アーカイブ 2010年3月

2010年 3月 29日

結婚記念日のお花

 
 
 
3月27日の土曜日、息子を連れて実家へ行った。
この日は両親の結婚記念日。
 
 
 
今年もオルタンシアさんのお花を贈った。
(いつもステキなお花をありがとうございます!!)
1003dsc01513.jpg アトリエ オルタンシア
http://www.hortensia.jp/
 
 
お花は午前中到着し、午後私が実家に行くことになっていたのだが、
わざわざ電話をくれたので、とても嬉しかったのだろう。
電話をしてきたのは母だったが、父が電話をするように言ったらしい。
 
 
結婚記念日のお祝いの言葉を伝えると、
母は「だいぶ長持ちしました」と照れていた。
 
 
 
両親が仲良くしてて、元気に暮らしているのは本当にありがたい。
(不肖の娘たちはあいかわらず頼りっぱなし・・・汗)
 
1003dsc01524.jpg 
 
 
遊びに行くと、いつも父はおいしいコーヒーを淹れてくれるので
今年はコーヒー豆もプレゼント。
 
 
バターブレンドコーヒー♪
1003dsc01516.jpg 
 
ブレンダー寺口氏(ダンケ社長)によるバターブレンドコーヒーのサイト
http://homepage3.nifty.com/Kabutoyama/kabutoyama.html 
 
 
自分用に買った時は豆にしたけれど、
実家にはコーヒーミルがないので粉で購入。
 
 
(でも、このコーヒー豆はコーヒーミルに
 張り付くので粉で買うのが正解かもしれない)
 
 
せっかくだからケーキでも、ということになったけれど
「シャトレーゼでいいよ」というので、実家から徒歩5分の
シャトレーゼへ。
 
 
ショートケーキにしたかったが、、
専業主夫ライフがそろそろ終わる義弟は
「この手のものは厳禁」というコンディションらしいので(苦笑)
小さめのロールケーキにした。
(甘党なので、ちょっとかわいそう・・・)
  
 
お茶の時間はゆーくんも参加したがって大変。
言葉は喋れなくても、何かとっても楽しそうというのは
よくわかっているようだ。
「ボクも入れてよー」と言っているつもりなのか、
可愛い抗議の声を上げていた。
 
  
おむつをした大きなお尻で座ると安定感抜群!
1003dsc01519.jpg  
1003dsc01517.jpg  
 
赤ちゃんってホントに可愛い・・・!!
1003dsc01520.jpg  
1003dsc01535.jpg  
 
こんな体勢でよく眠れるなぁ・・(息子もやってたけど)
1003dsc01527.jpg 
 
 
こんな額が飾ってあった。
こういうのもいいなぁ。
1003dsc01525.jpg 
 
 
これは祖母の家に昔からあった置物。
たぶん、私より年上。
1003dsc01526.jpg 
 
 
 
 
両親は、DINKS時代が5年くらいあった。
子どもが生まれる前までは、毎年、年頭の夫婦の会話を
テープに録音していた。
 
 
私が小学生くらいの頃までは、オープンリールのテープと
オープンリールデッキが、本棚の下段に入れてあった。
使っている場面を見た記憶はないけれど・・・
 
カセットテープとは全然違う、大きなテープのことを
父に質問した時に、会話が録音されていることを
教えてもらったんだと思う。
 
 
オープンリールデッキは、ベージュっぽい色で、
スピーカーと思われる部分には、赤茶色の網みたな布が
くっついていたんじゃないかな。
 
ネットで調べると、オープンリールデッキの写真がいくつか見られるけど、
実家にあったものとは似ても似つかない。
あのデッキは昭和何年くらいの製造だったんだろう?? 
 
 
若いころの両親が何を話していたのか、
ずっと聞きたいと思い続けてきたけど
3年前の改築の時に、古いものはみな処分してしまったらしい。
 
 
そろそろ金婚式が近付いている両親。
これからも元気で仲良く楽しく暮らしてほしい。
 
1003dsc01531.jpg  
 
 
 

コメント(6)

2010年 3月 23日

エンジェル&パワーストーンの日(その2)

 
 
 
パワーランチの後は、パワーストーンパーティ!!
 
 
講師は石井めぐみ先生
http://www.megumiishii.com/
 
 
会場は、引き続き明大前のサロン「ラ・アンジェ」
http://laange.jp/index.htm
 
 
 
「パワーストーンを身につけて、大切にすることによって
 運気を呼び込もう」
 
という趣旨のパーティ
 
 
自分でオリジナルのパワーストーンブレスが作れるとあって
とっても楽しみにしていた
 
 
これはウチにある地味系のパワーストーン
1003dsc01501.jpg とっても地味だけど、あまり敏感でない私でも
何かを感じる気がする・・・
 
 
 
今回使うパワーストーンは、ブレスレットに使うだけあって
色とりどりのキレイなものばかり! 
 
 
まず、めぐみ先生から石の説明があった
 
 
調べれば調べるほどパワーストーンの奥深さがわかって
とても楽しかったそうだ
 
 
こういう知的好奇心をお持ちだから
いろいろなことが極められるのだろう
 
 
以下は、参加者に配られた資料の補足説明
  注)全て「このような効果があるといわれています」
    という前提での説明
 
 
資料は石の写真付きでとっても見やすいものだった
 
 
 
◆アクアマリン
水色の石
ヒーリングストーン
 
青:鎮静効果がある
  何かを静める
   止血・心を安らかにする
 
ブルーは知的な方面の色、聡明さ
 
 
◆アベンチェリン
グリーン:平和・心の平安
     精神のバランス 健康
 
身体を休めたい
これから何かを始めたい(グリーンが良い)
 
積極性・指導力・洞察力
石をリビングに→家族関係を良くする
 
 
◆アメジスト
紫:自分を守る・邪気を払う
  聖なる・天と通じる
古代エジプトの時代から「お守り」
霊感の強い人は余計なものがついたりしないように
紫の石を持つと良い
 
 
◆インカローズ:「情熱のバラ」
ピンク色の石
女性らしさ、愛情
情熱的な恋(攻めの恋)
  →ローズクォーツは静かな愛
失恋の痛手をいやす
女性的な魅力を上手に引き出す
 
 
◆エンジェライト
お守りの石
インスピレーションを得る
前に進めない・選択が困難
  →進むべき方向へ進めるよう、直観力が働いてくれる
 
 
◆オニキス
増幅する作用
(いいパワーを持っていることが大事)
悪いものを寄せ付けない
 
 
◆ガーネット
赤:血液の流れを良くしてパワーアップ
赤いものを身につけているとヤル気になる
 
昔は色を使って体を癒していた
赤   ⇔ 青
血を回す  血を止める
 
真実・友愛
人との交流・周囲とうまくやっていきたい
 
疑いやすい時
相手がわからない時
 →ガーネットで本質がわかるようになる
気持ちがグラグラしている時
 
 
◆カーネリアン
行動力の強化
行動的・活発にしてくれる
次に踏み出す勇気がほしい時→すぐに行動できる
婦人科系(血の道)のトラブルに効果がある
願い事が直接叶う
 
 
◆シトリン
黄色:財産・金運・開運・幸運
   しあわせを呼び込む
 
 
◆ソーダライト
濃いブルー
意思を強化
大勝負の前の恐怖心を消してくれる
自分のパワーを高める
悪習を断ち切る
強い意志が必要な場面でサポート
 
 
◆タイガーアイ
財運・金運
仕事の面で活躍したい
いい面を引き出したい
リーダーシップを発揮したい
 
 
◆ターコイズ
治療の石
声を使う商売の人が持つとよい
ターコイズを身につけると鎮めてくれる
誰かにプレゼントするとパワーアップする(より力が増す)
 
 
◆ピンクオパール
変化・チェンジ
いろんな色が見える
自分が変わりたい時
ヒーリング力を高める
ホルモンバランスを整える
 
 
◆ブルーレース
人間関係を円滑に
素直になれる
いい雰囲気を作り出せる
同性からも異性からも好かれる人になる
リビングに置いたり、子供に持たせたりすると
家族関係を良くするのに役立つ
 
 
◆ムーンストーン
リンパの流れを良くする
むくみを解消する
旅人のお守り
 
 
◆モルガナイト
J.P モルガンが愛した石
アクアマリンと同じ漢字
ピンクなので「女性らしさ」
優しさ・静かな愛情
  
 
◆ラピスラズリ
ポジティブな思考
 
 
◆ローズクォーツ
恋愛&癒し
女性らしさを上手に発揮したい時
 
 
◆水晶
すべての効果
一緒につけている石を浄化する
 
 
深い紙皿に入った石がテーブルに並べられていて、
どれを使おうかとワクワク
 
 
説明を聞いていると、どの石も入れたくなってくる(苦笑)
 
 
明るいグレーの「デザインボード」が配られた
U字型のくぼみがあり、そこに石を並べて、配色や
バランスを考えられるようになっている
 
目盛がついているので、長さもわかるようになっている
  
  
石が転がらないし、完成のイメージがわかるし、
とっても便利だ
(なんだかプロっぽい雰囲気だし・・・笑)
 
 
テーブルの石をあれこれ見て回り、
いただいた資料に書かれた石の説明を読みながら、悩む
・・・悩むといっても楽しく迷っているだけだが
 
 
デザインボードに並べた段階で、明美先生が一人ひとり見て下さり
アドバイスやおほめの言葉を下さった♪
 
 
デザインボードに石を並べてみて、決まったら糸を通していく
針の代わりに細い細い針金を使用
糸は「オペロンゴム糸 0.6mm」という、白っぽい半透明で
伸縮性のある糸→これを二本取りにする
 
 
大きな玉で、あまり透明度が高くない石を一番最初に通すと、
糸の結び目が隠せる
(大きく結びすぎると、石の穴に結び目が入らないが・・・)
 
 
最後に糸を結んで石に隠すのはちょっとだけ難しいが、
あっという間に出来上がるので、いくつでも作りたくなった!!
 
 
1本目はブルー系の石を集めた
いろんな色を順番に通しても可愛いが、グラデーションっぽくなるように
同じ石を3個ずつ通してみた
 
 
糸を結ぶ前はなんとなく「のれん」っぽいかなと思ったが
完成してみると、それなりに可愛い感じになった
 
 
違う石を隣同士にする時には、水晶を挟むといいそうだ
タイヤ型と呼ばれる、ちょっと平べったいものを入れた
 
 
 
1本目がすぐに出来上がったので、気をよくして
早速2本目に挑戦
 
 
今度は暖色系で行こう!
 
 
情熱のバラのインカローズの鮮やかな色が気になる・・・
でもこの石は追加料金がかかるし、ちょっとお高い
 
数秒間悩んだが、この美人な石を中心に据えることにした
 
 
鮮やかな深いピンク→オレンジ→ペールピンク→ミルキーホワイト
という石の中に、アクセントとしてオニキスの黒を入れた
 
 
石と石の間にはタイヤ型の水晶
 
 
服はこの配色にはしないけど、カバンとか小物だったら
この配色はいいなぁ
 
 
他の参加者の方々のブレスレットも見せていただいた
意外な色を選んでいても、ブレスレット全体で見ると
その方らしさみたいなものが感じられて、とても面白かった
 
 
完成したブレスレットは、自分で作っただけあって、愛着もひとしお☆
1003dsc01496.jpg 
 
 
楽しかったので、もっともっと作りたかった
 
 
季節が変わる頃に、またパワーストーンパーティを開きたいと
めぐみ先生がおっしゃっていたので、楽しみ~
 
 
今回は『寒暖二色セット(笑)』になったので、
次回は違うテーマで、全然違う雰囲気のものを作りたい
 
 
自分で手を動かして何か形があるものを作るのって楽しいんだなと
つくづく感じた
  
 
めぐみ先生、とても楽しく有意義な時間を
どうもありがとうございました!
 
 
パーティにご参加された落合邦子さんの作品はとても素晴らしかったです。
素晴らしいフラワーアレンジメントを手がける先生なので、
ブレスレットもとってもステキです!!

アトリエオルタンシア
http://www.hortensia.jp/
 
 
 
 

コメント(3)

2010年 3月 22日

エンジェル&パワーストーンの日(その1)

今日は、明美先生のエンジェルカードワークショップ&
石井めぐみ先生の「パワーストーン・パーティ」~♪
  
 
明美先生 Magical Carpet
http://www.magical-carpet.com/
 
 
会場は、明大前のサロン「ラ・アンジェ」
http://laange.jp/index.htm
 
 
 
明美先生のパワーストーンたち
1003dscf3303.jpg  
 
 
今回のエンジェルカードの紹介は「Godness Guidance」。
 
主な女神様のカードと対応するパワーストーンについて、
いくつか説明していただいた。
 
◇クンツァイト◇ (ヴィーナス)
明美先生は表参道の石屋さん「ノア」で25万円(!)でご購入されたそうだ
売っているお店は少ない
自分に合わないとめまいがすることも
波動を上げてから購入すると良いとのこと
ネガティブなものを解き放つ力を持つ
 
 
◇トルマリン◇ (フレイア)
いろんな色がある(7色くらい)
電磁波除け
気持ちのゆらぎを抑える→グランディング
 
 
◇ペリドット◇ (アテナ)
ハワイでは「黄色いダイヤ」と呼ばれるそうだ
 
 
◇セレスタイト◇ (マリア)
痛みを取る作用
ちょっとくすんだ水色
儚げな人が身につけるとパワーがもらえる
元気な人には合わないかも
 
 
◇ガーネット◇ (ガイア)
ネガティブを解き放つ
 
 
◇ゴールデンカルサイト◇ (セドナ)
方解石
透き通っていない感じクリーム色っぽい
 
 
◇ラリマー◇ (サラスバティ=弁財天)
天使とつながる石
メッセージを受けやすくなる
 
 
◇ターコイズ◇ (ニケ:ナイキの元になっている)
SMAPの木村クンが着用していたそうだ
勝利・自信
 
 
◇タイガーアイ◇ (バステト:夜になると猫に変身する)
中国人の金持ちが大きい玉をどんどん購入
値段が上がっている
 
 
 
今月のパワースポットのお話
~宇賀福神社(鎌倉):銭洗弁天~
 
 
1回目の参拝のときには日光で購入した御朱印帳を持参
社務所のおじいさんの御朱印帳は日付を睦月・如月・弥生・・・と、陰暦で書いてあり
12ヶ月分揃っていた(自分で書いてるから・・・笑)
 
 
そこで、明美先生はここで御朱印帳をお求めになり、
陰暦で12ヶ月分そろえようと考えた
 
2月に行ったら、おじいさんはいなくて、代わりの人は
「二月」と書いた・・・
 
3月にはまたおじいさんがいたので「弥生」・・・
 
 
明美先生のお話は本当に面白い♪
 
 
オーソドックスな参拝法
 
上之水神社:滝が流れている→降りていく
 →下之水神社:池があって鯉が泳いでいる
    →七福神社:七福神の木彫りの像
       →本宮:洞窟のような場所の手前
          →奥宮:お金を洗うところ<銭洗弁天>
 
 
本殿裏手に龍だか蛇だかの口から水がポタポタ落ちている場所がある
近くには滝のように水が落ちている
 
ここはとても力が強そうな感じ
ポタポタ落ちてくる水でコインを洗うといいかも
 
有り金全部とカードを全部洗っていた
中国人観光客&修学旅行生が寄ってきてみんなで洗った
 
ここで洗ったお金を使うと倍になって帰ってくると言われている
 
火打ち石みたいなもので、お清め(?)をしてくれる人から
「毎月来なさい それまでにお金が入るから」と言われた
 
 
宇賀福神社の本堂には鳥居がいっぱい
一番手前に鳥居+石碑がある
顔が弁財天で身体が蛇
ここが一番好き
行くとお告げを聞く
 
この場所はすごく気がいいので行くといいと思う
 
文治元年(1185)巳の月巳の日
源頼朝が夢の中で聞いたお告げに従って祭られた
すぐに行動した(←これがとても大切だそうだ)
銭洗いは北条時頼の頃から
 
 
鎌倉のスターバックスのお話(鎌倉御成町店)
 
横山隆一先生(漫画家)の邸宅跡地
http://www.starbucks.co.jp/concept/kamakura/index.html
すごく気がいい
日影茶屋(葉山)のCHAYAマクロビオティックスがコラボした店舗
 
 
 
Dream Card(浅見帆帆子さん)
http://www.forestpub.co.jp/dreamcards/
 
とっても不思議なお話があった
引き寄せの法則というか、心が通じ合うと、時空も言葉も超えて
何かが確実に伝わるというサンプルケースみたいなお話
 
 
 
神保町の不思議な石屋さんのお話 
 こちらもとっても不思議なお話だった
 
直感的にこれがほしい!と思ったものが、後々役に立つとか、
未来に自分がやることを暗示しているというサンプルケースのようなお話
  →明美先生はこの不思議な石屋さんで音叉を買ったが、
   その時はエンジェルのことは何も知らなくて、
   単に音がきれいで浄化できそうという認識しかなかった
     →この音叉は「天使を呼ぶ音叉」だった
        (本当に天使が降りてきそうなほど美しい音!)
 
 
 
最後に幸せの感じ方のお話
※これは人それぞれの受け取り方があるので、
 明美先生のお話を一緒に聴いていた方でも
 感じ方は違うかもしれない
 
 
あなたにとって幸せとは?
お金持ちになること?
外国に行くこと?  
  →これらは事実
 
 
ワクワクとか嬉しいという気持ちが「幸せ」
 →これを自覚するとどんどん幸せになる
 
 
ほしいものを手にした時の嬉しさをもっともっと感じる
その「感覚」「気持ち」を大事にすると、そういうものが集まってくる
 
 
 
~不安を感じていた女の子のお話~ 
おとなしくて控えめな感じの女の子がいたとする
かっこよくて、すごく素敵な彼氏がいたとする
 
彼は女の子の控えめな感じに安心感とか安らぎを感じていて
本当に好きだった
 
でも女の子は自分と彼とは釣り合いが取れていないという
不安な気持ちを持っていた
 
彼の気持ちを確認しようとした
いろいろ疑念が出てきた
 
彼の方は本当に好きなのに信頼されていないという感じがしてくる
 
女の子は彼を試そうとして「別れましょう」
 
彼はもうウンザリしていたので本当に別れることに・・・!!
 
 
でも、これは女の子の願いが叶った結果 
→自分とはつりあわない彼と別れられた=不安な気持ちから開放された
 
 
不安を持たないことが大切
 
水がコップに半分入っている or  半分しか入っていない
<<あることにフォーカスしましょう>>
(明美先生が昨日、ヒーラー向けの講座で教わってきたこと)
 
 
今、持っているものにフォーカス
今、起きていることは自分で起こしている
ネガティブは思わない
具体的に考える
漠然とお金持ちになりたい、ではなく、「いつまでにいくら?何に使いたい?」
ビジョンとして見られるなら、叶うのでは?
 
 
 
この後、明美先生はパワーランチのお仕度
ペアになって、カードリーディングの実践
 
 
ちょしさんにリーディングしていただいた
やはり・・・なんとな~く感じていたことが出てきた
忍耐はやっぱり必要ですよね~
ありがとうございました!!
 
 
パワーランチは絶品ホワイトカレーとシャッキシャキ新鮮サラダと
超贅沢デザート!
1003dscf3304.jpg   
 
とってもとっても美味しかったです!
すごーーく元気になりました~
ご馳走様でした!
どうもありがとうございました~
 
 
午後の部は石井めぐみ先生の「パワーストーンパーティ」
とってもとっても楽しくて、一瞬で時間が過ぎてしまった・・・
 
こちらは後日記事を書きたいと思います
 
 
完成したブレスレットは自作なので愛着もひとしお♪
めぐみ先生、ありがとうございました!!
 
 
 
 
 

コメント(3)

2010年 3月 21日

各種お祝いパーティ

カテゴリー 生活一般

 
 
 
今日は実家で各種パーティの日。
 
1.息子の小学校入学祝い
2.姪っ子の進級祝い
3.義弟の職場復帰祝い
    昨年12月から3月末日まで育児休暇取得→4月1日より復職
4.実家のテーブルお披露目(笑)
 
 
午前中は昨年からスタートしている『骨盤体操』
先生の結婚&引越し等で、1ヶ月以上ブランクがあったので、
身体を伸ばすと結構ピキピキ・・・
 
先生はあいかわらず別の人種のようななめらか&しなやかな動きだった。
 
 
あの動きに到達するのは、今生では無理そうだけど、
少しでも近づきたいものだ・・・
 
 
ゆーくんはハイハイしてた。
赤ちゃんはどの段階でもめちゃくちゃ可愛いけど、
お座り&ハイハイの時期も、ちっちゃいクマちゃんみたいで
とっても可愛い!!!
 
1003dsc01438.jpg  

 
 
実家のテーブルは一族で(笑)集まった時にみんながゆったり
座れるようにということで、大きいサイズにしたらしい。
 
 
前のテーブルは母の作業机になっていた。
・・・羨ましい。
椅子はそのまま残してあるので、なんだか椅子だらけだった。
古い椅子を2脚くらい譲ってもらいたいなぁ・・・
 
 
 
庭には花が咲き始めていた。
写真を撮った後、ゆーくんを抱っこして、小さなお花見。
 
ゆーくんはじーっとお花を見ていたけれど、何を考えていたのかなぁ???
1003dsc01440.jpg  
1003dsc01443.jpg  
1003dsc01444.jpg   
 
 
3時のケーキからパーティ開始。
 
カット前を撮りたかったが、ゆーくんの相手をしているうちに
ケーキカットが終わっていた・・・(涙)
1003dsc01468.jpg  
 
  
ボクは離乳食。
1003dsc01472.jpg  
 
デザートにはバナナを食べるんだ。
(お姉ちゃんがバナナをつぶす様子を真剣に見ている図) 
1003dsc01478.jpg  
 
 
その後、お庭で少し遊んだけど、寒いので家に入って、
姪っ子+息子チーム・姉・私の4人でしりとり大会。
 
姪っ子+息子チームは結構難しい言葉を知っていてビックリ!!
 
姉がおばあちゃん(=私の母)のサポートを受けているので、
姪っ子は「ズルイ!!」と何度も言っていた・・・苦笑
彼女はおばあちゃんがヒントを出しても「あたし、自分で考える!」と
頑張っていたので。
 
 
 
夕方からパーティ開始。
 
 
昔から母が春先に作ってくれるウィンナーコロコロ。
春ジャガ+ベーコン+インゲン+ウィンナーを
塩コショウ炒めて、粉チーズをかける。
 
春の定番料理。
1003dsc01481.jpg  
 
これも昔から作ってくれるゼリー寄せ。
大学時代に帰省した時には、必ず作ってくれた気がする。 
1003dsc01485.jpg 
 
 
「ちょっとブランクがあったので失敗しちゃった」という太巻き。
でも、母の太巻きは形がどうであれ、本当に美味しい!!
1003dsc01482.jpg 
 
 
食卓全景。
1003dsc01487.jpg  
 
ここのところ実家でのビールのトレンドは、サッポロ生ビール黒ラベル。
父、母、姉、義弟、妹、夫というメンバーだと、缶がすぐカラになる。
(今日は私が帰りの運転係だったので、私は梅シロップ・・・)
 
 
 
姪っ子と息子が遊んでいる間、大人たちはおしゃべりタイム。
 
 
保育園の話になったが、リーマンショック以降は、保育園の入園が
本当にものすごく困難になったとか。
 
 
妹の場合も、結構大変だったようだが、夫も育児休暇を取っているというのが
かなりプラス要素になったようだ。
 
 
義弟は長く一人暮らしをしていたようだし、料理好きだし(調理師免許を持っている)
子ども好きなので、育児休暇中も結構普通に過ごしていたようだ。
 
 
ただ、平日の夕方、ゆーくんと学校帰りの姪っ子と3人で買い物に行くと
何気に視線を感じることが多かったようだけど(笑)
 
 
男性の育児休暇はあまり一般的ではないし、4ヶ月取得できるというのは、
かなり特殊なケースかもしれない。
 
 
でも、こういう前例ができたことで、
義弟の勤務先の男性社員が育児休暇を取りやすくなったとしたら、
もしかしたら、家族を増やそうって考える人が出てくるかもしれない。
本当に本当にささやかだけど、そういうきっかけになったらいいのになぁと思う。
 
 
 
 

コメント(4)

2010年 3月 20日

蒲田で餃子

カテゴリー 生活一般

 
 
 
今日は、ネットの講座で知り合った方々とお食事会。
題して「ビバ!メタボ!」
 
 
メタボなんか気にせず、心ゆくまで飲み食いしましょうということらしい。
 
 
言いだしっぺの方は20代だったはずだけど・・・結局、彼は来なかった(苦笑)
 
 
集まったのはメタボ世代ど真ん中。
 
 
子連れの許可をいただいたので、息子と一緒に参加。
 
待ち合わせはJR蒲田駅。
 
西口を出ると商店街。
(にぎやかだけど、昭和っぽいかも・・・) 
1003dscf3300.jpg  
 
 
お店は蒲田では有名らしい「ニーハオ」
(蒲田在住の方が教えて下さった)
1003dscf3301.jpg  
 
お店の間口は細く、うなぎの寝床のように長く、3階まである。 
 
 
1階の一番奥の席に座って、早速、看板商品の羽根付き餃子を注文。
1003dscf3302.jpg  
 
水溶き小麦粉(?)が焼けたパリパリの部分が「羽」ということらしい。 
 
 
これがすっごく美味しくて、最初の一皿は、ほとんど息子に食べられてしまった。
すぐに二皿目を注文した。
 
 
蒲田在住の方に、他のオススメ料理を聞いたが、彼はいつも餃子とビールのみで、
その後、別の店に行ってラーメンで〆るというのがお約束で、
他の料理はほとんど「食べたことがないとのこと。
 
 
確かに餃子がとってもとっても美味しいので、
ムリに他のを頼まなくてもいいかもしれないなぁ・・・
 
 
おこげ料理と空芯菜の炒め物を頼んだ。
これもまたとってもとっても美味しい!!
 
 
途中から休日出勤していた夫も参加。
メンバーの方々は同年代なのですぐになじんでいた・・・・(笑)
 
 
卵と海老の炒め物を頼んだが、これもまた美味しかった。
夫は(どれだけ中華を極めているのか知らないが)
「これはレベルが高い!」
と、断言していた。
 
他のお店だともっと卵が硬くなっているんだとか。
戸塚勤務のときには頻繁に中華街で打ち上げやっていたから、
テキトーに言っているわけじゃないと思うけど。
 
 
自宅の近くの中華料理屋の卵と海老の炒め物も
非常に美味しいが、それに匹敵するお味。
 
 
 
メニューに「オススメ」マークがついていた、
セロリとイカの炒め物も絶品だった。
 
塩味が絶妙で、セロリがめちゃくちゃ美味しかった!!
 
 
ビバ!メタボ!にふさわしい、質・量ともに豪勢な夕食だった
 
 
オトナと同じくらい餃子を食べていた息子は
「キミもメタボになろう!!」
といわれていたが、意味はわかってないだろうなぁ(笑)
 
 
やっと頭囲<腰囲になったかなという感じだけど、
あっという間に「待ち針体型」を卒業しちゃうんだろうなぁ・・・
 
 
 

コメント(1)

2010年 3月 19日

タジン鍋デビュー

カテゴリー 生活一般

 
 
タジン鍋料理に挑戦!
初挑戦にしては、ハードルが高い(?)が、エビピラフを作った。
 
 
1003dsc01421.jpg 
このタジン鍋は野菜の宅配で紹介されていたので、注文したのだが、
amazonでも扱いがあった。 
  有田焼 タジン鍋 21cm(耐熱セラミックプレート) 黄唐草
 
 
カスタマーレビューに「直火だと焦げ付く」とあったので、弱火で慎重に・・・
 
 
とってもいい匂いが部屋に漂い、息子はソワソワ(笑)
 
 
 
完成!!(蓋を取った直後の写真)
1003dsc01423.jpg   
 
 
もうちょっと加熱してもよかったけど・・・
(やったら、焦げ付いちゃったかもしれないなぁ)
 
 
お味は上々。
お鍋が美味しく料理してくれるという点では、圧力鍋に比肩する。
 
 
お鍋のおかげだけど、ちょっと料理がうまくなった気分になれる!(笑)
 
 
 
野菜の宅配のカタログで初めてタジン鍋の写真を見た息子は、
めちゃくちゃ気に入ったようで、ものすごく欲しがった。
 
 
最初は「買わない!」と言っていたが、知り合いの方々が
ダジン鍋を楽しんでいらっしゃるようだったので、
だんだん私も欲しくなり、2回目にカタログに掲載された時についに購入。
 
 
息子の頭には 「だ し ん な べ」 として登録されたようだ。
(「ダシンナベ」と音だけ聞くと、「打診・鍋」という漢字が浮かぶ)
 
 
息子と一緒にアフタヌーンティーに行った時、春色のタジン鍋を見つけて
「おかーさーーん!! だ し ん な べ あるよ~!!!」
と叫ばれた時は恥ずかしかった・・・
 
 
 
 
そういえば・・・
 
以前、夫が「切りカス」(カステラの切れ端を集めたもの・お買い得品)を
買ってきたことがあった。
よっぽどカステラ好きなんだな~くらいに思っていたのだが、
息子(当時は年中さんだったかな)と一緒にスーパーへ行ったら、
陳列棚の切りカスを手にして、
 
「おかーさーん!! これ、こーちゃんちにもあるよねーーー!!」
 
 
    や め てーーー!
 
 
スーパーの床に転がって、買って買って!と泣きわめくよりは、
マシなのかもしれないけれど・・・
 
 
 
そういえば・・・
その昔、初めて電車の窓から新宿の高層ビル群を見た私たち三姉妹は、
驚きと感動で車内で大騒ぎしたんだった・・・(汗)
母は恥ずかしかっただろうなぁ・・・
 
 
 
とんがり帽子みたいな蓋が可愛いタジン鍋。
こういう形になっている理由(wikipediaより):
>このような形状をしている所以は、円錐形の蓋の上部の温度が低くなっているため、
>食材から上がる水蒸気を蓋で冷やし、再び水滴となって食材のもとへ戻すためである。
>また、それによって下部に熱を集中させやすくしている。
 
モロッコでは水がとても貴重だったため、食材から出る水分を利用して調理できる鍋として
タジン鍋が作られたそうだ。
 
 
 
鍋が入っていた箱にはミニレシピ集が同梱されていたし、
ネットで調べると、いろんなレシピが見つかるので、
どんどん活用したいと思う。
 
 
 

コメント(3)

2010年 3月 17日

卒園式と中華とホルモン焼き

カテゴリー 生活一般

  
 
音楽会の劇用に貸した浴衣がお礼の品とともに戻ってきた。
 
↓赤かぶの漬物のパッケージのラベル↓
1003dsc01413.jpg  
 
 
赤かぶ・・・地下鉄の吊広告で見たけど、ドラマは知らないなあ。
人気ある(あった?)のかな?
 
 
お漬物自体は、とっても美味しかったけど。
(開封してから写真撮り忘れたことに気がついた・・・涙)
1003dsc01415.jpg  
 
 
 
 
3/16は息子の幼稚園の卒園式だった。
 
 
このところ気温の上下が激しいので「何を着て行ったらいいんだ??」に
頭を悩ませていて、他のことはさして考えていなかった。
 
 
当日はとてもよいお天気だった。
 
 
幼稚園の近くのコイン駐車場まで車で行った。
クルマから降りて、明るい日差しの中で息子をみてびっくり!
「なんでそんなに園服が汚れてるの?!」
 
週末に洗濯したのに!!・・・愕然。
 
 
しかし、幼稚園へ向かう道を歩いているうちに後ろから来た男の子も
(同じクラスのお友達)園服が相当汚れていたので、まあこんなものかとちょっと安心。 
 
 
幼稚園は黒やグレーのスーツのお父さんと、春色スーツのお母さんが大勢いて、
いつもと全然違う雰囲気だった。
 
 
年長のクラスの先生方は袴姿で、お母さんの中には着物の人もいた。
 
 
(着物の人はPTA会長さんだった・・・!!
 洋服の時とは雰囲気が違いすぎてわからなかった・・・苦笑)
 
 
 
卒園児入場の時は、バイオリンの生演奏。
何かイベントがあると必ず来て下さる、若い女の先生の演奏。
彼女の演奏もこれが最後かと思うと、不意に涙腺が緩んで
あわててハンカチを取り出す始末。
 
 
 
卒園証書は一人ずつ壇上に上がって、園長先生から受け取る。
決められた通りに歩いて、受け取って、お辞儀して、
また決められた通りに歩いて席に戻る・・・
これをやったのは、私の場合は小学校6年の時だった。
 
 
ピッピッと歩いて、きちんとお辞儀して・・・という様子を見ていると、
入園した3年前は、山猿みたいに奇声を発して騒いで暴れて、
さみしくなると赤ちゃん返りしてぴーぴー泣いてたちっちゃいヒヨコだったのが
こんなに立派なお兄さん・お姉さんになったんだ~という感動がわき上がってきて
自分の子/他人の子関係なしに涙が出る。
 
 
息子の時は間違えないかとドキドキしたが、ちゃんとできた。
でも、緊張していたせいか、動きが固くて、からくり人形みたいだった。
もっともこの子の父親は、若い頃「ロボコップ」とからかわれたことが
あるので、ある意味仕方ないのかも・・・(苦笑)
 
 
 
来賓祝辞とか先生方の挨拶などが続き、
最後に、卒園児一同から「お別れの言葉」があった。
 
 
長い長い文章を、子どもたちが一人一言ずつ(長いセリフの子もいる)言っていく。
途中には歌が入ったり、ピアノ演奏が入ったり。
これもまた、涙なしには聞けない内容。
 
 
本当に涙・涙の卒園式だった。
(まさかこんなに泣く日になるとは・・・)
  
 
 
卒園式の後は、駅前の中華料理店の宴会場で謝恩会。
一旦家に帰って、荷物を置いてから移動した。
 
 
会場には円卓が10くらいあって、席は指定されていた。
 
 
家族ぐるみのお付き合いをしているMちゃんとRちゃんが司会者。
二人ともイベント関係の仕事をしているので、
黙っちゃいられないということで、司会に立候補したそうだ。
えらいなぁ・・・
Mちゃんから頼まれて、私はビデオ係を担当した。
ちゃんと撮れているかどうか、とっても心配・・・
  
 
 
同じテーブルは女の子が多かったが、みんなあまり食べない。
小食なのか、中華が嫌いなのか??
息子は、銀杏とイカとインゲンの炒め物をパクパク食べ、
銀杏が気に入ったようで「黄色いお豆が欲しい」といって
おかわりして食べていた。
 
 
キノコの炒め物はあまり好きではないようだったが、
鶏肉入りの野菜炒めと水餃子をペロリと食べ、
八角が効いたカレー味の揚シューマイも二つ食べた。
チャーハンもおかわりしていたし。
デザートの杏仁豆腐も数秒でペロリ。
 
 
MちゃんとRちゃんは仕事でやっているだけあって
司会はもちろん、時間配分や、ちょっとしたアクシデントへの対応も
実にお見事だった。
 
 
ロッテンマイヤーさんみたいだと思っていた超ベテランの大先生が、
実はかなりお茶目で、シュールな笑いが得意な面白い人だとわかったのは
大収穫だったけれど、もうちょっと早く知りたかったなぁ・・・
 
 
 
 
夕方から、Mちゃん一家、Rちゃん一家と寂寥感漂う、昭和な雰囲気満載の
ちょっと暗い商店街のホルモン焼きのお店で打ち上げ。
1003dscf3299.jpg 
 
用事があったので、ちょっと遅れて参加。
お店に行くと、テーブルにはものすごく大きいジョッキがあった。
ピッチャーにしては、ちょっと小ぶりだけど、ジョッキにしては大きい。
 
 
これがこのお店での「メガジョッキ」だった。
1リットル入るらしいが、あっと驚く大酒豪の二人のママは
メガジョッキでのチューハイ2杯目に突入。
 
 
「1リットル入るんでしょ???」
「いやー、氷いっぱいはいってるからー」
 
二人ともメガジョッキ2杯空けても顔色一つ変わらない。
 
そして食べる。
1003dscf3296.jpg   
 
パパ2人は肉食星人。
飲むには飲むけど食べる方がメイン。
1003dscf3297.jpg 
 
 
卒園式の感動と、謝恩会での笑いを反芻した後、
小学校での教育に対する野望(?)を熱く語り合った。
 
午前中から涙腺が緩んでいるせいか、煙がしみるとすぐに落涙。
涙腺は使えば使うほど活性化するのかなぁ??
 
 
その後、バーベキュー・キャンプ・旅行に関して活発な意見交換を行い、
(それぞれが、時間と予算の制限を取っ払って言いたい放題・・・笑)
「平成22年度も引き続きいっぱい遊ぶ!」という方針を確認してお開き。
・・・去年の12月末にも、同じメンバーで忘年会をやって、
「2010年もいっぱい遊ぶ!」という方針を確認しているんだけど。
 
 
お会計を頼んだら、お店のおにーさんから
「サラリーマン10人のグループ並の金額ですよ」と言われてしまった・・・
冗談なのか本気なのか???
 
 
そして、お店の壁に貼るからということで、記念撮影。
煙にたっぷり燻された写真が壁にたくさん貼ってあったが、
その仲間入りをさせてもらえるらしい。
 
 
それにしても、盛りだくさんで印象的な一日だった。
 
 
 
今日もらったメールによると、お酒の女神のママ2人は、
解散後、Mちゃんちに行き、飲みなおした(!)とのこと。
 
 
パパ2人は撃沈して爆睡。
 
 
ママ2人は「ガンガン飲んですっきり!」だそうだ。
二人とも通常通り出勤して普通に仕事したらしい。(すごすぎる!!)
 
 
 

コメント(2)

2010年 3月 15日

週末のいろいろ

カテゴリー 生活一般

 
 
このところ夫はずっと忙しい。
週末は二日とも出社。
 
 
一体何が起こっているやら・・・
 
 
日曜日に誕生日プレゼントを渡した。
1003dsc01394.jpg  
 
自分も食べられるので(笑)、もう一品。
1003dsc01411.jpg  
 
ゴティバではコーヒーを売っていたけど、おいしいのかな?
今度試してみよう。
 
 
 
息子のクロッカスが咲いた。
1003dsc01406.jpg  
 
球根のお花もいいなぁ。
今度、ヒヤシンスを栽培してみようかな。
 
 
 
日曜日の午後は、4月からの学童関係の集まり。
 
 
お世話になる方々に千羽鶴を贈るということになり、
年明けから、せっせと折ってきたが、それを束ねる日が来た。
 
 
前回の集まりは参加できなかったが、その時に鶴をつなげたものが何本かできていて、
今回は残りを全部つなげて、全体を束ねるという作業。
 
 
太い針(カーペット用)にテグスを通して、鶴をつなげていく。
千羽鶴の時には、鶴の頭は折らないらしい。(初めて知った!)
 
 
ピンク系、ブルー系、グリーン系など、色を合わせて作ったが
最後の方はなんだかぐちゃぐちゃの色(笑)
 
 
全部を束ねて結んで完成!
 
 
結局千羽じゃなくて、1200羽以上になっていた。
コレだけの量だとかなり重い。
 
 
男の子に持たせたら、
「重い~っ 重いよ~」
と騒いでいた。
 
 
子どもにも多少は手伝わせようということで、親子連れで集まったものの
3人の男の子はベイブレードに夢中だし、2人の女の子はDS三昧・・・
 
 
それでも、男の子のうち二人は、自分のママのところにちょくちょく来て
「ママー、何してるのー」
「僕にもやらせてー」
とか甘えていたが、ウチの息子は一度も来なかった・・・(苦笑)
 
 
息子はだんだん理解不能&意味不明なことが増えてきているので、
女の子のお母さんはいいなぁと思うこともあったのだが、
ツルの作業中、女の子のお母さん方のお話を聞いて、
女の子は女の子で、別の大変さがあるんだなぁと実感。
 
 
どっちの親になるにしても、大変さと面白さがあるのが
子育てなんだろうな。
 
 
息子は明日で幼稚園卒園。
4月からは小学生。
 
 
2003年から始まった親業、
幼稚園から小学校に進めるだけ成長したのかしら??
 
 
 
 

コメント(1)

2010年 3月 13日

とっても、あまんじる!

カテゴリー 生活一般

 
 
穏やかないいお天気の一日だった。
 
景色も春めいて、とっても気持ちいい。
 
1003dscf3266.jpg  
1003dscf3267.jpg  
 
 
午前中に頑張って、不用品を処分した。
年末より、年度末の方が処分しやすいかもしれないな。
処分すべきものも明確になるし。
 
 
お昼ごはんを食べてからお出かけ。
 
 
まずは息子のピアノ教室の下見。
受付の女性はとても親切で感じのいい方だった。
 
 
曜日と時間を確認して、
パンフレットをもらって帰ることにしたが・・・
お月謝、高いのね・・・
 
 
これまで幼稚園に来てくれる先生から個人レッスンを受けていたが
それよりもだいぶ高い。
(これまでが安かったのかもしれないけど)
レベルが上がるとさらに金額も上がる。
本人がやりたがってるから、続ける方向で考えているけど、
家での練習をサボったら、
「月謝がモッタイナイからヤル気がないなら辞めなさい!!!」
とか言っちゃいそうだ・・・
 
 
それから明日の朝のパンなどを買って、帰途に。
 
 
途中のビルの1Fに中国食品店がオープンしていた。
夫の話では、このお店は深夜1時過ぎまで開いているらしい。
中国人向けという雰囲気満載の看板&店構えなので、
夫はまだ入ったことはないらしい。
 
 
歩道にも看板が出してあって、チラシが置いてあった。
中国語と日本語と併記してある。
 
 
物は試しと入ってみた。
 
 
やはり、店内は日本じゃなかった(笑)
台湾や香港の、昔からありそうな食品店の品揃えという感じ。
 
 
夫が大好きな「黒松沙土」と、
不思議な日本語が書かれている酢梅湯を購入。
 
1003dsc01391.jpg  
 
 
1003dsc01390.jpg 
とっても、あまんじる!
 
 
 
しかし、実はこの日本語は正しかった。


 
それがちょっと(かなり)衝撃だった・・・
 
 
>あまん・じる【甘んじる】《自上一》「あまんずる」に同じ
>あまん・ずる【甘んずる】《自サ変》
>〔文〕あまん・ず(サ変)(アマミスのミが撥音化したもの)
>①よい味だとする。満足に思う。奥の細道「坐してまのあたり
>奇景を―・ず」
          広辞苑第六版(2008年1月11日第一刷発行) 
 
 
   ぇぇぇえええええええ!!!
 
 
とっても、あまんじる!は「とってもよい味、満足する」って
ことだったんだ・・・
 
 
私が知っている意味は2番目に書かれていた。
 
>②あたえられたものをしかたないと思って受ける。
>「薄給に―・ずる」「―・じて犠牲となる」
          広辞苑第六版(2008年1月11日第一刷発行)
 
 
ラベルの日本語を書いた人は広辞苑で調べたのかしら?
最初に書いてあったら、そっちがポピュラーな意味だと思うよなぁ・・・
 
 
 
 
   とっても、あまんじる!
 
 
 
うん。可愛くていいかもしれない(笑) 
 
それにしても、日本語って深い・・・ 
 
 
 
 
 
 
 

コメントは受け付けていません。

2010年 3月 11日

身体の不思議・赤ちゃんの不思議

カテゴリー 生活一般

 
 
 
暖かいコメントをいただきまして、ありがとうございました。
お陰様で体調はすっかり回復致しました。
 
 
本当に元通りになりまして、
日、月、火の不調は一体何だったんだろうという感じがします。
 
 
長い文章をお読み下さって、どうもありがとうございました!
 
 
 
 
食器棚の一角
(グッズは集めるべきではないと思う・・・)
1003dsc01389.jpg 
 
 
 
あっという間に治った、体調不良。
薬がすごいのか、治るべくして治ったのか?
人知を超えたすごい力が働いたのか?
それとも「トリツイテイタモノ」がいなくなったのか???(笑)
 
 
今回、思い出したことだけど「もう大丈夫」という瞬間があった。
これは、インフルエンザの時にも感じたことだった。
 
 
熱が高い状態であっても、
身体の中に「何かのチカラ」が入ってきて(戻ってきて?)
もう大丈夫、これで治ると確信できる瞬間があった。
 
 
この瞬間が過ぎると、多少フラフラしていても、
身体に力が入るので大丈夫だと思えるし、食欲も戻ってくる。
 
 
これは何なんだろうなぁ?
 
これが来ないと、仮に熱が下がったとしても
ダルさとか無気力な感じがなかなか抜けない。
 
 
 
人間の体って本当に不思議だ。
自分の体なのに、全然わかってないんだよなー
 
 
極めるつもりはないけれど、
身体の動きがよくわかるというヨガの本を買った。
(現実には「なんちゃってヨガ」の域を出ない状況が続いている・・・)
最初の方には呼吸についての説明があった。
 
 
『赤ちゃんの最初の呼吸』について書かれている部分は
とても興味深かった。
 
 
子宮にいる赤ちゃんは羊水に浸かっているので
当然、肺は機能していないし、そもそも肺には空気はない。
(つぶれた状態)
 
この時の赤ちゃんの生命線はへその緒。
へその緒を通じて、赤ちゃんに必要なものが供給される。
 
 
「生まれる」=胎内から出る=へその緒からの切り離し
 
 
お母さんの身体から出た瞬間から
最初の呼吸「吸息」が行われる。
 
 
この呼吸が人生で取り込む息の中で、
最も重要で、最も強い呼吸と言えるそうだ。
 
 
・・・この呼吸によって肺の機能をスタートさせるから。
 
 
外に出た直後、赤ちゃんが体験するのは
肺による呼吸と、「重力」
 
 
重力って結構大きな力なんだよな。
宇宙飛行士は、無重力空間に長期間滞在しなければならないが、
重力がないというだけで、筋肉や骨が弱くなるので、
毎日2時間くらい運動することになってる。
 
 
それを考えると赤ちゃんて、すごいなー
 
 
いきなり、肺呼吸を始めて(これまで全く未経験)
いきなり、重力にさらされるんだから。
 
 
おへそから入ってきていた栄養は、
今度は口から入れることになる。
 
母乳やミルクを飲むという行為ですら、
実はスゴイことだったんだなぁ・・・
 
 
背骨が完成していく過程、
体の機能が完全なものになっていく過程も
とても興味深い。 
 
 
命が一つできるまでのドラマは、
自分の中で展開していたはずなのに
その詳細はほとんど知らないんだよな。
 
 
エコーの映像を見て、おお!と感動したけれど
自分で何かやってるわけじゃないから(笑)
ちゃんと調べない限り、知らないままだ。
 
 
 
びっくりするほど小さくて、
くてくてしていて、
やわらかくて、壊れそうで
すぐに消えそうなくらい儚かった存在が
 
 
あっという間に「超パワフル」になり、
あと数年で私より大きくなる。
 
 
人間って本当に不思議。
それにしても、自分も「人間」のはずなのに
知らないことが多すぎるなぁ・・・
 
 
 
 

コメント(1)

Next »