アーカイブ 2012年2月

2012年 2月 29日

望むこと

 


 


 
いろいろいろいろあって、なかなかブログが更新できない・・・。
 

 
どうしてこんなに時間がないんだろう??
不思議だ・・・
 
 

 
2月19日。
明美先生の講座に参加した。
「引き寄せの法則を知って望みを叶えよう」
 


 
<引き寄せの法則>については、
いろいろな本が出ているし、
メルマガやブログにいろいろ書いている方々も多いと思う。
 
 
 
でも、実際にどれだけ引き寄せたかは、
あまりよくわからないし、
引き寄せた結果がどうだったのかもわからない。
 
 
 
本やメルマガに書いてある場合もあるが、
本当にその通りなのかどうか、
自分で見たわけじゃないからわからない。
書いてあることが嘘だと思っているわけではないけど、
できることなら、本人から話を聞きたいなぁと思う。
(引き寄せの法則発動の後日談の方が気になるし)
 
 
 
明美先生はこの講座を開催する前に、
試行錯誤を繰り返して、
実際にいろいろ引き寄せてみたそうだ。
 
 
 
「食べ物関係は得意」とのことだったが、
やっぱり、自分が好きなこととか、
それが手に入ったとき、自分がどういうリアクションをとるかが
イメージしやすいものほどうまくいくのかもしれない。
 
 
 
講座の冒頭で、巨人軍の原監督が、
「新人選手で伸びる人はどういう人か?」
と聞かれて、即答したのが
「素直で、朗らかで、謙虚な人」
だったというお話があっ た。
望みを叶えるのにも、これが必要とのこと。
 
 
 
実際、職場の若手社員の中で、
先輩社員から可愛がられる人は、
例外なく、この3つが当てはまる。
そして、モトからなのか、
それとも居心地がいい(=人間関係が楽しい)からなのか、
いつも楽しそうにイキイキと仕事をしている。

 
 
 
そういう人って、話しかけやすいから、
無愛想な人よりも「雑務」を頼まれがちだが、、
雑務の中には、結構いろいろなことが入っていることが多く、
通常の自分の業務だけやっていたら、
絶対に知ることのなかった情報が入ってくることもある。
 
 
 
それがすぐすぐ何かの役に立つわけでもないけれど、
「この案件の担当はあっちの部署」
「あの人は、とにかくすぐ返事。
 この人は、ちゃんと仕上げてから」
とわかっているだけでも、相当な時間を短縮できる場合がある。
 
 
 
仕事の場合でも、個人的な望みを叶える場合でも、
他人から信頼されることは、とても重要だし、
可愛がってもらえるというレベルまでいかなくても、
声をかけやすい・話しかけやすいという雰囲気は、
非常に重要だと思った。
そうじゃないと、いい情報があっても教えてもらえない。
 




 
 
引き寄せの例として、穴山のアンテナショップの経緯が
紹介された。
 
 
 
本当にびっくりするくらいの超高速な展開。
12月中旬の穴山町でのお餅つきの際に
「東京にアンテナショップを開きます!」
と宣言なさったそうだが、
この時点では、ショップの場所さえ決まっていなかった。
 
 
 
しかし!
今回の講座(2/19)の3日後には、
内装が完了することになっていた。
( 内装完了ということは、不動産関係の手続きは
 ほぼ終わっているということになる・・・スゴイ)
 
 
 
この経緯をお話ししている明美先生の
「楽しそうな様子」を拝見して、
これもとっても重要だーと思った。
 
 
 
楽しくやる・・・そもそも自分が楽しんでやれることじゃないと
引き寄せは起こらないのかもしれないなぁ。
 
 
 
「やらねばならぬ」の根性だけでも、
ある程度まではいけるかもしれないけど、
楽しいという要素が皆無だったら、続かないし、
じきにエネルギーも尽きてしまう。
 
 
 
「流れに乗ること」も重要とのことだったが、
タイミングよくポンと乗るには、
やっぱり、必要なアクションを楽しんでいて、
心が軽い状態になっていないとできないと思う。
 
 
 
願いが叶うまでの途中経過では、
いろいろ<お試し>が来るそうだ。
これにメゲないことが大事。
「ものすごく本気なの?
 ホントにホントにそうなってほしいの?」 
という質問のかわりなのだろう、きっと。
 
 
 
この<お試し>に対して、メゲることなく、
「これが来たってことは、叶うってことなんだ!」
と本気で信じて突き進むことがポイント。
 
 
 
<お試し>でメゲてしまうようなら、
「ホントの本気では望んでいないってことなんでしょ?
 じゃ、叶わなくてもいいよねー」
って評価になるのかもしれない(笑)。
 
 
 
願いをかなえるための大切な要素は、
「素直・朗らか・謙虚」ということだったが、
明美先生のご様子から
「フットワークの軽さ」
も大切な要素かもしれないなと思った。
 
 
 
フットワークの軽さとは、即行動に移せるということ。
素直な人は
「これ、やってみなよ」
「こうしてみたら?」
などと、アドバイスをもらったら、
とりあえず試してみる・やってみるという柔軟性を持っているから、
フットワークの軽さというのは、
「素直さ」に通じるのかもしれないけど。
 
 

自分の望みを叶えるのに役立ちそうな情報をキャッチしたら、
72時間以内に行動するとスムーズにいくことが多いそうだ。
これを過ぎてしまったら、次の情報が来るのを待った方が
いいとのこと。




話が前後するが、講座の最初に明美先生がお持ちになった
「LIFE PURPOSE ORACLE CARDS」
を一人一枚ずつひいた。






私はコレだった。





そして、自己紹介をしつつ
「素直で、朗らかで、謙虚」というのは、
自分にとって、どういうことなのか、一人ずつ順番に具体例を話していった。
その後、ひいたカードについて、
明美先生がミニリーディングをして下さった。
このミニリーディングが、その時の状況にリンクしていることが多く、
とても役に立っている。



私は石がテーマらしい。

今までの石、これからの石が助けてくれる。
持っていることで満足せず、石を活用すること。
石は力になろうと思っているので、
実際に活用して、力になってもらいましょう。

・・・ガラスケースに入れて保管しているわけではないが、
収集するのが目的っぽくなっている部分もある。
活用しなくちゃ。



願いを叶えるにあたっての行動のポイントとか、
こういうことをやるといいというお話もいろいろ伺った。



基本中の基本はやっぱり、
「自分の心が何を望んでいるかを知ること」だと思った。
何がどうなれば、自分は心から喜べるのか?
「高望みしちゃいけないから、このレベルで」ではなく、
本当に、本気で心から望んでいることは何なのか?



これを外したら、望むものは引き寄せられないし、
何かを引き寄せられたとしても、満足できないのかもしれない。




結局、常日頃から、
「どれだけ自分と正直なコミュニケーションをとっているか?」
が問われるんだろうなぁ・・・




 
講座のあとは、みんなでOVEでおしゃべりランチ。
 
 
 
それにしても、OVEはいいなぁ。
サンドイッチ以外のものを注文したいなぁと思うものの、
このサンドイッチはパンも具も美味しいので、ついつい・・・ 
 



 
 
明美先生が毎回注文するカレーも美味しそうなんだけど。 

 
 
 


チーズケーキも美味しくいただきました。
心身ともに幸せな一日でございました。
 
 
どうもありがとうございました。 
 
 

コメント(3)

2012年 2月 18日

Cartesian diver


息子と一緒にお気に入りのカフェへ。
なんだかホントしょっちゅう行ってるなぁ・・・










今日は看板猫のネロが「人恋しいモード」だったので
写真がたくさん撮れた。







だいぶ美男子になってきたわねー









いつも通りの滋味ご飯。







お気に入りのフェアトレードコーヒー。







面白いおもちゃがあった。

マダムがミュージアムショップで購入したもの。






説明書より抜粋

> ウォーターゴースト(デカルトの潜水夫)

> ウォーターゴーストは口吹きガラス製で
> 体内は空洞、しっぽの先に小さな穴があいています。

> これは16世紀のフランスの著名な物理学者で
> 哲学者であったデカルトの考えた原理に基づいたおもちゃです。

> 浮沈子「Cartesian diver」という名前で知られています。





> 原理
> ボトルに圧力を加えると、ウォーターゴーストの体内の空気が圧力を受け
> 体内に水が入ってきて、ゴーストの身体を重くし、下に沈みます。

> 圧力がなくなると、体内の空気は水を押し出し、ゴーストは浮き上がります。

> すばやい圧力の加減はゴーストの身体を回転させます。










このゴーストというか宇宙人はガラス製なので、
とっても繊細。



最初に見たときは、ペットボトルの底に沈んでいた。
マダム曰く、
「昨日まではくるくる動いていたのに、
 今日になったら動かなくなっちゃったの」








好奇心旺盛な息子はどうしても「くるくる動く」のを見たくて
マダムが出してきた説明書を一生懸命読んでいた。


「水が入りすぎるとダメだから、出さなきゃだめだ」
と言う。


水を出すのは、『しっぽの先の小さな穴』から。
・・・直径が1ミリくらいしかないぞ。


『中に入った水を振って出す』と説明書には書いてあるが、
本体はガラス製。
息子にやらせるのは怖いので、私がやったが、なかなか水は出てこなかった。

『吸い出す』という方法も書いてあったけど、・・・これはちょっと、ねぇ。



ゴーストの中の水を三分の一くらいまで減らしたところで
ペットボトルに戻すと・・・浮いた!






ペットボトルをてのひらで押さえて圧力をかけると
ゴーストは沈み、手を放すと浮き上がる。


こんな単純な動作なんだけど、面白くて何度も繰り返してしまった。



Cartesian diverで検索したら、動画がいくつか出てきた。
有名なんだなー


息子は同じものが欲しいという。
今度マダムに美術館の名前をちゃんと聞いて、
行ってみようかなぁ。




窓際に飾ってあったお雛様。
母が持っていた雛人形によく似ている。







ひとしきり遊んでから図書館へ。






この間から気に入って眺めている「二十世紀名句手帖」の、
『山と海のラビリンス』をぱらぱらめくってみた。


薄氷の消ゆるあたりのうすあかり  小林康治


水銀の如き光に海見えて
  レインコートを着る部屋の中  近藤芳美


ただ海のかはらぬ貌をたしかめに
  休日を雨の港へと寄る     辰巳泰子


ももいろの光は空に海に溶け
  白兎海岸夕ぐれんとす     石川不二子


白兎海岸は鳥取なんだなぁ。
有名な「因幡の白兎」のお話の舞台になった場所で、
あの兎をまつった白兎神社が近くにあるらしい。

ももいろの光が空と海に溶けていく夕焼けを見てみたい。


それにしても、どうしてこんな風に句や歌が詠めるのかしら・・・


語彙とか表現力ももちろん必要なんだけど、
やっぱり感性とか、美しいもの・印象的なものに気づく力が
必要なんだろうなぁ・・・





コメントは受け付けていません。

2012年 2月 15日

ランチとチョコレート

カテゴリー 生活一般

 
 
 
 
2012年2月12日。
 

姉とランチ。
何年ぶりかのラ・グーリュ。





 
前に来たときは、こういうものは飾ってなかったなぁ。

 

 
 


帰ってきてからサイトを見て納得。
シェフのご趣味は陶芸。
>  店内のいたるところにある自作の陶磁器でわかるように、趣味は陶芸です。
> 自身の料理を自作の器に盛ることが出来るのはこの上ない喜び。
> 陶磁器がお好きなお客様から制作を依頼されるようにもなりました。



テーブルの上の花瓶がとってもかわいかったので、
欲しくなってしまった。








お魚のランチコースを注文。

レンズ豆のスープ、とっても美味しかった。
こんなスープが待っててくれるなら、
寒い日の帰宅も苦にならないのに。



メインのお魚。
皮(?)の部分がカリッカリでとっても美味。
付け合わせの野菜は優しい味。

野菜って甘いんだなあと思った。






お食事とデザートの間にはチーズのサービス。
とってもおいしいチーズなんだけど、毎回悩んでいるような・・・
(食べ慣れてないから、どれを選んでいいかわからない)




デザート。
赤いソースは甘すぎずさわやかな味わい。
春らしい雰囲気の服が欲しくなる・・・










いろいろおしゃべりして、気がつくと午後2時。
予約は12時・・・あっと言う間の二時間だった。









それから池袋へ移動。
西武百貨店の7階の「チョコレートパラダイス」へGO!



混雑してるだろうとは思っていたけど、予想以上の大盛況。
男性客もけっこういた。



それにしても・・・楽しい。
色もかたちもさまざまで、見ているだけで楽しい!!



友チョコや自分用として買う人も多いんだろうなあ。
でも、これだけ素敵なものがザクザクあると、選ぶに選べない。
どれにするか、さんざん悩むのも楽しそうだけど。



パラダイス行きの目的は実家への貢ぎ物の購入(笑)。



数日前に姉が偵察して試食済みのモンサンクレールの
ショコラクレールとテリーヌショコラを購入。


パラダイスの一角でカナダのアイスワインを売っていた。
瓶がとっても素敵!!



子どもの頃、ガラス瓶を集めていたことを思い出してしまった。
(さすがに今は集めようとは思わないが・・・置き場所がないし・・・)



お正月にドイツのアイスワインを飲んだ後、
油絵を習っている母が「この瓶を描きたい」と言ってキープしていた。
その瓶は細長くて、肩の形がくっきりしているものだったが、
カナダのアイスワインの瓶はなだらかですんなりしていて、
また違った魅力がある。
瓶というより「壜」という漢字が似合うような。



試飲したらめちゃくちゃ美味しかった!



月末に息子を泊まらせてもらうし、ちょっと奮発するかということで購入。
小さいキャンバスにこの壜の絵を描いてもらおうかな・・・



私たちが実家に着いて30分くらいすると、妹、姪っ子、甥っ子が登場。


ショコラは父&母への貢物なんだけど、
「おすそわけ」ということでみんなで食べることに。



赤ワイン入りのテリーヌショコラは大人限定。
ショコラクレールもなかなか大人の味だと思ったんだけど、
姪っ子も甥っ子も「おいしいおいしい」とあっという間に食べてしまった。
甥っ子は、口のまわりをなめまわしたので、
黒ひげ危機一髪みたいになっていた(笑)








ウチの男組二人は、学童主催のスキーツアーで
ハンターマウンテンに行っていた。
既にバレンタインのチョコは渡したけど、
通販で買ったら、予想以上に小さかったので、ちょっとガッカリ。



「家庭の潤滑油」みたいなものだから、頑張った金額じゃないんだけど、
値段相応に見えない点が残念だった・・・(苦笑)





コメントは受け付けていません。

2012年 2月 07日

カフェと図書館 2

カテゴリー 生活一般

 
 
 
 
2月になってしまった・・・というか、そろそろ1週間経つ。
この間、年が明けたような気がするが(苦笑)
 
 
 
先週の週末のことも書きたいけど、まだ消化できてない。
短時間で大量の情報が入ってくると対応できないや。
 
 
 
 
 
土曜日は学校公開だった。
 
 
先生方がおめかし(?)しているのがなんだか面白い。
スーツ+スニーカーというのは、いかにも「がっこのセンセ」だよな。
 
 
息子の授業態度は・・・うーん。
「いかがなものか」だなぁ。
 
まあ、私も小学校の時は、手悪さ・落書きの常習犯だったし、
(夫もそうだったらしい)
中学・高校では本の回し読みをしていたし・・・。
 
 
 
でも、イマドキの 小学校の教科書は
カラフルで、写真や絵が豊富で、文字が少なくて、
とっても楽しそうなんだけどなぁ。
先生も教え方をいろいろ工夫していると感じるし、
授業は退屈じゃないと思うんだけどなぁ。
 
 
 
小学校2年生の山場は、算数に限って言えば
「掛算の九九」じゃないのかな。
息子のクラスでは、ゲームみたいなテストにして、スピードを競ったり、
逆から言えるかに挑戦したりしている。(九九八十一、九八七十二・・・)
 
 
 
私が九九を覚えたときは、努力と根性だけで
ひたすら頑張るしかなかった。
 
 
 
九九のテストもあった。
「帰りの会」の後、先生の机の前へ行って、九九を暗誦するのだ。
つっかえないで10秒以内に言い終わらないと合格できない 。
しかも、合格しないと帰らせてもらえなかった。(今じゃありえん・・・)
 
 
 
当時の担任の先生は「おばあさん先生」という印象があるのだが、
もしかしたら、今の私とさほど変わらない年齢だったのかも。(・・・滝汗)
 
 
 
威厳のある先生だったので、机に近寄るだけで緊張した。
先生はにこりともせずに
「はじめっ」
と言い、生徒が九九を言い終わるまで腕時計の秒針を見つめていた。
 
 
 
あの先生は今頃どうしているかな??
 
 
 
 
 
 
授業を見学した後、廊下に展示してある図工の作品を鑑賞(?)した。
イマドキの図工もとても楽しそうだ。
息子は図工の教科書を眺めるのが好きだけど、確かに面白い。
実際に作ってみたくなる。
息子は図工の授業が2時間ある金曜日をとても楽しみにしている。
「すごーーく楽しみな曜日がある」というのは羨ましい・・・
 

 
 
 
 
 
学校の次は図書館へ。
借りていた本を返却してから、詩歌のコーナーへ。
面白そうなのを選んで閲覧席へ持って行き、
気に入ったものを書き写した。
 
夏の句も素敵なものがあって書き写したが、
やっぱり今の季節は冬を感じる句がぴったりするなぁ。

 
◆星屑の奥の奥まで雪祭り      安達淙子
雪祭りなんてとってもとっても寒そうなので、
行きたいと思ったことは一度もなかったが、
この句を見て、行ってみたくなった。
 
ヒートテックとかスゴ衣とか重ねて着て、さらにスキーウェアを着れば
大丈夫かもしれない・・・



◆マフラーに星の匂いをつけて来し  小川軽舟
匂いの記憶はいくつもあるが、「星の匂い」を感じた記憶はない。
いったいどういう匂いなんだろう??
でも、ありそうな気がする。
雪の匂いとか、雨の匂いは、はっきりと「匂い」があるんだから、
凍った天空に貼り付いているような白い星々にも絶対に匂いはあるはず。



短歌も書き写した。

◆水銀灯ひとつひとつに一羽ずつ鳥が眠っている夜明け前
                              穂村 弘
「あ、この場面知ってる!」と感じた歌。
自分の目で見たのか、写真で見たのか。
とにかく印象的な場面だった・・・写真だったのかな、やっぱり。
冷静に考えれば単に「コレ、知ってる」っていうことなんだけど、
それでもやっぱり心が動くものなんだなぁ・・・



◆骨格を持たざるものは消え果る歴史のまこと思い至れる
                             勝部祐子
哲学的な雰囲気を感じた歌。
最近は、「骨格を持たざるもの」がとっても多い気がする。
私自身も、骨格が透けて溶けかかっているのかもしれない。

日本語には、骨がつく言葉や表現がたくさんある。
骨ってとても重要だったのだろう。 
今は骨密度とか骨粗鬆症とか健康面から気にすることが多いけど。

現代人の骨がヤワになっていることと、
「骨格を持たざるもの」が増えている感じがするのは
何かつながりがあるような気がする。
 
・・・と言っても、「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな話に
なっちゃうかもしれないけど。 








それからお気に入りのカフェへ。
 
 
 
黒猫ネロくんは、初恋まっただ中。
ピンと立った耳がキュートな赤ちゃんネコだったのは
ついこの間のことだったのに・・・
 
 
ネロくんちの横を時々通る「カノジョ」が気になって仕方がない。
 
窓辺に座って「カノジョ」が来るのを今か今かと待ち続けている。
 






とっても切ない目をしていて、
「片恋」という言葉を体現しているような。
 
 
もしネロくんに言葉を扱う力があったら、
とっても情熱的な恋の句を詠むかもしれないなぁ。



 
 
今年二度目の滋味ごはん。





静かで口福な時間。







食後のコーヒー。



 




 
カフェをお暇して少しお散歩。
久々のあったかい午後。
 
 
 
コーヒー豆屋さんでお買物を兼ねて一休み。
焙煎を待つ間、「カロシトラジャ」を いただいた。
(次回はこれを買おうかな)
いい香りに包まれているとなんだか眠くなってくる。
もう少しゆっくりしていたかったけれど、
2時半過ぎには息子が帰ってくるので、
青空の下、てくてく歩いて帰った。
 
 
 
 








コメントは受け付けていません。