アーカイブ 2014年8月

2014年 8月 24日

香港旅行2014-端記茶樓とノアの箱舟

カテゴリー 旅行




8/11

本日はあざらし旅行社プランにとっては<重要な朝食>を食べる日。
電車で移動するという。


ホテルの最寄りの駅は将軍澳線(Tseung Kwan O Line)のQuarry Bey。
将軍澳線は香港の路線図でみると、半蔵門線のような色で示されている。
Yau Tongで 観塘線(Kwun Tong Line)に乗り換え。
これは路線図だと千代田線の色。
Prince Edward:太子で莖灣線(Tsuen Wan Line)に乗り換え。
これは丸ノ内線の色。
終点の莖灣で下車。



市中の両替屋さんで日本円を香港ドルに両替。


201408R5258550




201408photo_a



商店街をあざらし旅行社について歩いて
川龍村行きの緑バスに乗車。



<重要な朝食>の会場(?)である端記茶樓には10時到着。

201408R5258551

201408R5258555


この時間だと朝食じゃなくてブランチかな?
3人でHK$100でお腹いっぱい!
大満足。


201408R5258552


201408R5258553


安くておいしいので、端記茶樓の駐車場はたいてい満車になっている。


朝6時開店で、点心が売り切れたら閉店だというが、
かなり早い時間で店じまいになっているんじゃないのかな??


お会計をしてくれたのは、海の家で働いていそうな雰囲気の茶髪のお兄さん。
日本人だとわかると、息子に笑いかけて
「アリガト・サヨナラ」と言ってくれた。


来た時と同じ路線のバスで市街地へ戻った。


莖灣の商店街を歩いた。


細い裏道も歩いてみた。
201408photo_b


201408photo_c

201408photo_d



201408pic01


ビルの中にある市場を見学。
201408pic04



生きている大きなカニとか、
日本ではまず見ることのない、動物のカタチがわかる肉の塊を見た。

201408pic02


201408pic03






NINA Toworというショッピングモールを通り抜け、
Tsuen Wan West(西莖灣)という駅に来た。
ここから地下鉄に乗るのかと思ったら、
あざらし旅行社は海の方へ歩いて行く。


201408R5258556


Noah’s Ark Hong Kongがある島へ向かう船の船着場へ出た。(珀麗灣⇔莖灣)

http://www.noahsark.com.hk/eng/index.php

201408R5258557


船は1日に3便しかないのに、ちょうど11:45発の船が
停泊しているところだった。

201408R5258559


201408R5258558




この船が単なる移動手段である人にとってはなんということもないのだろうが、
<船に乗る>という行為が特別なことに思える私にとっては楽しかった。


201408R5258562


201408R5258563


201408fig_a


2010年に宿泊したロイヤルビューホテルが見えた。
ずっと前から「一緒に旅行しようね!」と約束していたママ友一家との初旅行が、
まさか海外になろうとは・・・


201408fig_b



ディズニーランドフリークのママ友は、香港ディズニーでは、
「こんなに並ぶ時間が短いなんて!!!」
と感動していたっけ。
歩く距離が短くて済むことも「とてもいい!」と言っていた。
考え方次第で、モノゴトは良くも悪くもなるんだなぁ。



香港国際空港を使う旅客機の飛行ルートになっているのか、
何度も飛行機を見た。



下船後の風景。

201408R5258564

201408R5258567

201408R5258569





本日の目的地である、Noah’s Ark Hong Kongは謎の世界だった。
201408R5258568


201408R5258570


201408R5258571


ノアの方舟があるという前提のもと、
これだけの規模の施設を造り、
お金をつぎ込むというのはスゴイと思った。


201408R5258574


201408R5258576




規模もテーマも全く違うにもかかわらず、
GWに訪問した<UFOふれあい館>を
思い出してしまうのはなぜだろう???(笑)

http://www.m2-dream.net/?p=10220



201408R5258575

平日のせいか、あまり人がいないように感じられたが、
時間決めのショータイムになると、
どこからかインターナショナルな人々が
集まってくるのが不思議だった。



方舟傳記(?)は、息子はとても期待してたようだったが、
言葉の問題で、意味不明だった模様。
銀髪のカツラをつけて、
ゆったりとした衣装を纏った案内役のお兄さんは、
お客の反応を見ながら、広東語、北京語、英語を駆使していた。
頻繁に笑いが起こるところをみると、
面白い話をしているようだったが、当方も理解できなかった。



3Dシアター(??)は、音声は英語で、字幕は中国語で繁体字と簡体字。
昔一緒に仕事をしていた、日本語が達者な香港人の同僚は、
発音は地方ごとに全然違っていても、書かれた文章は、
ほぼ共通で理解できるというようなことを話していた。
広東語と北京語では、別の言葉に思えるくらい発音が違うんだけどなぁ。
漢字で書かれた文章なら同じように理解ができるというのは、実に不思議だ。

201408R5258578


201408R5258579



Noah’s Arkを出て、以前から名前だけは知っていて、
大いなる謎だったこのお店へ。

201408R5258565


201408R5258580



なぜ「もういっけん」なのか?
なぜ「ひらがな」なのか??


あざらし旅行社は
「もう一軒あるからじゃない?」
と言っていたが、帰りのバスでもう一軒の<もういっけんカフェ>を発見。
今度は、こちらのお店に行ってみたい・・が、Noah’s Arkはもういいや。
(あざらし旅行社は再度訪問する気満々のようだが)



日本語の名前だけど、日本語は通じない。
下午茶/Tea Setのメニューから注文。



老問多士(正しい字は、門構え+品)/”Boss” Toastにした。
HK$22だったのでどんなものが出てくるかと思ったら、
軽くトーストした薄いパンに、ピーナツバターとマーマレードが塗ってあり
チーズだかバターだかよくわからない固形状の乳製品がはさんであるものだった。


201408fig_c


人気のあるお店なのか、
それとも三時のお茶の時間だったのか、
テーブルはみな埋まっていた。


もういっけんカフェを出て、青衣行きのバスに乗り、
青衣から東涌線(Tung Chung Line)に乗り、
荔景で莖灣線(Tsuen Wan Line)に乗り換えて
深水歩(正しい字は土扁に歩)で下車。


ここにはあざらし旅行社が大好きな電気街がある。
<昭和の秋葉原>を感じるらしい。

201408R5258581

201408R5258582

201408R5258583


うろうろしてから、西九龍中心へ。
(なんだかんだ言って毎回来ているような・・・)

201408R5258585

201408R5258586




あざらし旅行社の知人オススメのレストランで
夕食ということになり、お店を探すも見つからない。

201408R5258588

201408R5258589


さんざんウロウロしてやっと見つけたら、
レベルが高すぎてムリ!!
(ネイティブレベルで広東語が話せないと無理っぽい雰囲気)


102のバスでホテルに帰ることにした。

部屋に戻ると、男衆は腹ごなしとかでプールへ。
私はマッサージの予約をしに行った。


お腹が空かないので、夕食は何か軽いものを買ってきて食べることにした。

息子にシャワーを浴びさせて、あざらし旅行社は買い出し。
しかし、なかなか帰ってこなかった。


コンビニとかで香港ならではのパン(そういうのがあれば、だが)とか
買ってくると思ったが、少し遠くまで行って、巨大ちまきと魚団子、
冷たい飲み物を買ってきた。
ちまきは三人で分けてちょうどいいくらいだったけど、
これは一人分なんだろうか??


息子を寝かせた後、あざらし旅行社は再び外へ出て、
ビールとスナック菓子を買ってきた。



明日は敷居の高いお店に行く。
ランチタイムじゃないとムリというのが残念だけど、仕方ない。
朝食はうんと軽いものにしようとかそんな話をしながら
ビールを飲んで寝た。

コメントは受け付けていません。

2014年 8月 21日

香港旅行2014-前泊&初日

カテゴリー 旅行


201408R5258513



8/9
台風11号接近に伴い、飛行機が欠航する可能性が出てきた。
あざらし旅行社は前泊を決定。


荷物をまとめて、植物に水やりテープをくっつけて出発。

水やりテープは4日ほど前に入手して、いろいろ試したものの、
なんだかうまくいかない。

「水やりテープ」というのは、一昔前にはやった(?)
吸水性がめちゃくちゃいい、合成セーム革みたいな素材でできている。
テープを湿らせて、水を入れたペットボトルと植木鉢を
橋渡しするような感じで設置すればいいだけなのだが、
オリジナルのテープ幅でやると、水を吸いすぎてしまうのか、
水浸しになってしまう。

幅を細く切ればいいと思って、半分にしたが、それでもダメ。
根性で乾麺幅くらいに切ったら、水浸しは避けられたが、
これで水が足りるのかどうか心配なレベル。
なんとか持ちこたえてくれることを祈るのみ。



あざらし旅行社推奨ルートで羽田到着。


搭乗予定のJAL133(羽田→大阪)は、
悪天候の場合、羽田に引き返すか関空に向かうかの条件付フライト。


18:40に機体が動き出した。
「台風の影響のため、お飲み物は冷たいものに限定させていただきます」


18:50 離陸。
ついつい「Jポップメモリーズ」とかを聞いてしまう。
「君がいるだけで」は1992だったのかー
「きみの朝」は1979だったのか・・・


19:37 着陸。
気分が悪くなる直前まで揺れた。



大阪駅前の商業施設のレストラン街で夕食にしようと思ったら、
なんと!
台風接近に伴い、午後9時にて全館閉店とのこと。


とりあえず宿がある弁天町まで移動することに。


オーダーストップの直前に
お好み焼きの店に入れた。(鶴橋 風月)


201408R5258517


とってもおいしかったけれど、
服にばっちりにおいがついていた。



宿泊は<ホテル大阪ベイタワー>。


フロントのスタッフは
「禁煙ルームが空いてないので、喫煙ルームになりますが、
 強力な機械で消臭しましたで、大丈夫だと思います。
 でも、もし何かありましたらご連絡を」
と話していた。


201408R5258518


たばこの煙が苦手なので、煙草臭には敏感な方なのだが、
部屋には気になる匂いはなかった。
ファブリック用の消臭スプレーが置いてあったので、
お好み焼きのにおいがついた服に使わせてもらった。


天気予報を見ると、どう見ても台風の進路は大阪直撃。
しかも、ちょうど離陸する時間に最接近しそうだ。


<大阪旅行>になるかもしれないなと思いながら就寝。



8/10
4:50頃に目が覚めた。
しばらくベッドの中でごろごろしていたが、
あざらし旅行社が起きだしてガサガサしはじめたので起床。
窓から見る限りは、風も雨もやや強い程度。


201408R5258520


朝食は関西空港で取ることにして出発。


弁天町から6:28の和歌山行きに乗る。
新今宮で下車して、6:58の南海線に乗り換え。
さらに泉佐野で関西空港行へ乗り換え。


関西空港についた段階で、
かなり雨が強くなっていた。



キャセイのチェックインカウンターは長蛇の列。
先に朝食を食べることにした。
いろいろ見てみたけれど、結局、サブウェイのサンドイッチ。


食べ終わって戻ってくると、相変わらず行列は長かった。
9時過ぎにようやくチェックイン完了。
すぐにゲートに行ってほしいと言われた。
チケットに記された出発予定時間は9:50に変更されていた。
雨はさらに強くなった。


しかし、9:50になっても動く気配ナシ。
出発準備は整っているが、管制塔からの離陸許可待ちとのこと。


機外カメラの映像では横殴りの雨。
カメラについた水滴があっという間に流されていく。

201408R5258523


「動き出した??」と思うほど機体が揺れる。
地上にいる状態で、飲み物とおつまみが配られた。



12:30頃ようやく離陸。
しばらくして機内食が配られた。



離陸のチャンスはあったものの、
風向きが変わったため、離陸できなくなったと
客室乗務員が中年男性に説明しているのが聞こえた。



15:00着陸。
機外に出ると、キャセイのスタッフがずらりと並んでいた。
到着が大幅に遅れたから、次のフライトの準備を
大急ぎでやらなければならないのだろう。


ターンテーブルの荷物を引き取って、外へ出た。


まず、香港版SuicaというかPasmoであるオクトパスカードの残額確認。
しかし、今回もExpired。
あざらし旅行社がカードをインフォメーションカウンターに持って行って
使えるようにしてもらってきたが、
前回同様、マイウェイイングリッシュで切り抜けたのだろう。


オクトパスカードが復活すると、「Simカードを買わなきゃ」という。
家族を引き連れて、広い空港内を右往左往したが、
お眼鏡にかなう商品がなかったそうで、
7-11で売っているもので妥協していた。


空港の建物のの外に出ると、香港特有の匂いと
むわっとする暑さ。
A12のバスに乗った。




自動車専用道路を走っている車は、
日本とあまり変わらないので、なんだかヘンな感じ。
みんな右ハンドルだし。
(日本車が多く、それ以外は、アウディとかベンツとかが多い)

201408R5258531




今回のホテルは北角海逸酒店。
模範邨(Model Housing Estate)というバス停のすぐそば。

201408R5258533



部屋は奮発したとかでスイートルームだった。



備え付けのインスタントコーヒーと
機内食のデザートに出されたレーズンサンドでお茶。
(せっかくのお部屋なのに・・・・苦笑)

201408R5258534



このホテルにはプールがあることを事前に知らされていた息子は
「プールプール」と言いまくり、男組二人はプールへいった。
私は荷ほどき。
部屋が広い分、収納スペースもたっぷり。


201408R5258538




夕食を食べに行くことにした。
トラムに乗って、太古駅前で下車。
KORN HILL STORE・・・イオンだぁ・・・
201408DSC02683




ぶらぶら歩いてこのお店に決定。

http://www.tanyoto.com.hk/

201408R5258548


「行政副経理」という肩書のついた名札を付けた女性が、
あれこれお世話をしてくださった。


201408R5258546


201408R5258547


スープがとってもおいしかった。
201408R5258545


食後は店内をウロウロ。
本屋さんに入ってみたところ、『買起 日本楼』という本が目に付いた。
日本の不動産を買って儲けましょうみたいな話らしい。
目次には<進撃 日本不動産>なんて項目も。

首都圏では、池袋、新宿、中野、吉祥寺、自由が丘あたりがオススメらしい。
巻末には不動産用語の解説があったが、???なものもあった。
不動産購入の書類の見本のページがあったり、
ハンコが必要になるからということで、ハンコショップの紹介などもあった。


帰りもまたトラムに乗った。


ホテルの近くにセレモニーホールがあり、
その周辺に黒づくめの人たちがいた。
お葬式ではなく、七回忌とかそういう雰囲気の集まりがあったらしい。


日本だったら、ブラックフォーマルを着る場面なんだろうけど、
暑いからなのか、それとも色重視なのか、
とにかく黒い衣服であればいいという感じで、
黒のTシャツに黒いジーンズ、黒いスニーカーという
若い人もいた。

国が変わると、しきたりもいろいろ違うんだなぁと
当たり前のことを改めて実感した。



台風の大阪から、暑い香港へ移動してきたせいか、
なんだか時間感覚がおかしくなっているようで、
長いような短いような不思議な一日だった。



コメントは受け付けていません。

2014年 8月 15日

香港旅行2014-帰国後

カテゴリー 旅行

201408photo_A



今年の夏休み旅行は香港だった。

あざらし旅行社が「スゴイお得プラン見つけた!」と大喜びで
意気揚々と予約していたのだが、それは羽田から大阪へ飛んで、
関西空港から香港へ行くというものだった。


なんでそんな面倒なことを・・・と思ったが、
成田から行くよりかなり安いのだという。


お得情報が大好きで、
熱心にサイトを調べていたあざらし旅行社がそう言うなら、
きっとそうなんだろうと思っていたが、
大阪へのまさかの台風接近。


このままでは羽田から関西へ行けないかもしれないということで、
急遽前泊決定。


旅行準備担当者としては、これはかなりつらい。
真夏に5日間、家を空けるというのは、
主婦としてもいろいろ準備が必要だというのに。

そういえば、2009年の香港も急遽前泊で大変だったということを思い出した。




8月9日。
JAL133便で大阪へ向かうことに。
羽田空港のカフェから、私のiPhoneを使って
あざらし旅行社は大阪のホテルの予約を試みるも、
「勝手に入力モードが変わる」
「勝手にページが移動する」
などの障害があったようで、(絶対に何かのボタンを押しているはず)
キィィィィッとなりながらの予約作業だった。
返してもらったiPhoneは妙に熱かった。


そんなこんなで無事に大阪にたどり着いて、
一泊して、翌日のCX503で関西空港から香港へ。



今回の宿泊は「北角(North Point)」
あざらし旅行社がホテルの窓からの写真を
ホテル名は記さずにブログにアップしたところ、
香港繋がりのブログ友達からのコメントには、
「お泊りのホテルは、北角海逸酒店ではありませんか?」
と書いてあってビックリ!!
・・・窓からの景色でホテルが特定できるなんて!!!


そこまで香港通になれるくらい、行きたいものだ。
初香港は1994年だから、足繁く通っていれば、
香港の達人になれたかもしれないけれど、
やはりお金と時間と為替レート次第で行けたり行けなかったりするから、
まだまだ初心者レベル。


香港の地図&路線図が完全にアタマに入っているあざらし旅行社は
中級レベルくらいかもしれないが。



帰りは8月14日のJAL736。
香港→成田。
あざらし旅行社曰く、大阪での宿泊費を入れたとしても、
成田→香港→成田と同じくらいの金額だとか。
だとしても、次はフツーに成田から行きたい。



お土産のお菓子をお隣にもっていったら、
「いつもすみませんねー ウチは実家に帰っていたので、
 野菜をたくさん貰ってきたんですけど、召し上がりませんか?」
ということで、新鮮なモロッコいんげん、茗荷、ジャガイモをいただいた。
なんてありがたい!!



洗濯物もやっと片付いたし、
家の中も通常に戻ってきたし、
楽しかった旅行の記録をのんびり書いていきたいと思う。




コメントは受け付けていません。

2014年 8月 04日

鍼灸院 2

カテゴリー 生活一般



二回目の治療に行ってきた。


この鍼灸院は、最寄駅から結構離れている。
タクシーなら、ワンメーターをちょっと超えるくらいだろう。
前回は肌寒いくらいだったので、全く苦にならなかったが、
今回は太陽が真上にある時間帯の移動だったので、
移動はかなりつらかった。



鍼灸院に到着すると先生はアイスノンのようなものを出してくださった。
治療室のエアコンは、涼しさを感じるくらいの温度設定だったので、
なかなか汗がひかなかったけれど、これがキンキンの設定だったら、
すぐに寒くなってしまったと思う。




治療は左腕からスタートするかと思ったら、
今回は肩甲骨中心だった。
肩甲骨の下側は、場所によっては飛び上がりそうになるくらい痛かった・・・
消化器系の状態もよくないらしい。



肩と腰回りに鍼を打った後は、問題の左腕。
前回ほどではなかったが、やはりものすごく沁みるポイントがあって、
息が止まりそうになった。


服装に気をつけて、とにかく身体を冷やさないようにすること、
脹脛に筋肉があまりつていないので、
意識して歩くとか、極力階段を使うなどして、
足を動かすようにとのアドバイスをいただいた。





その数日後。
休みを取って夫と一緒に世田谷美術館へ行った。


その前に中目黒のBISTRO KHAMSAでランチ。

201407photoA


201407photoB


201407photoC


おいしくて大満足。

デザートのプリンも最高♪


201407photoD






不思議な美容院。
201407photoE

魔法のシャンプー、ほしいかも。
どのくらい勉強すればいいのかな??




201407photoF





中目黒から用賀へ移動。


鍼の先生のアドバイスの内容を夫に話したせいか、
それとも自分がそうしたいだけだったのか、
炎天下、用賀から黙々と歩いた。



砧公園の中は風が通って気持ち良かったけれど、
アスファルトで舗装された道は暑かった。


世田谷美術館では『ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展』を開催中。
201407photoG



冷房が効きすぎていて、寒いくらいだったが、
展示はとても面白かった。


平日にかかわらず、来場者は多かったので、
週末だったら、人の頭の間から展示品を見なければならない状態だったかもしれない。



外に出ると、「ああ、あったかい!」と感じたけれど、
すぐにそれは「うう、暑い・・・」に変わった。
そのまま帰るのかと思いきや、
夫は「グルメな人のブログに紹介されていたパン屋さん」に行きたいという。

201407photoZ

201407photoY

夫は歩きまわるのが好きで、方向感覚に自信があるので
灼熱の太陽をものともせず、どんどん歩いて行く。
ちょっとでも立ち止まろうものなら、
置いていかれてしまう。




公園や集合住宅を通り抜け、昔ながらの住宅街を歩いて
やっとお目当てのパン屋さんに到着。

http://www.plaisir1999.com/

201406photoX

ショーケースには、私がよく知っているパン屋とは
全く違う種類のパンが並んでいた。
さんざん迷って三種類を選んだ。
とても細長いパンだったので、
お店の人は、とても細長い紙袋に入れてくれたが、
あの紙袋はやはり特注なのだろうか?

パン屋さんを出て、また延々歩くのかと思ったら、
祖師谷大蔵の駅はそれほど遠くなかった。

ホームの自動販売機でペットボトルの水を買って飲んだ。
ものすごく喉が渇いていたので、いくらでも飲めそうだった。
鍼の先生からは常温の水を飲むように言われていたけれど、
頭のお皿が完全に空っぽになってしまったので、
我慢できなかった・・・

日頃、ドラキュラ生活をしているせいか、
真昼の太陽光を浴びたのは、かなりのダメージだったようで、
帰宅後はぐったり疲れてしまい、とても眠かった。

洗濯物を畳んだり、夕食の支度をしたりして
家事の一区切りがつくと、横にならずにはいられなかった。
午後10時を過ぎたあたりから、瞼を開けているのがつらくなり、
眠気と闘いながらのろのろとお風呂に入ると、
泥のように眠ってしまった。



コメントは受け付けていません。