夢の採集に使うことにした。


夢といっても、“将来の夢”とかじゃなくて、
目が覚めてからもハッキリ覚えている夢。



ハッキリ覚えている夢というのは、
何かしら強い感情を伴う夢なんじゃないかと思う。


というのも、私が覚えている夢というのは、
「非常に大事なものを失くす」
「非常に大事なものを忘れる」
「行かなければならない場所にどうしても行けない」
「戻らなければならない場所にどうしても戻れない」
の4パターンに分類されるのがほとんどで、
その度に心臓が口から出そうになって、
背中に冷や汗、額に脂汗になっているからだ。


先日見た夢は、会社の偉い人から預かった、
謎の道具の入った茶色い袋をどこかに置き忘れ、
あわてて探しにいって、何とか見つけるものの、
中身が足りないという内容だった。


預かったときには間違いなく5本入っていた。
置き忘れた袋を回収したときの中身は4本。
道具の説明書が入っているのに気づき、
それを読んでみると、4本分しか書かれていない。


なくなった1本はこの説明書に載っているのか
載っていないのかがわからない。
載っていなければ最初からなかったことにしてしまえるのだが・・・


どうしよう、どうしようとものすごくオロオロしている一方で、
「私が見る夢って、どうして失くすとか
 忘れるとかばっかりなんだろう?」
と考えたりもしていて、現在の状況が夢の中のことだとわかっていたりする。


わけのわからない恐ろしいものに追いかけられるよりは
マシなのかもしれないが、状況が結構リアルなので、
本気で途方に暮れることもあり、精神衛生上、非常によろしくない。


もちろん、こんな夢ばかりを連続してみているわけではなく、
たいていの場合は、枕に頭をつけたとたんに
翌日の朝になっていて、スマホのアラームが鳴っている。



目が覚めたときに、詳細は覚えていなくてもいいから、
「なんか楽しい夢を見たんだよなぁ」と
気持ちよく目覚めてみたいものだ。








コメントは受け付けていません。