アーカイブ 2011年12月

2011年 12月 25日

クリスマスの一日

 

 
2011年12月25日。クリスマス。
今年最後の明美先生の講座。
 
kemi’s パワーアップ講座 
~未来カレンダー作り~


 
 
明美先生 Magical Carpet
http://www.magical-carpet.com/



会場は、南青山のラ・アンジェ。 
サロン「ラ・アンジェ」
http://laange.jp/


今年の4月中旬から8月上旬にかけては、
いろいろあって出られない講座もあったけれど、毎回とても楽しかった。


 
明美先生の講座の記録
http://www.m2-dream.net/?page_id=1065



最後の講座はミニリーディング付。
新しいOracleCardを使って、参加者一人ずつ用意してくださっていて、
カードのコピーをいただいた。
そして、いろいろアドバイスを頂戴した。
2012年は、概ねおだやかな感じの年になりそうとのことで、一安心(笑)。



ラッキーな場所、ラッキーグッズについても教えていただいた。



日本の神様カードが回ってきて、来年のラッキー神社(?)を
見つけるべく、一人一枚引くことに。


私は宇迦之御魂神。
この神様をお祀りしている神社は東京にもある。


神様カード、やっぱりいいなぁ。
最近全然使ってないから、来年からは折を見て使うことにしよう。





先生のカードをお借りして、来年の指針づくり。



かなり納得というか思い当たる節アリアリのカードが出た。
手帖に転記して、何度も見返したいと思う。





講座の後は、楽しい楽しいお食事会。




新米パーティの時に腕を振るった、UさんとTさんが今回も
豪華で美味しいお料理を用意してくださった。
 
 
トマトのカプレーゼ風。(カッテージチーズ使用)
いいオリーブオイルを使ってるんだろうなー





甲州ビーフ。
タコ糸は巻かないでフライパンで両面蒸し焼き。





ポテトサラダ。(お芋は「きたあかり」使用)
オトナの味付けということで、セロリ・黒胡椒をふんだんに使用。
パルメザンチーズも入っているそうだ。
見た目も味もとっても素敵~





粒マスタードをたっぷり使ったマリネ。





カブと白菜のホワイトソース煮込み。
甲州地鶏のミートボール。
「女の味方」の生姜をたっぷり使っているとのこと。
柔らかくておいしかった。
柚子が入っているのがちょっと意外だったが、
とてもいいアクセントになっていると思った。
最後の煮込み+飾り付けとして加えているそうで、
控え目なさわやかさがよかった。





富士桜ポーク。
周囲の緑は、東京ではめったにお目にかかれない
ちぢみほうれん草。
味が濃くておいしい。
「(塩ブタ)チントン」という名前で調理法がわかるが、
なんだか信じられない。

いい塩や胡椒を使っているそうだ。
(岩塩をすりこんで下ごしらえをしっかり)
塊肉だからぱさぱさにならないようだ。
刻んでサラダやチャーハンに入れてもおいしいとのこと。





写真を撮らなかったけど、「年越しそば」として、
戸隠のお蕎麦も登場。
添えてあった大根は辛み大根というそうで、
ミキサーを使って大根おろしにしたというお話だった。
お蕎麦もおつゆも大根もネギもとっても美味しかった。




ノンアルコールの美味しい飲み物♪




とっても美味しいパン。





明美先生がお持ちになった「北海道開拓おかき」と
ちょしさんの香港土産の美味しいクッキー。





クリスマスバージョンの缶がめちゃくちゃ可愛い。
モデルのくまさんのぬいぐるみは売っているのかしら。



今度香港に行く時には買いに行きたいなぁ・・・






嬉しい嬉しいケーキタイム☆


http://leblanclafille.blog133.fc2.com/


そういえば23日から毎日ケーキを食べてるわ。。。




12月23日自宅のクリスマス会。




3人分同じのが買えなくて、息子だけコレ。
(ビクティニに見つからないように食べなければいけないらしい。
 このポケモンはマカロンが大好きなんだとか)





翌日はママ友一家とクリスマスランチ。
その後「遊びランド」(ホントは全然違う名前だが、子どもたちはこの名称を使う)で
さんざん遊んで、夜は休日出勤した夫が買ってきたケーキを食べた。
・・・・半額シール付(笑)
(新丸ビルの成城石井で購入した新杵堂のブッシュドノエル)

端っこのチョコは二枚とも息子が食べてしまった・・・




筋肉痛になるくらい遊んだとは言え、
20時過ぎのケーキはいかがなものか・・・
美味しかったけど!!



(結構大きいケーキだった・・・二回で食べてしまった・・・一切れが大きかった・・・・汗)





今日のケーキも非常に美味しかった~




クリスマスくじ(?)の景品をいただいた。

可愛い巾着と天使のピンバッジとパック。
巾着はなんだかメロンみたい。

めぐみさんのクリームイエローの巾着、
ちょしさんのイチゴケーキ見たいな巾着も非常に可愛らしかった。


それにしてもこんなSweet&Lovelyな巾着には何を入れたらいいのかしら。
今、自分の手元にあるものの中では、この巾着に合うものは皆無。

(帰宅してから、何を入れたらいいかなぁと眺めていたら、息子が欲しそうに見ていた。 
 「爆丸」を入れるのにちょうどいいサイズだと思っているらしいが、
 こんなステキな巾着にあんなの入れられるか!!)



最後にOVEでお茶。
ご参加の皆様からさまざまなお話を伺えてとても楽しかった。






さてさて、いよいよ今年も大詰め。
2011年をいい形で締めくくって、2012年が気持ちよくスタートできるように、
整理したり、片づけたり、計画したり、準備したりを丁寧にやっていきたい。



明美先生、楽しい講座をありがとうございました。

ご参加の皆様、素敵な時間をご一緒させていただき、
ありがとうございました!!








コメントは受け付けていません。

2011年 12月 19日

ハワイアン・クリスマス(笑)

カテゴリー 生活一般







17日(土)にMちゃんとウチの家族とで
クリスマス会兼忘年会。
 
 
 
本当は忘年会は別にやりたかったけれど、
Mちゃん一家は今年の年末年始は釜山へご旅行。
 
・・・なので、クリスマス会兼忘年会になったのだが・・・
 
 
会場予約を承ったものの、どこへ電話しても満席。
クリスマスは翌週だぞー 
年末まで2週間あるぞー
などと思いつつも、もっと早めに押さえておくべきだったと大後悔。
イタリアンのフレンチも中華も全滅。
・・というほどお店の数があるわけじゃないが。
徒歩圏で、となると、さらに限られるし。
 
 
 

ここなら大丈夫だろうと思ったイタリアンがダメだったので、
どうしよう・・・とため息をついたところで、ふと浮かんだのは、
夏に一度行ったハワイアンのお店。

ネットで検索するときれいなホームページがでてきた。
おそるおそる電話すると、なんとOK!!

やったー
早速Mちゃんにメールした。

「まじでハワイ行きたかったですー」
という温かいお返事にホッとした。




当日の夕方、橋の上から見た景色。



12月の風物詩。





当日の待ち合わせは駅前の無印良品。
お店の入口で、息子に「ここでMちゃんと待ち合わせ」
と説明したところ、いきなり
「Mちゃーん! Mちゃーん!」
と言いながら店の中へ駈け込んでいった。


「やめなさい!」
と追いかけたら、商品棚の間からMちゃんが出て来て
飛びついた息子をがっしり受け止めてくれた。



それから3人でお店に向かう。
(夫は自宅から直接お店に行くと言っていたので)



お店は駅から5分強といったところ。



やはりランチのときとは雰囲気が違う。
クリスマスツリーもあるし。

それと、いかにも南国の海!といった感じの
大きな写真が飾ってあった。
JEEP ISLANDの文字。


ジープ島・・・???


夫が来たので、まずは乾杯。
ヒナノタヒチビールを注文。




Mちゃんによると、ヒナノというのは、
日本語の「ハナコ」という名前のイメージに近いのだとか。
子どもが女の子だったら、
ヒナノという名前をつけたかったそうだ。



オトナはビール、息子はジンジャエールで乾杯。



Mちゃんは息子になぞなぞの本をプレゼントしてくれた。
彼女の二人の息子は今なぞなぞブームで、
電話のたびになぞなぞに答えさせられているそうだ。
(Mちゃん家男組は関西生活中・・3月には戻る予定)



料理をどんどん注文。

サラダ




合鴨



フライドポテト(山芋も揚げてある~)



スパムむすび




どれもこれも美味しい。
(おいしそうなものを沢山頼んだんだけど、
 実際とってもおいしかったんだけど、
 写真撮ってないお料理の方が多いかも・・・汗)



パイナップルのワイン・・・口当たりが良すぎて怖い(笑)



カクテルも注文。

ナントカレッドとピンクナントカ(笑)
カタカナの長い名前は覚えられない・・・




グリーンナントカだったか、ナントカグリーンだったか・・・



カクテルのメニューに書かれていた商品名には、
レッド、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクなどの
色を示す言葉が入っていたので、思わず
「ゴレンジャーみたい・・・」
と呟いてしまい、同世代の二人(Mちゃんと夫)から
「ちょっとそれ、ふるすぎー」
と笑われてしまった。

ふるすぎーってわかるのもアレだと思うが・・・
若者は知らないだろうし。

そういえば、ゴレンジャーは白黒テレビで見ていたから、
目のところにある図形(?)のカタチが重要だった。
モモレンジャーはハートだった。
キレンジャーは体型でわかった。(笑)



デザート。
嗚呼、アメリカーという感じ。






店内のディスプレイでずっと流れていた美しい海の映像は、
JEEP ISLANDらしい。

入り口脇のミニ写真展(?)の写真も全部JEEP ISLAND。


「きれいだねー」
「いってみたいねー」
などと話しているときにスタッフの方が
お料理を持ってきてくれたので、
早速、MちゃんがJEEP ISLANDについて質問した。
「詳しい人を連れてきますね」
といって、マダム(なのかな?)を連れてきた。


とても小さい島で、宿泊施設は男女別になっているそうだ。
これは、私たち(Mちゃんと私)については
素晴らしすぎること!!・・笑

(夫は「いやだー」と言っていたが)


JEEP ISLANDの公式ページ
http://www.jeepisland.com/
このサイトの説明だと、宿初施設は、
男女別にもできるし、そうじゃない使い方もできるようで、
臨機応変に対応可能みたいだが。



身体を鍛えて、お金を貯めて、
数年内に行きましょう!ということになった。

そして、3月にはM家男組帰還パーティを
盛大にやりましょう!という約束もした。


ついでに、鬼が大笑いしそうだけど、
来年の年末も、変わったレストランで忘年会しましょうと
いうことになった。


去年はインド料理、今年はハワイ料理・・・さて来年は??

インド忘年会(2010年12月)
http://www.m2-dream.net/?p=4589


帰りの道は寒かった・・・
でも、ビールとワインとカクテルのお陰でほかほかだった。



・・・翌日は結構な二日酔いだったけど。
量が少なくても、いろいろな種類のアルコールを飲んだらダメなんだなー
若いころは大丈夫だったんだけどなぁ・・・
昔と同じようにはいかないんだから、自重せねば。



大味と言えなくもなかったが、
やっぱりこういう「ドーン!!」というデザートを
大勢で食べると楽しいな。



また近いうちに何か美味しいものをみんなで食べたい。






コメントは受け付けていません。

2011年 12月 12日

クリスマス会

カテゴリー 生活一般

 



 
12月11日。
実家でのクリスマス会。


勤務が不規則な義弟もお休みの日だったので、
久々に一族勢揃い。




開会に先立って、ダイエーで子どもたちのプレゼント購入。


爆丸狂の息子は、またしても爆丸をリクエスト。


単品で買えばいいのかと思っていたのだが、また「壮大なセット」が欲しいという。
ちょっと贅沢すぎる金額なので、おば二人&ばばからということにしてもらった。


姪っ子は可愛いシャーペンと手帖とノート、それにおしゃれな手袋。
ベビーカーで爆睡していた甥っ子にはミトンとズボン。






穴山のヒマラヤスギの松ぼっくり(?!)その後の様子。





姪っ子の歯の矯正が始まり、
4時から歯医者に行かなければならないというので、
予定を変更して、ケーキを先に食べることにして
クリスマス会スタート!!



開会の挨拶では、司会の姪っ子+息子が
「日独交流150周年記念のクリスマス会を始めます」
と宣言したのにはびっくり。


そっか、150年なのか。
両親+姉が10月にドイツ旅行に行ったから、
二人に教えたのかな?



その前に全員でクリスマスの歌をうたった。
オトナになっても、赤鼻のトナカイを歌えるなんて、
貴重な機会なのかもしれない。


歌の後は、子どもたちに改めてばばからプレゼントの贈呈。
(ダイエーで買ったものをもう一度渡すという・・・笑)


甥っ子はミトンを見て喜んでいた。




続いてルブランさんのケーキ登場!!






デコレーション用のチョコクッキーや
透明なサンタやトナカイの飾りがついていて子どもたちは大喜び。

姪っ子と息子がケーキの上に慎重に乗せていた。








ケーキタイムの後、妹と姪っ子は歯医者のため中座。

その間、のんびりムードでパーティ準備。


先々週、義理の息子(=夫)につきあってもらってノートPCを購入した父は、
引き続きレクチャーを受け、いろいろ設定してもらっていた。


とにかくマニュアルを読まない&機械類にめっぽう弱い人なので、
教える方はかなり大変かも。。。






姪っ子たちが帰ってきて引き続きパーティ準備。

姪っ子と姉は別室にこもってビンゴの景品の袋詰め。
(各自持ち寄ったものをシャッフルして、紙袋に詰める)



準備が完了したところで
数年前に100円ショップで調達したビンゴカードが配られ、
恒例のビンゴ大会、スタート。


数字が書かれた単語カードの束を姪っ子が指でしごいていくので
順番に「ストップ」をかける。


その時にカードに書かれていた番号が読み上げられるので、
ビンゴカードを折っていく。


列を全部そろえると時間がかかるので、
今年からは「4つ並んだらOK」というローカルルール適用。
(それでもなかなか4つ並ばない・・・)



景品置き場には中身が見えないようにした紙袋が
まとめておいてあり、ビンゴになった人から順に
好きな紙袋を取っていく。


全員が紙袋を手にしたところで
「紙袋、オープン!」


ここで、適宜物々交換。


自分が出した品物が戻ってくることもあるし、
明らかに子ども用として入れたものが、
オトナの紙袋に入っていることもあるので。




終了後、夫は「今年の賞品はよかったですね」との爆弾発言。


(これまではそんなに悪かったのか~???)

(自分が意図していない解釈も可能だということに
 あまり注意を向けない人なんだろうな・・・)



来年のクリスマスビンゴは、
さらなる進化を遂げなければならないようで、
「どこかへお出かけしたらビンゴ賞品を調達しなければならない!」
なんて話も出て、みんなで大笑い。





「食事の部」開始。



まずドイツワインで乾杯。
(ドイツ旅行中にワインセラーで選んだというワイン)




私は帰りの運転手だから飲めなかったけれど
とってもとっても美味しいワインだったらしい・・・涙

代わりに右側の「ブドウそのもの」という感じのジュースで乾杯。





ご馳走の数々。





ゴマ風味の豚薄切り肉&レンコンのサラダ。





イベントの度にリクエストがある「じじ特製ポテトサラダ」




「酸っぱい好きクラブ」から絶大な支持がある梅レンコン。




クリスマスバージョンの押し寿司。
上にのっかってるお花が大人気。
(スモークサーモンと生ハムじゃ、そりゃー当然おいしいでしょうよ・・・)

下の二色酢飯もとってもとっても美味しかった~






妹がダッチオーブンで作ったチキン。
味がしみててとっても美味しかった~


ダッチオーブンってめちゃくちゃ重いのね・・・
「どこで買ったの?」ときいたら、
「アマゾン・シーオージェーピー」との返事。
配達の人も大変だ・・・(笑)




春菊を使ったキッシュ。
母は二皿焼いたのだが、あっという間に完売。
ワインにとっても合う味だったそうだ。
(あー・・・飲みたかった・・・)






味がしみた煮物~
炊きたてご飯にとってもとっても合いそうだった。




それにしても、一族揃って御馳走を食べるのは楽しいなぁ。



年明けの初顔合わせは1月2日に決定。
 
さらに、来年、父は喜寿だというので、そのお祝いを
横浜中華街でやることも決定。




中華街での10人御一行様はちょっとキツイかもしれないけど
(とにかく自由を愛する人たちなので・・・)
美味しいものをたくさん食べて、いろいろおしゃべりしたいなぁ。


コメントは受け付けていません。

2011年 12月 05日

至福・口福

カテゴリー 生活一般

 
 

 
2011年12月3日 
二度目のLe Berkeley。





一回目はズタボロの夏だった(自分の選択の結果だけど)。
・・・いろいろとささくれだっていたので、
お料理の美味しさが身に沁みた(笑)。
 
 
 
こちらのフレンチレストランはご夫婦で経営している。
ご主人はシェフ、奥様はフロアのご担当。
 
 
 
案内された席に座ると
「夏に来てくださいましたよね♪」
 
 
!!
・・・覚えていてくださった!
 
 
 
きっとこのお店のお客さんは23区内にお住まいの方が多いんだろうなぁ。
我々に対しては、「地の果てからはるばる来た」みたいなイメージがあるのかもしれない。
 




 
 

前回同様、シェフのお任せコース。
 
 
夏に来た時は、アユのパテ+メロンという
「衝撃の取り合わせ」に大感動。
 
 
今回のアミューズは、カツオのマリネ。
ラタトゥユ添え。
 


カツオくん・・・なんだか別人みたいだよ(笑)




続いてサンマ。
添えてあるのはサンパの内臓のパテ。
 
 
もともとサンマは好きだけど、
これ、とってもおいしいよー おいしいよー


このサンマちゃんの写真、シェフのブログに何度も登場している。
 
 
アメーバピグっていうのかな? 似顔絵みたいなやつ。
ご主人そっくり・・・そっくりすぎ・・・(笑)
 
http://ameblo.jp/leberkeley-restaurant/
 
 
 
 
このお店を知ったのは、「謎の美食紳士」のブログから。
彼が何歳くらいなのか、どういうお仕事をしているのかは
勝手にいろいろ想像しているが、本当のところはわからない。
 
 
この美食紳士が、何度も何度もブログに取り上げ、
大絶賛していたのが、Le Berkeley。
 
 
  
どうしてもこのレストランで食事してみたくなって行ったのだが、
本当に大至福・大口福な体験だった。
 
 

シェフのブログが楽しくて頻繁にチェックしているが、
奥様のお話によるとiPhoneを購入したそうで、
写真付きでの更新が増えているとのこと。
 

ブログのスタートは今年(2011年)1月。
自分たちのお店を作ることを決めて、
いろいろな(ありとあらゆる)準備をしている時のことが
書かれている。


やっぱり、やるべきことは、
ちゃんとやらなきゃいけないんだよな・・というのがよくわかる。


自分がどうしたいかをハッキリさせて
(店を開くのなら、どんなお店にしたいのか)
じっくり考えて、とことん考えて
そこからブレないようにしないと
いけないんだろうなと思う。
 
 
もし、ブレるとしたら、どこかでムリしてたり、
自分の本当の気持ちをちゃんと理解していなかったって
ことなのかもしれないな。
 



今回で二回目だから、
そんなにいろいろわかるわけでもないんだけど、
座っているだけで幸せな気持ちになるお店だから、
ご主人と奥様の「こうしたい!!」
という希望とか想いが、形になったんだろうなぁと思う。



 
 
二種類出てきたので、夫と半分ずつシェア。 

鴨のパイ包み焼き


鴨ってやっぱりおいしいよー

「いいカモ」とか「カモネギ」なんて言葉はいい意味じゃないけど、
鴨の美味しさがわかると、
やっぱり「カモ」を使わざるを得ないのかもしれないなあと納得(笑)。



エゾシカのカルパッチョ


これも美味しい・・・おいしいよー
上に乗っている大きなキノコ、
夫はシイタケだと言い張るが・・・
味はシイタケっぽいけど、
断面はこんなカタチじゃないのでは??
(こういう風に切れるかなぁ?上手に切ればこうなる??)
シイタケってキノコっぽい形を保った状態で、
こんなに大きくなるっけ??

  

貝のスープ。
(ムール貝、ツブガイ、ヒメガイ etc.)

 
夏に食べた貝のスープもおいしかったけど、
今回のも「貝好き」にはたまらないお味。
(・・・おかわりしたかった・・・) 
 


お魚料理はヒラメ。気分は竜宮城の晩餐会(笑)


  
  
ハト料理。
ただただ至福・・・
 
 
 
 
 
 
お口直しの洋ナシの赤ワインコンポートのシャーベット
大感動・・・おいしすぎる・・・


(お口直し・・・普段の食事でも出てくればいいのにー
 でも、誰も作ってくれないから自分で作るしかないけど、それはやだ)
 
 
お皿を下げに来た奥様に
「すっごくおいしかったです・・・」とお伝えすると
にっこり微笑んでくださった。
 
  
 
 
デザートはチーズケーキとチョコレートのテリーヌにした。
さんざん迷って、二種類選び、「はんぶんこ」することに。 
 
 
このチーズケーキはシェフのブログによると
「通販して、沢山の方に食べてもらいたいくらいな気持ち」とのこと。
ホントにおいしい!!
 
ご本人が一番ファンだそうで・・・作る時も楽しいんだろうな。
 
  

チョコレートのテリーヌ。
 
 
「オトナの味わい」でこちらもとっても美味しかった。
90年代半ばに何度か行った、パトリス・ジュリアン氏のレストランでも
こういう感じの濃厚で美味しいチョコレートがあったなぁ・・・
 
 
 
前回同様、今回も、とてもとても至福・口福な時間だった。
次はいつ来られるかなぁ・・・
 
頻繁に来られる人がホントにホントに羨ましい・・・


 

コメントは受け付けていません。