アーカイブ 2013年11月

2013年 11月 27日

20回目&至福・口福 その7

カテゴリー 生活一般

2013011PB233019


今月20日は20回目(!!)の結婚記念日だった。
このブログで結婚記念日のことを書くのは六回目になる。


結婚した年に式年遷宮があったことを、今年知った・・・汗
 
 
15回目
http://www.m2-dream.net/?p=249
 
 
16回目
http://www.m2-dream.net/?p=1101
 
 
17回目
http://www.m2-dream.net/?p=4207
 
 
18回目
http://www.m2-dream.net/?p=6885


19回目
http://www.m2-dream.net/?p=8005



定点観測の「例のキャンドル」はクリスマスに灯すことにした。
(この写真は去年のもの)




今年は節目の年なので、2013年11月23日に、Le Berkeleyで記念ディナー!!
(これで8回目!)



エア登山中(4週目)なので、記録はあっさりと。


エゾシカもも肉のカルパッチョ。
2013011PB233020


帆立貝とトリュフの香草たっぷりサラダ。
2013011PB233022


夫が頼んだ子ウサギを使った前菜。
(名前を忘れた・・)
2013011PB233021


ホウボウのショーフロワ 赤ワイン風味。
2013011PB233023
ショーフロワ chaud-froid:加熱してから冷やした古典的な料理


メインのジビエ料理。(ヤマウズラ)
2013011PB233025 

小さなデザート。
2013011PB233026


大きなデザート。NYチーズケーキ。
2013011PB233027


夫はタルトタタン。
2013011PB233028


幸せな時間だった~☆




2回目の記録(2011年12月3日)
http://www.m2-dream.net/?p=6928
 
 
3回目の記録(2012年2月25日)
http://www.m2-dream.net/?p=7276
 
 
4回目の記録(2012年8月17日)
http://www.m2-dream.net/?p=7504
 
 
5回目の記録(2013年3月9日)
http://www.m2-dream.net/?p=8486


6回目の記録(2013年5月11日)
http://www.m2-dream.net/?p=9092


7回目の記録(2013年8月31日)
http://www.m2-dream.net/?p=9742






コメントは受け付けていません。

2013年 11月 10日

エア登山(?) まもなく一週間

 
 
 
月曜日の祝日は、キッザニアに行った。
6年ぶり・・

子どもにとってはパラダイスだけど、
大人は基本的に「みてるだけ」なのでつまらない。

入場料払うんだから、
ちょっとでいいから、親にもやらせてくれーと思った。
 
 
 
火曜日は小学校の振替休日だったので、
休みを取った。
 
キッザニアに一緒に行ったMちゃん親子と、
駅前のスーパーにある有料の遊び場へ。

平日の午前中なのに、そこそこ人が多い。

マッサージチェアに座り込んで、
Mちゃんと二人で極楽タイム。
 
そのあとは<昔取った杵柄卓球>。
 
杵柄を取ったのは大昔だけど、
元卓球部が二人そろうと、それなりにラリーが続くので
とても楽しい。
 
ランチを一緒に食べてお開き。
 
 
 
帰ってきてからエア登山のアクティビティ。
 
前回より任務が少ないとはいえ、
苦手なものは苦手だし、
緊張するのは変わらない。

 
 
本日、我が家の男組はちょっと離れた公園へ
クルマで出かけて行った。


私は一日中、部屋にこもってエア登山のアクティビティ。

現在、3つ目のチェックポイント通過。
まだまだ先は長い。
チェックポイントは30個以上あるし。


風邪をひかないようにしないと。

コメントは受け付けていません。

2013年 11月 03日

エア登山(?) 前日

カテゴリー 生活一般

 
 
 
一瞬で開始前日に・・・滝汗。


装備はこれでいいんだろうか??
考え出すときりがない。
 
 
 
昨日は、小学校の音楽会だった。
 
息子の学年は、
『ふるさと』(合唱)、
ジブリメドレーとして、
『アシタカとサン』『ひこうき雲』(合奏)。
 
 

私にとっての『ひこうき雲』は、ジブリじゃなくて、
天才・荒井由実の<夭折した友達に宛てた歌>という
イメージが強い。

  高いあの窓で 
  あの子は死ぬ前も 
  空を見ていたの
  今はわからない

この歌を初めて聞いたのは何歳だったか忘れたが、
「ちょっと悲しいけど、いい歌だなぁ」
と思っただけだった。
 
 
親になると、
「あの子」に対する悲しみは、もちろんあるけれど、
「あの子」を失った親や家族に
自分をピッタリと重ねてしまい、
どうしても涙腺が緩んでしまう。
  
きれいで明るい旋律だけに、よけい悲しくなる。
 
 
 
音楽会でも涙腺が緩んでしまい、
なんだか恥ずかしかった。

 
 
音楽会終了後は給食と授業があり、
6時間授業と同じ時間の下校だったので、
久々にお気に入りのカフェへ。
 
 
 
今年も魔女の感謝祭をやっていたらしい。
 
2013011photo3
 
 
2013011photo4
 
 


エア登山に備えて、大好きな<結びセット>を注文した。
2013011photo1
 
 
 
 
看板猫のネロくんは、だいぶ男前になった。
2013011photo2
 
マダムによると、彼はいろいろと注文が多いそうだ。
 
 
ネロくんが発する「にゃぁぁん」を、
マダムは理解しているらしい。
 
 
 
「今日が最終日なんだけど、もしよかったら」
と、マダムが小さな展覧会の案内状をくださった。
 
 
帰る途中に寄れる場所だったので、
行ってみることに。
 
 
 
 
展覧会の主催者のご自宅が会場。
マンションの一室で、
決して広いスペースではないものの、
とても素敵にな空間だった。
 
 
やっぱり、住まいっていうのは
そこに住んでいる人を表してるなぁ・・・滝汗
 
 
丁寧に時間をかけて心地よく整えられた空間は、
「人が来るから、急いで片づけましたーーー」
っていうのとは、全然違う。
 
 
すっきりしていて、モノが少ないけれど、
モデルルームのような、生活感ゼロという
無機質な空間ではない。
 
 
あたたかくて、気持ちよくて、
リラックスできるけど、
ぐてぐて、ダラダラにはならない。

さりげなく置かれたものが、みんな素敵。

窓からの景色がいいんです、と
主催者がレースのカーテンを開けると、ピカピカの窓。
その向こうには、小さなベランダ。
きちんと手入れされた鉢植えが並んでいる。
その向こうには古い神社の大きな木々が見える。
何本かは赤く色づき始めていた。
 
 

私もこんな風にしたいーーーーと思ったけれど、
散らかし野郎が二人もいたら、太刀打ちできない。
(窓ガラスをピカピカに保つことと、
 散らかし野郎とは関係ないけど)
 
 
主催者は、凛とした雰囲気で、
知的な瞳が印象的な、きれいな白髪の女性。
やわらかい笑顔も素敵だった。
 
 
私もこんな風になりたいーーーと思ったけれど、
「ま、いっか」「まー、コレでよしとしよう」
で、身の回りのモノを選んでいる時点で失格。
 
 
ひとも住まいも、日々の積み重ねなんだなぁ。
 
 
アンチエイジングが課題になっちゃってるけど、
年を重ねることが誇りになるような生き方ができれば、
年齢を敵視しなくてもよくなるんだろうな。
 
 
しかし・・・・
年齢はいつのまにやらビックリ!になっているし、
頭の中身もスカスカ具合にびっくり!!している今日この頃。
 
 
来年もあのひとの展覧会に行きたいなぁ。
 
  
きりっ、ぱりっとしているのに、
どこかやわらかさを含んでいる刺激をまた受けたいと思う。
 
 

 
 
 
 
 
 

コメントは受け付けていません。