アーカイブ 2018年2月

2018年 2月 20日

バリウム

カテゴリー 生活一般



月曜日に人間ドックを受診した。

毎年受診しているので、回数でいえば
大ベテランの域に達していることになるのだろうが、
慣れることはない。


最大の鬼門はバリウム。
手に持った瞬間から、本能的に
「これは口に入れるものではない」
と体が反応している。(気がする)


バリウムの入った紙コップの重さは本当に異常だ。
あのサイズで、あの重さという時点で
<普通の飲み物>ではないのは明らか。


昨年の人間ドックでは、発泡剤を口に含んだところで、
水を飲んでくださいの指示を待っていたら口の中で
爆発してしまった。
洗面台の近くだったので、検査着を汚すことはなかったが。


今回は、検査室に入るなり、装置のステップに立つように
指示された。

スリッパを脱いで、ステップに立つと、発泡剤と水を渡され、
すぐに飲むように言われた。

続いて、
「重いので気をつけてください」
という言葉とともに、“絶対におかしい重さ”の紙コップが
渡された。


去年より、量が多い・・・(気がする)


一気に飲んでくださいといわれ、必死になって飲み干す。

検査スタート。
と、思ったら、数十秒後、隣の部屋から
ヒモで結ぶタイプの検査着を持った検査員が出てきて
「コレに着替えてください」
という指示が。


何でだろうと思ったら、検査着の中央部分に
バリウムの白い筋がべったりと・・・(汗)
必死で飲んでいる間にこぼしていたらしい。


急いで着替えて再び検査装置へ。
指示通りにジタバタ・ドタバタ転がって、
機械にお腹を押されて、検査終了。


時間としては5分程度なんだろうが、
毎回ものすごく消耗する。


「口を漱いでください」
といわれて、洗面台のところに行く。
鏡に映った顔を見てぎょっっとする。
口の両端から首筋にかけて
太い白い筋がついていた。


検査終了後は渡された下剤をすぐに飲まなければならない。
「コップ1杯以上の水とともに」という指示があったけれど、
口の中がバリウムっぽくて、イマイチ水がおいしくない。
でも、「胃のレントゲン撮影」という最大の難関が終わったことは
うれしかった。


後の検査は特にどうということもなく。


人間ドックの待合室にはテレビがあって、ワイドショーを流しているが
音声は聞こえないので、コメンテーターがしゃべっている場面は面白くない。

今回は、羽生選手の特集だったので、ジャンプのシーンが何度も流れた。
右足の怪我が完治していないのにすごいなぁ。
グリーンルームの映像も流れたが、同じ場面の繰り返し。
これは、なんだかなぁだった。


検査結果が出るのは約2週間後。
毎年地味にガタがきているのがわかる。
とりあえず健康ではあるけれど、
放置しておいたら、朽ちる方向に進むので
「無理はしないが、甘やかさない」という方針で
日々をすごしたいと思う。





コメントは受け付けていません。

2018年 2月 12日

日曜日のお出かけ

カテゴリー 生活一般

2018.2.11
息子は市内の中学校の剣道大会で一日不在。

お昼ご飯をどうするかという話になったとき
「一番街にできるセブンイレブンを見たいから
 赤羽に行こう」
と夫が言った。

新しくできるセブンイレブンの場所は、
以前はカクヤスの店舗だった。


たまたま通りがかって発見したので、夫に話したところ、
カクヤスの建物はもともとはイトーヨーカドーだったと
言っていた。(夫は赤羽出身)


フロア面積はそれなりに広いから、
コンビニ商品だけで埋められるのかという点に
興味を持ったらしい。



赤羽到着後、北欧雑貨を扱っているカフェでランチ。


セブンイレブンは来週オープンなので、
まだ工事中だったが、ドアがあいた状態になっていて、
道路から店内が見えた。



「もっと広かったはずだけどなぁ。
 壁で仕切って奥は倉庫にしているのかな?」
夫はそう言いながら写真を撮っていた。


すぐ近くにローソンもファミリーマートもある。
なんだかコンビニだらけな感じだが、
深夜の人通りもそれなりに見込めるエリアということで、
出店したのだろうか?


少し散歩して、台湾スイーツのお店へ。
ここが日本の1号店。
なぜに赤羽??
201802IMG_1991



飾ってあるものがかわいかった。
201802IMG_1990


201802IMG_1987


イベント用の車かな?
201802IMG_1992


この後、夫は大好きな秋葉原に向かい、
私は家に帰って、読書の続き。




夕方、息子は「1回戦突破した!」と
ご機嫌で帰ってきた。

2回戦の対戦相手が、この大会の優勝校だったので敗退したものの、
息子達の代の剣道部にとっては「1回戦突破」はスゴイことらしい。
コーチに褒められたそうで、とても上機嫌だった。

息子があんなに饒舌になったのは、ホントに久しぶりだった。


コメントは受け付けていません。

2018年 2月 05日

月次ノート

カテゴリー 生活一般


あっという間に1月終了。
ホントに早かった。


数年前に素敵なノートを入手したので、
これを使って“月次ノート”をつけていた。
毎月見開きで、その月にあったことを記録していた。


2017年12月でこのノートを書き終わった。
2018年のお正月に最初のページから読み返してみた。
その月にあったことを、箇条書きで簡単にメモしていたり、
旅行に行った月には、その旅行のダイジェストが書いてあったりする。
すっかり忘れていた出来事についての興奮気味な記述があったりして、
興味深かった。


2018年から二冊目の“月次ノート”開始。
先週末に1月の記録を書いた。
今年はこういうことをしたいという希望も
いくつか書き出してみた。
年末にどういう気持ちで
これを読み返すことになるのだろう?


二冊目の“月次ノート”はやや厚い。
全ページ書き終わるときは西暦何年で、
私は一体何歳になっているのかな?





コメントは受け付けていません。