アーカイブ 2011年4月

2011年 4月 23日

クレオパトラ

カテゴリー 生活一般



コーヒーの豆が切れたので、買いに行くことに。


「雲行きが怪しい程度」だと思って、
カメラと傘を持って出たところ・・・




・・・・暴風雨。

でもコーヒーが飲みたいので、
コーヒー豆屋さんへGO!(笑)


せっかくだから写真撮影。
(カメラに気を取られていたら自分がずぶぬれ・・・)

 






コーヒー豆屋さんはうちから徒歩15分くらい。


開店一周年のお祝いのお花が飾ってあった。


店長さんは素朴で一生懸命な感じの男性。
大体焙煎をやっている。

スタッフは、ホスピタリティに溢れる美人ママさん。
(幼稚園児のお子さんがいる)
彼女が接客担当。


前回買った豆の名前、
酸味が強いコーヒーは苦手ということを話し、
「オススメはありますか?」
と聞くと、


「『クレオパトラ』はどうでしょう?」


オススメだというし、酸味が少ないらしいし、
名前に興味津々だし・・・コレに決定!(笑)
 

豆を焙煎している間、美味しいコーヒーをいただいた。




このコーヒー豆屋さんでは、
焙煎を待つ間にテーブル席かカウンターで
サービスのコーヒーが飲める。
(と~っても丁寧に淹れてくれる!)


帰りには、雨は止んでいたが風が強かった。


川沿いの菜の花に惹かれて、土手に下りてみた。
すごい風で菜の花はじっとしててくれない・・・(苦笑)




帰宅すると早速「クレオパトラ」を淹れてみた。


「すごくいいにおいだねぇ」

紙タワー片づけ中の夫が部屋から出てきた。


コーヒー豆屋さんで買ったティラミス風味の
ウエハースを食べながら、コーヒータイム。


ネットで「クレオパトラ」を調べてみた。


コーヒー屋さんのサイトより、
クレオパトラの宣伝文句。


【その1】
>コロンビア・コーヒーMAMsエリアの
>VALLE DEL CAUCA州ミランダ農園で
>「ティピカ/ブルボン種」を栽培、完熟した赤実のみ手摘みし、
>水洗処理後「天日乾燥」を行っています。
>農園主セザール氏が持つ同農園は、
>COLOMBIA SPECIALTY COFFEEに認定されております。
>「クレオパトラ」の名は農園主セザール(シーザー又はカエサル)氏の
>名前から由来しています。雑味がなくマイルドで豊かな香りが特徴です。


【その2】
>南米コロンビアに縦断する大きなアンデス山脈の西側、
>標高1700〜1850メートルの山肌で栽培されている。
>太平洋からの強い海風とアンデスよりの山風に育くまれ、
>カフェテロたちの手により丁寧に収穫され、
>コロンビアスペシャリティコーヒーに認定されているコーヒー豆。
>クレオパトラの名は農園主セザール(シーザー又はカエサル)氏の
>名前から由来。
>雑味が少なく、滑らかな深い味わいと香りはコロンビア産コーヒーの特徴で、
>中でもクレオパトラは苦味のキレが良く、
>後味には甘くまろやかな味わいが残ります。
>コロンビアの最上級品と呼ぶに相応しい逸品。


クセがなくて、とてもおいしかった。


豆がなくなったら、またあのお店に買いに行こうっと。










コメントは受け付けていません。

2011年 4月 18日

パワーアップ講座(4月)

 
 
 
本日は、明美先生のパワーアップ講座に参加。
 
kemiのパワーアップ講座
~御朱印帳の使い方~
 
 
 
会場は、南青山のラ・アンジェ。
 
サロン「ラ・アンジェ」
http://laange.jp/


明美先生 Magical Carpet
http://www.magical-carpet.com/


 
前回講座の様子。
http://www.m2-dream.net/?p=5626
~MYガイドブックを作ろう~
自宅からあこがれのあの場所へ、私のための手作りガイドブック
 
 
 
 
前回の講座では、癒しのお花だったが、
今回は、燃えるような情熱を感じさせる艶やかなお花。
バラ(バーニングラブ)とサルサ。
 

 
赤いお花からは力強いパワーがもらえる気がする。
 
 
真紅の花束:アトリエ オルタンシア
http://www.hortensia.jp/
  
 
 
お楽しみのおやつはコレ!

フランス菓子 ルブラン(水戸市仙波町)
http://www.leblanc.co.jp/
 
 
 
 
 
今回は「御朱印帳」がテーマということで、
明美先生はたくさんの御朱印帳をお持ちになっていた。
 
 
御朱印帳というのは、だいたい「ありがた~い雰囲気」なのだが、
招き猫発祥の地の神社の御朱印帳は、こんなにカワイイ!!

 
 
御朱印帳は、お寺で写経をし、納めていただく時の
「納経帳」「納経印」がルーツだそうだ。
 
 
そのうち、参拝した時に御朱印をいただくようになり、
神社でもいただけるようになったとのこと。
 
神社・仏閣とご縁が結ばれるという意味があるそうだ。
 
 
御朱印はたまに印刷のこともあるが、たいていは手書きなので、
唯一無二のものと言える。
誰かと一緒に行って、同じ人に書いてもらったとしても、
やはり、微妙に字形は変わるし、印の位置も正確に同じにはならないから。
 
 
御朱印帳の例を見ながら、何が書いてあるのかとか、
押してある印の意味などを教えていただいた。
  
 
明美先生がご説明してくださったように、
神社と仏閣では、御朱印の雰囲気はちょっと違うし、
門前町があるような有名な神社や仏閣の御朱印は、
洗練されているというか、迫力があるというか、
そんな感じだった。
 
 
こうやっていろいろな意味や由来を教えていただけると、
自分の中ではスタンプラリーのような認識だったものが、
一気に意味のある「日本の文化」になるから不思議だ・・・(笑)
 
 
戦国武将が好きなら、好きな武将のゆかりの神社を巡ったり、
ご紋にちなんだ神社めぐりも楽しいとのこと。(菊、梅、葵など)
 
 
 
会場の義援金の募金箱の近くには、さわやかな黄色いアレンジメントも!
黄色も元気になれそうな感じがしていいなぁ~

 
 
 
とても明るい気持ちになれる。 
 
 
 
アトリエ オルタンシア
http://www.hortensia.jp/
 
 
 
 
  
その後は、明美先生が仕入れてきた茨城県のお野菜を使ったランチ会。
 
  
ベジタブルパーティー
~新鮮な野菜を楽しみましょう~
 
 
お料理してくださったのはご近所にお住まいのGさま。
Gさまの素晴らしすぎるお料理については、かねてからお噂を伺っており、
いつか、機会があったらぜひ!!!と思っていたのだが・・・・
 
今日、ついに!! その望みが叶った!!!! 
 
 
 
あまりの美味しさに大感激!!
 

お野菜の味を活かしつつ、というか、魔法の技で
美味しさを引き出しているという感じ。
 
 
 


 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
  
「せっかく作るんだから美味しく作らなきゃ」
「何か一つ手順を省略したら、別のものになっちゃうでしょ?」
あああああ・・・・台所に貼っておきたい御言葉です!!!
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
絶品たたきごぼうとか、甘いパプリカの鮮やかなお料理など、
夢中で食べていて写真が撮れなかったお料理も・・・(涙)
 
こんなにすごいご馳走をおひとりで作れるなんて、
やはりGさまはすごすぎる・・・・!!!
   
 
  
胃袋があと5つくらいあったらよかったのに・・・・
 
 
 
デザートも素晴らしく美味しかったんだけど、
とーーーっても上品な甘い誘惑に負けて、写真を撮り忘れた・・・(涙)
(食べてから気づいた)
 
 
 
明美先生は「被災地支援」に熱心に取り組んでいらっしゃる。
「義援金セミナー」として開催した講座で集まったお金を
野菜や地元の食材を使った洋菓子の購入に充て、
それをセミナー参加者に還元するという形で、
お金を回していくやり方は、とてもよいと思った。
 
 
倒壊した建物や壊れた道路を直すためのお金はもちろん重要だけど、
人々がその土地で生活し続けるためには、
一方通行ではなく、お金が循環するシステムを作る必要があると思う。
 
 
「Tokyo Midtown presents The Life MUSEUM」の3・18の
インタビューの中で、被災した酒蔵(岩手?)の主も、
被災した地域のモノを買ってほしいと話していた。
 
 
 
これからも、自分ができることを、少しずつでも長い期間やっていきたい。


  
 
  
本当に素晴らしい、心も体も大満足の一日でございました!!
ご馳走様でした!!! & どうもありがとうございました!!!

お土産のトマト、甘くておいしくて、まるでフルーツのようでした。
(危うく独り占めするところでございました)
   

 
 


コメント(2)

2011年 4月 16日

お花とカフェ

カテゴリー 生活一般

 
 
 
明日、参加する予定のイベントで、突然壇上に上がることになってしまった(滝汗)
9人の方々と一緒とはいえ、緊張することこの上ない。
 
そうでなくても「大丈夫かなぁ」「なんとかなるのかなぁ」と
不安満載なお役目が控えているのに・・・(涙)
いやいや・・・気を大きく持たないと!
(でも、やっぱり不安・・・苦笑)
 
 
 
お天気がいいし、外は気持ちよさそうだから、
散歩がてら、お昼を食べに行くぞ!ということにした。
 

 
外に出ると、ポカポカではなく、暑い!!!
上着はいらなかったなぁ・・・ホントに暑いぞ!
帽子や日傘を持ってこなかったことを後悔するくらいの強い日差し。
 
 
 
春といえばタンポポ。



もう綿毛になってる。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
公園の枝垂桜。 とっても綺麗!! 

 
 
こいのぼり。

 
 
こいのぼりとひこうき雲


 
水面に映るこいのぼり。

 
 
細い道に沿って並ぶ民家の前には、フラワーポットに植えられたたくさんのお花。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
行きつけのカフェである「ネロくんち」に到着。 
 
 
昔からあるランプ。

 
 
また新しい子が・・・(笑)

 
 
誰か沖縄に行ったのかな??

 
 
ネロくん寝てます。

 
 
 
 
滋味ごはん。

 

心も体もじわ~っと元気になっていく。
 
 
 
 
 
 
あ! ネロくん、起きたー!

 
(でも、しばらく寝ぼけて(?)ボーっとしてました・・・)
 
 
食後のコーヒー。

 
 
息子はお気に入りのチーズケーキ。

(よく食べるなぁ・・・また背が伸びるんだろう)
 
 
こんなにお天気がいいんだもん、ネロくんもお外に出たいよねぇ。

 
 
のんびり・ゆったりしてたら、
緊張とか「どーしよう!!」がだいぶ薄れた。
なるようにしかならないって気持ちになってきた。
 
 
帰り道でカラスノエンドウ発見。

エンドウになった頃、おままごとに使ってたなぁ。  
 
 
花の季節なんだなぁ・・・


 
 
急に暑くなって、季節がぐん!と動いた気がする。 
草や木の緑がずんずん伸びるこの時期、
植物に溢れるエネルギーが、日本を元気づけてくれるといいな。
 
 
 
 
 

コメントは受け付けていません。

2011年 4月 12日

ラナンキュラス

 
 
 
 
4月7日。
オルタンシアさんからラナンキュラスのアレンジメントが届いた。


アトリエ オルタンシア
http://www.hortensia.jp/
 
 
 
先日の明美先生の講座の時に、
落合先生から、参加者一人ひとりにフラワーメッセージを
いただくコーナーがあった。
http://www.m2-dream.net/?p=5626


私は「ラナンキュラス」と伺った。
 
 
花言葉をネットで調べてみた。
>溢れんばかりの魅力 名誉 名声、晴れやかな魅力、光輝を放つ
 
 
落合先生にアレンジメントをお願いしたら、
私に合うラナンキュラスが手に入ったら送りますというお返事だった。
 
 
そして、送られてきたのが、このアレンジメント。



 
カードが添えてあった。
>私の思い、パワーは永遠に続きます。

>「秘めたる力」
>「あなたは魅力に満ちている」
> ラナンキュラス花言葉





「花や植物は何も言わずにそこにいて、 
 耳以外のあらゆる感覚に栄養を与えてくれる」 

(メイ・サートン / ベター・ホームズ・アンド・ガーデンズ) 

2009年の2月の記事にもこの言葉を書いたんだけど・・・

本当にそうだなぁと思う。




暗いニュースが多くて、心に元気がなくなったら、
「耳以外のあらゆる感覚に栄養を与えてくれる」お花や木々から
パワーをもらおう。


耳には・・・
心地よい音楽や、楽しいおしゃべりかな。
元気な人の前向きな言葉からもパワーがもらえる。
自分からも、そういうものを発していかないとなぁ・・・
 
 


 
 
 
2009年の7月に書いた文章より
____________________________________
 
 
別の友達から聞いたのは、
「物事が起こった瞬間から、そこに結果を内包しているということ」

だから、
どの瞬間も大切にしなければならないし、
どの瞬間も悔いが残らない選択をする必要がある。


これは、お釈迦様の教えらしい。


「今、この瞬間に生きる」の意味が少しわかったような気がした。
 
 
____________________________________


>物事が起こった瞬間から、そこに結果を内包している

この時は、友達から聞いたとおりに書いたんだろうけど、
今の、この状況の中で読むと、なんだか深いものを感じる・・・
 
 
 

 
 
 
 
 


コメント(1)

2011年 4月 10日

花見日和

カテゴリー 生活一般

 
 
 
今日は一族(笑)で、お花見。

 
  
おにぎり、お稲荷さん、老舗のパン屋さんのパン、
ビール、野沢菜の漬物、梅干、おつまみなど、
「寄せ集め感」が否めない食料を持参。
 
 
おお! 咲いてる咲いてる!!

 
 

 
 
「胴吹き(どうぶき)の桜」。
樹勢が衰えた老桜に見られるものらしい。

 
 
 


 
 


私の子どもの頃は、「ドブ川度」が高かったが、ずいぶんきれいになった。

 
 

満開の桜は人を吸い寄せる(笑) 

 
 


今年、海外からのお花見ツアーはキャンセルが相次いでいるらしい。

 
 
 
こんなにキレイなのにねぇ。もったいない。


毎年、桜の季節が巡ってくると、キレイだなぁと思ったけど、
今年は、本当に、しみじみキレイだなぁ・・・と思った。 



 
ここにも胴吹きの桜。 

 
 


家族連れが満開の桜の下で笑っているのって、いいな。


家族全員が揃うのも、家族で食事ができるのも、
当たり前じゃなくて、ありがたいことなんだって、思った。 
・・・ものすごく、しあわせなことなんだ。



 
桜、さくら、サクラ。



いろいろあるけど、やっぱり日本っていいなぁ、なんて思った。


いろいろあっても、桜の木は春の魔法で、毎年ピンクの綿菓子になる。
日本のいたるところで、淡いピンクの綿菓子がふわふわしている。


桜の花は咲き誇った後、花吹雪になって散っていくけど、
その後すぐに、鮮やかな黄緑の葉が顔を出し、
五月晴れの空に、眩しいくらいの緑の葉を繁らせる。
 
新しい季節がまた始まるんだなぁ。


 
 

コメントは受け付けていません。

2011年 4月 06日

ポジティブなエネルギー

カテゴリー かんがえごと

 
 
 
先月、箱根に行ったのが、もう遠い遠い昔のようだ・・・ (2011.3.6)
 

 
 
箱根ラリック美術館
http://www.lalique-museum.com/

 
この5日後に、すべてが変わってしまったんだけど。
 
 
箱根ラリック美術館の「オリエント急行」。
コートダジュール号の中。
 

 
 
ラリック社のコレクション。

 
 
なんだか本当に遠い遠い昔のようだ・・・
  
 
 
 
 
 
 
関西在住の僧職の方のお話を聞く機会があった。
 
____________________________________________________________
 
 
関西は被災していないし、節電の動きもないし、
街には人が大勢いるけど、あまり活気はないらしい。
 
 
景気がイマイチだったところへ震災があって、
物流が滞ったり、部品や原料が調達できなかったり、
自粛ムードがジワジワ浸透してモノが売れなくなったり・・・
 
あまり元気ではないとのこと。
 
 
 
外側に暗いもの・ネガティブなものがあると、
人間の内側にある、同質なものが引き出されてしまうそうだ。
 
世の中が暗いと、心が暗くなるし、
暗いニュースばかりだと、どうしてもウツウツしてしまう。
 
 
 
しかも、今回の場合は実体のない漠然とした「不安」や、
なんとなくの「不穏なムード」ではなく、
地震・津波→大規模な被害・原発の問題→計画停電・健康被害等といった、
ハッキリした対象があるだけに、リアリティがありすぎて、
どうしてもふさぎこんだ気持ちになってしまう。
 
 
ネット上には、ネガティブな情報があふれ、
「~の恐れがある」が、いとも簡単に「~になってしまった!」に変化する。
 
 
もちろん、自分の身を守ることは大切だし、
買占めにならない程度の万一の備えは必要。
 
 
でも、自分以外のことにも目を向けるべき。
 
 
自分を主に考えすぎているから、どうしても主観的になる。
外側のネガティブなものに同調している状態で
モノゴトを考えたところで、ネガティブな要素しか見つけられない。
  
 
平穏無事な社会だったら、自分を主に考えても、
外側にネガティブ要素があるわけではないし、
通常の生活が送れる基盤が整っていたから、ナントカなった。
 
 
でも、本来はそれではダメ。
自分が、自分が・・・では、どこまでいっても我欲からは抜けられない。
 
 
自分の周囲の人のことや、
自分がこれまで受けていた恩恵にも目を向けなければいけない。
 
 
日本では、電気が使えるのも、きれいな水が供給されるのも
当たり前になっていて、ありがたみを感じることがなくなってきていた。
(蛇口をひねって出てきた水をそのまま飲める国は少ないそうだ)
 
本当は、電気も水も、大勢の人たちが支えてくださるお陰で
便利に使える状態になっていて、これは実に「有り難い」ことなのだ。 
(そういう状態で「有る」ことが「難い」=そういう状態にするのは難しい) 
 
 
 

 
 
 
 
今、外側にあふれているネガティブなエネルギーから自分を守るための
簡単な方法は「ありがたい」を感じること。
 
 
リアルに「ありがたい」「ありがたかったなぁ」を感じたり、
「ありがとう」を見つける努力をする。
(できれば、ノートに書きだしていく)
 
 
とにかく「ありがたい」と思うことで心を満たしていく。
 
 
これにより、自分の中にポジティブなエネルギーが
生まれてくるそうだ。
 
 
 
____________________________________________________________
 
 
 
こういうことをやったからって、
原発がどうにかなってくれるわけではないが、
 
パソコンやテレビの前で、
東電や政府の対応を猛烈に批判したところで、
すぐすぐ事態が好転するわけでもない。
  
 
でも、自分の生活や自分の未来を心配して
家に閉じこもって暗いニュースを眺めているよりは、
少しでも心をよい状態に保とうとする方が
ずっといいんじゃないかと思う。
  
 
心を前向きに明るくすることで
これ以上消費が落ち込まないように、
外食や買い物をしようとか、
チャリティーイベントに参加してみようとか、
そういう行動に結び付くなら、
結果として、良い方向へ進んでいけるのではないかと思う。
 
日本全体から見れば、微々たるものではあるけれど。
 
 
 
自分の外側・周囲にあるものと、
自分の内側にあるものが、リンクするのであれば、
楽しいもの、
嬉しくなるもの、
気持ちよいもの、
面白いもの、
美味しいもの、
美しいものに
囲まれていたいなぁと思った。
 
 
 
  

 








コメントは受け付けていません。

2011年 4月 03日

パワーアップ講座




本日は、明美先生のパワーアップ講座に参加。



kemiのパワーアップ講座
~MYガイドブックを作ろう~
自宅からあこがれのあの場所へ、私のための手作りガイドブック




会場は、南青山に移転したラ・アンジェ。

サロン「ラ・アンジェ」
http://laange.jp/index.htm


明美先生 Magical Carpet
http://www.magical-carpet.com/




明大前の最後の講座も、
南青山の最初の講座も明美先生の講座だった。
 
 




南青山のサロンも、とっても素敵~!!

明大前で目にしていた品々もちゃんとお引越ししていて、
南青山のサロンで、めでたく再会(笑)




玄関に置かれていた春らしいお花。
(アトリエオルタンシア)




アトリエ オルタンシア
http://www.hortensia.jp/








セミナールームには、義援金の募金箱も。
早速、募金させていただきました!






今回は「私のための手作りガイドブック」ということで、
明美先生は、ノートや可愛いシール、色とりどりのテープを用意してくださった。



それからガイドブック作成用の膨大な資料も!!!




作業に入る前に「行きたい場所」について、自己紹介を兼ねてひとりずつ話した。



私は奈良。
(飛鳥寺と石舞台にもう一度行きたいなぁ・・・)




テーブルの上には、アトリエオルタンシアの癒しのアレンジ。





そして、作業開始・・・と、いってもたくさんの面白そうな本に
気をとられてしまい・・・進まないーーーー




ただ、「泊まりたいホテル」の情報は入手した!
(これで一人旅orオトナ女子の旅に決定!!!)
http://www.narahotel.co.jp/





その後は高級スイーツのティータイム。


ルブラン ラ・フィールのオランダ風アップルパイ。
(日本ではこのお店だけとのこと)



ルブラン ラ・フィール(埼玉県所沢市)
http://leblanclafille.blog133.fc2.com/














ルブランの焼き菓子。(マカロンはルブラン ラフィール)



フランス菓子 ルブラン(水戸市仙波町)
http://www.leblanc.co.jp/
 

 
 

ティータイム中、明美先生がカードを引いて、
参加者一人ひとりにミニリーディングをしてくださった。



これから、一つハードルを越える予定なので、
心強いお言葉を頂いて安心した。




最後に落合邦子先生が、癒しのアレンジメントをひとりずつ分けてくださった。
フラワーメッセージ付で!!


私は「オレンジのラナンキュラス」とのこと。
花言葉をネットで調べてみたら、
>溢れんばかりの魅力 名誉 名声、晴れやかな魅力、光輝を放つ
などが挙げられていた。


中には「魅力ある金持ち」と書いてあるサイトもあり、
これって、すっごくいいなぁ!!!と思った(笑)


帰宅後、落合先生が送ってくださったラナンキュラスの写真。





帰りに、明美先生・ご参加の皆様方とランチをご一緒させていただいた。


とても楽しい一日だった。


どうもありがとうございました!!!




コメントは受け付けていません。