アーカイブ 2012年1月

2012年 1月 22日

カフェと図書館

カテゴリー 生活一般,読書


 
 

 
 
2012年1月21日。
とってもとっても寒かったが、お気に入りのカフェへ。
今年初の訪問。



2012年第一回目の滋味ランチ。

 
 
おいしいなぁ。
 
 

 
 
食後にはフェアトレードコーヒー。
 
 

 

 
息子は滋味ランチの美味しさがわからないので、
家で昼ご飯を食べさせ、
ここではデザートとしてチーズケーキ。
(このお店のチーズケーキは大好物らしい)


その後、ネロくんと遊んでいた。


 
 


 
 




寒い中、外出したそもそもの理由は図書館での調べ物。

(とっても寒いので滋味ランチという「オマケ」を付けないと
 外に出る気になれなかった・・・)



息子は児童書のコーナーに座らせておけば
読みたい本を持ってきて勝手に読んでいてくれる。
彼にとっても図書館はパラダイス。



マンガに餓えているので、「マンガも載っている本」を
見つけるのが得意のようだ。
(社会や理科など、文章とマンガと両方で説明している本)






息子が「読書」している間、
私は今やっている講座の課題に使うために、
素敵な歌や句を釣り上げなければならない・・・






詩歌のコーナーへ行ったが、うーむ・・・
こんなにたくさんあるのかぁ・・・





詩句採集用のノートを作り、
目と手を使って書き写す作業をすると
詩句力アップに大きな効果があるとのことなので、
ヤル気はあるのだが、ずらりと並んだ本を前にすると、
どの本を手に取っていいのやら・・・・








寺田寅彦氏に興味を持ち始めたので、
まずは岩波少年文庫の
「科学と科学者のはなし 寺田寅彦エッセイ集」
を読んでみたのが、これがなかなか面白く、
この中に夏目漱石の句がいくつか載っていた。


今の時期では全然実感がないけれど、
  水盤に雲呼ぶ石の影涼し
というのがいいなぁと思ったので、
『夏目漱石句集』から見てみることにした。





  廻廊の柱の影や海の月

いいなぁ、コレと思って書き写したのだが、
どうしてこの寒い中、夏っぽい句に惹かれるのか??

寒いから「暑さ」を求めているのかなぁ???




漱石句集からいくつかノートに書き写し、再び書架へ。



「ジャケ買い」という言葉があるが、それと同じで、
見た目だけで句集を選び、
閲覧コーナーへ持ってきてパラパラめくった。





句集の場合、1ページに二つか三つ、多くて四つなので、
パラパラめくるような感じでも、
とりあえずは目を通すことができる。
 
 
豊かな感性の持ち主なら、
文字だけ追って素通りするようなことはしないで、
一つの句に重厚な曼荼羅を見たり
壮大な宇宙を感じたりするんだろうなぁ・・・







「二十世紀名句手帖5 星と月のシンフォニー」を
パラパラめくっていたら、手と目が止まった。


  銀河より降りくるものを待ちゐたり (嶋田麻紀)


なんだかシーンとしてしまった・・・


図書館だから、もともと静かなんだけど
「なんかいいものないかなぁ」
と跳ねまわっていた心が、ピタッと止まって静かになった感じ。



一体何が降りてくるんだろう??
でも「何かが降りてきそうな感じ」は、すごくわかる気がする。



17文字だけで表現されている世界。


作者のイメージとはかけ離れたものかもしれないけれど、
イメージがどんどん膨らんで(暴走?)
しばし幻想の世界へ・・・


俳句ってすごいなあ・・・





今、実家から「私の俳句修行」を借りてきている。
(アビゲール・フリードマン著)


この本のカバーの見返しに書かれた紹介文によると・・・
> 在日時にふとしたきっかけで俳句の面白さに目覚めた米国の外交官が
> 激務の間の体験を振り返りながらまとめ上げたユニークな俳句エッセイ。


著者はスーパーウーマンなんだけど、
この本の最初の「日本の読者のみなさんへ」には、
とても優しくて素敵な文章があった。



> 子どもは未知なるものに思いをはせ、
> その意味をつかまえようとし、
> 物語をつくりあげては想像力をひろげてゆきます。
> 私にとって未来は神秘的で、考えるだけで胸がときめきました。
> しかし年齢を重ねるにつれ未来を想像することは減り、
> やがて仕事や家族、現在を忙しく生きる日がつづきました。

>  そんなある日、私はひょんなことから俳句に出会いました。
> 本文に書いたように、はじめは、ただの趣味だと思っていました。
> でも自分で俳句をつくり、
> 黒田杏子から俳句へのとりくみ方を学ぶうちに、
> 何か「特別のもの」を発見しました。
> 今おこっている出来事や、
> その日、私が心動かされたものや状況について俳句をつくる。
> そんなとき私は、子どものころ未来について夢見たのと
> 同じ畏れと神秘さを味わったのです!
> 年越しそばについての句をつくっているとき、
> 「生きている」すばらしさを実感しました。




 

現在受講中の講座の課題でヒーヒー言っている時は、
畏敬の念や神秘的なものは、
どっかへすっ飛んでしまっていることが多いけれど、
仲間が作ったすばらしい句が披露されると、
日々のべったりざわざわした現実の中にも、
こういう爽やかなもの・透き通った美しいものが
内包されてるんだなぁと思う。






師匠によると、俳句や短歌のような定型詩は
タイムカプセルのようなもので、
その時代の香りをそのまま閉じ込めているから
それを開けば、今の時代の香りと合わせることができるそうだ。



このタイムカプセルの話を伺って
ひょっこり思い出したのが
「本の遠近法」(高階秀爾著)に載っていたエピソード。



著者は、ある会合でドナルド・キーン氏が語った言葉に
強い印象を受けたという。


> その時、キーン氏が語ったのは、古事記や日本書紀など、
> 日本の古い文献に述べられているさまざまの出来事が
> 果たして実際にあったことかどうか、大いに議論の余地はあるが、
> しかしそこに記された歌だけは絶対に疑うことができないという
> 主旨のものであった。


本当にタイムカプセルのように、
「その歌を詠んだ時」「詠んだ人の思い」が
閉じ込められているのかなと思った。
だとしたら、やっぱり疑うことはできないだろう。







「二十世紀名句手帖5 星と月のシンフォニー」は、
図書館から借りてきたのだが、ひょいと開いたら、
すごい言葉に出会った。



この本には4人の方が書いた「俳句随想」というコーナーが
句のページの間に挟まっているのだが、
三善晃氏(作曲家)のタイトルに釘づけになった。



《一切の時空が十七文字に》
 あるいは《時空一切を孕む窖(あな)》




俳句の17文字はそういうものなのか。





しかし、私にとって五七五の17文字では短すぎ、
七七を足した31文字では長すぎるのであった・・・
 
 
  
 
 
 
 
 

コメントは受け付けていません。

2012年 1月 14日

両親誕生日のお食事会

カテゴリー 生活一般

2012年1月8日。
毎年恒例の両親誕生日のお食事会。
 


 
 
今年の会場は、去年の夏に行って気に入ったこちらのお店。
 
CANOVIANO CAFE
http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop-restaurants/food-cafe/SOP0000025/
 






2011 マキシム・ド・パリ
http://www.m2-dream.net/?p=5050

2010 モナリザ(丸の内)
http://www.m2-dream.net/?p=1359

2009 モナリザ(丸の内)
http://www.m2-dream.net/?p=342






まずシャンパンで乾杯。
今年、父は喜寿になる。
暖かくなったら、中華街でお祝いする予定。
息子や姪っ子の進級祝いも兼ねることになりそうだ。



カメラ爺の父は中華街の写真が撮りたいらしい。
ちょっと不思議な感覚&美意識の人だから、
「中華街どーん!」という写真は
撮らないような気がする。


前菜




パスタ
聖護院大根入り





メイン
京人参のソースが美味。




デザート。


6種類から選択。
全員別々のものにした。

父が選んだクレープが美味しそうだったのだが、
とても好みの味だったらしく
一瞬で食べてしまった。




コーヒーもとても美味しいんだけど
ビスコッティもとって美味。





満足満足。




食後はサントリー美術館へ。



現在の展示は
『殿様も犬も旅した 広重 東海道五拾三次』

かなりの人だった。
 

展示されている『大判錦絵』は、
大判と言ってもそれほど大きいわけじゃないし
人やモノや建物や小道具が細々とかかれていて
じーーーーっと見入ってしまう内容。


だから人の流れが滞留しやすく、有名な絵が展示
してある場所は行列ができていた。


つまみ食いみたいな鑑賞になってしまったけれど
それはそれで楽しかった。



特に飼い主のかわりにお伊勢参りに出かけた犬が
無事にお役目を果たしたようだったので
(家に帰るという大仕事が残っているが)
安心した。
 
 
 
 
両親はさらに荻須高徳展をはしごしてから帰るというので、
サントリー美術館を出たところで一旦お開き。


 
 
その後、姉と買い物。


ふらっと入った食器屋さんで
衝動買いしたモノ。





コーヒーも紅茶もミルクを入れないので
<何に使うんだよー>と理性の声がしたが、
大量の「ヘン顔」にやられてしまった。





未使用のアンティークだというが、ホントだろうか?

底につけられたビミョーなマーク。





まあ、お菓子の福袋程度の値段だから
良しとしよう。


小さい四角いお盆が欲しかったので、
雑貨屋さんを何軒か見たが、イメージに近いものはなかった。
でも、久々にたくさんの雑貨を見られて、とても楽しかった。
 
 
 
 
 

コメントは受け付けていません。

2012年 1月 03日

年末年始

カテゴリー 生活一般









仕事納めは28日だった。
夫が飲み会だというので、息子と一緒に
学童の近くの中華料理店で忘年会。



ここは「すばらしいお子様プレート」がなんと500円。
内容の割にはホントにリーズナブル。
全然子どもだましじゃないので、私が注文したいくらいだ。
(蓋つきのコップにストローが挿してあるジュースは
 いらないけど)


お店ができたばかりのときにこれを注文した時は、
息子は食べ切れなかったが、今は、全部食べた上に
春巻まで食べる。






29日は大掃除と片づけ。
「学童に行きたい」というので、息子は学童。
この日は夫が連れて行ったのだが、
私が連れて行く時よりも出発時間が15分くらい遅くなった。
「お父さん早く早く早くー」とずっとせかしていた。
そんなに楽しいのか。
ありがたいことだ。





お掃除を頑張ったワタシにご褒美。




お気に入りのカフェその2で
天使のロールケーキとコーヒー。














30日は夫も参戦して大掃除。
と、言っても夫には個人エリアの「巨大紙タワー」を
片づけることに注力してほしかったので、
その他は全部私が頑張った。


2012年の年末は一緒にやってもらおう。
・・・そこまでに「あのすべて」が片付くのか????






31日も引き続き大掃除。
でも、中だるみしやすいウチの男組。

ラストスパートを頑張るために
年末のゴミ減量も兼ねて外でお食事。


かつては華やかだった晴海トリトン。
年末だということを差し引いても人が少ない。
ショップだったエリアには託児施設が・・・



開業当時、100円ショップがここにできるなんて
予想もしなかったが、
結構な広さのダイソーがあるし・・・


それはともかく、鴻星海鮮酒家にてランチ。




人がいないのは年末だから???




お料理はおいしいんだけどなぁ。







ここのお子様ランチも本格的で、
全然子どもだましじゃなかった。
(なぜアメリカ国旗なのかわからないが)















お子様ランチにはデザートがなかったので、
夫が注文したマンゴープリン。
(息子に甘いというより、自分が食べたかったのだろう)


マンゴーがゴロゴロ入ってて、とっても美味しかった。
息子はお腹一杯になってしまったようで、
二口くらいしか食べなかった。
残りはオトナがありがたく頂戴した。(笑)



うさぎ年の終わりにうさぎ型のマシュマロ。





いよいよ2011年も終わりだぁ・・・





帰ってきて引き続き大掃除。
素晴らしいエネルギー補給をしたというのに、
夫のエンジンはなかなかかからない・・・(涙)




年越しそばを食べた後、
息子はいつも通りの時間に寝かせた。


見たいテレビ番組が特になかったので、
アルバムを引っ張り出してきて眺めた。


結婚当初から頻繁に旅行し、
せっせと写真を撮り、それなりに整理して
アルバムに貼ってあるので、見ごたえがある。

エクセルで作った費用明細などもあって
ガソリン代の安さにびっくり(笑)


それにしても、二人とも完全に別人だわ・・・









年が明けて、2012年。
1月1日は夫の実家へご挨拶。


毎年すき焼きを御馳走になっている。


息子は従兄のお兄ちゃんと遊んでもらって大喜び。
学年としては2つしか違わないけど、
従兄は優しく、忍耐強く息子の相手をしてくれた。


近くの河川敷で凧揚げ。
寒かった―





大きな地震があったが、全然気がつかなかった。
(防災放送で知った)
夫は気が付いたというが、ホントかな~???


夕食はおせちとお寿司。
満足満腹・・・御馳走様でした。







1月2日は私の実家へ。


年末から帰っている姉が姪っ子と一緒に
伊達巻作りを頑張った。


とってもおいしかったけど、制作者曰く
「事故があって、味が濃くなった」
とのこと。
全然わかんなかったけどなぁ。



子どもたちが大喜びのオードブル盛り合わせ。





























昨年10月、ドイツで試飲して買ったという
ワインが登場。




とっても美味しい~


幸せ~




デザートワインもおいしかったー
こちらはお菓子によく合うお味。




晴海の成城石井で買ったお菓子の福袋を持って行ったのだが、
この中に入っていたチョコレートととっても合う味だった。






それから有志で初詣。


寒かったけど面白かった。


私が子どもの頃は登って遊べたんだけど、
石碑が危うい状態なのか、何年か前から
立ち入り禁止になっている。






帰ってきてひとしきりおしゃべりして、
おせち料理を少しずつもらって帰宅。



1日2日と食べて飲んで喋って笑って過ごした。
今年はどんな年になるのかな??







コメントは受け付けていません。