アーカイブ 2018年4月

2018年 4月 21日

泳ぐ

カテゴリー 生活一般




最近、文章を書こうと思ってもなかなか書けなくなってきた。

時間がないというのもあるけど、それ以上に文字化するのが
妙に手間取り、あまり気持ちよくできない。

目の前に積みあがってる「やらなきゃならないこと」が
多すぎるからなのだろうか。


仮にそうであっても、「水泳」は、よほど帰りが遅くならない限り
絶対に外さない。
書くことより泳ぐことのほうが自分の中での
優先順位が上だからなのだろう。

泳ぐのは、結構キツイんだけど、泳ぎ終わった後の
達成感みたいなものが好きなのかもしれない。


2016年、17年頃にさんざん書いていたバタフライに関しては
25メートルならOKレベルまできた。

何を持ってOKかというと、
小学生&中高年を相手に指導しているコーチから
OKをもらえたというだけの話なのだが。

OKをもらえたというのは“おばさんバタフライ”のことであって、
競泳選手のバタフライとはベツモノ。

“おばさんバタフライ”では、
腕の回転はゆっくりで、主にうねりを使って進む。
うねりを大きくしようとして欲張ると、浮上できなくなるが、
うねりが小さいとあまり進まなくなるので、
その兼ね合いが私にとっては難しい。

かなりゆっくり泳ぐバタフライであるにもかかわらず、
25メートル泳ぐと、心拍数が上がる。
おそらく130近くあるんじゃないかと。


個人メドレーでは、
バタフライ→背泳→平泳ぎ→クロールという順に泳ぐ。
最初のバタフライで心拍数が上がってしまうと
残りの3種目は、とても苦しくなる。

背泳だけであれば、100メートル泳げるのだが、
バタフライの後すぐに、というのはすごくキツイ。

背泳でもさらに心拍数が上がるので、
50メートルを折り返すときには140に近いかもしれない。

次の平泳ぎはいつまでも泳いでいられる種目だし、
ゆっくり泳げば心拍数を下げられそうなものだが、
バタフライ→背泳で呼吸が荒くなっていると
キツイ状態はそのまま変わらない。
最後のクロールは超ヘロヘロ状態。



100メートル個人メドレーというのは
業界用語(??)で「イチコメ」というらしい。
200メートル個人メドレーは「ニコメ」。

遠い未来にカッコよくニコメを泳ぐのが夢だけど、
25メートルのバタフライで息を切らしている現状では、
夢というより妄想かもしれない。

コメントは受け付けていません。

2018年 4月 12日

鎌倉2018

カテゴリー 旅行



新年度が始まった。


ついに息子は中学3年生。
入学式の記憶が鮮明なのに、一瞬で最上級生になってしまった。
来年の今頃は高校生なんだなぁ・・・


3/31&4/1に「一族郎党 鎌倉旅行」を久々に実施した。
と、いっても、ご一行様での『いざ、鎌倉』ではなく、
初日は分散行動。


義弟は仕事の関係で宿の夕食から参加。
私と姉は材木座&長谷方面探索。
その他のメンバーは新江ノ島水族館。


どこへ行っても外国人観光客が多かった。
山の中のハイキングコースも外国人が歩いていた。


前回・・・3年くらい前?・・・訪問時は、
静かで暗い印象だった光明寺は、
青空の下、桜が満開で、お祭りをやっていて、
まったく別の世界だった。


前回は、帰宅してから
「光明寺が鎌倉アカデミアだった」
と知ったので、視界に入ることがなかった石碑。

201804IMG_2055



材木座テラスでランチ。



鎌倉文学館では、
角野栄子先生をお見かけした。
プラチナブロンドみたいな白髪がとても素敵で、
張りのあるお声が印象的だった。


銭洗弁天近くのGULAは、
入れるかどうか心配だったけど、
300円でおいしいケーキとお茶を堪能した。
マダムはとっても忙しそうだった・・・

201804IMG_2067


201804IMG_2065






二日目の長谷寺は、朝早い時間にもかかわらず
外国人観光客が大勢いた。


お寺とか仏像を見て面白いのかなぁ?と姉に聞くと、
“そういうのが好きだから、わざわざ来てるんでしょ”
との返事。
・・・なるほどねぇ。


桜がとても綺麗で、写真をとっている人が大勢いた。

201804IMG_2074




鎌倉は前世紀から何度も来ているけど、
まったく飽きることがない。

前世紀に来たときは、自分はまだ20代の終わりか
30代初めくらいだった。
持参したカメラはフィルム式だった。


報国寺の竹を山ほど撮ったはずだけど、
現像した写真はどこへ行ってしまったのだろう?



銀杏が色づくころにまた行きたいものだ。


コメントは受け付けていません。