アーカイブ 2008年11月

2008年 11月 26日

空へ上る坂

カテゴリー 生活一般

 

 

幼稚園へお迎えに行く途中 

不思議な雲を見つけた。 

0811081126-165826.jpg
 

写真右端から左上に向かって上っていく雲。 

 

赤味を帯びた桃色でとてもキレイだった。 

 

直線的な形だけど、ひこうき雲のような 

「定規で引いた」感じではなく、 

フリーハンドで描いたような柔らかい感じ。 

 

触ったらふかふかしてそうな。(笑) 


 

この雲の始点はどこなんだろう? 

そこからこの雲を上っていったら 

本当に空までたどり着けそう。 

 

「アルプスの少女ハイジ」の 

オープニングの雲のように 

上にちゃんと乗れる気がする、 

存在感のある雲だった。 


 
 

コメントは受け付けていません。

2008年 11月 25日

しあわせのドーナツ

カテゴリー 生活一般

 

 

昨日は人気のドーナツ屋さんへ家族で行った。 

 
 


正確には、人気のドーナツ屋さんが入っている 

ショッピングセンターに行ったんだけど、 

ドーナツ屋さんが主目的。 

 
 



田舎なので、都心ほどは並ばないけれど 

それでも20分くらいは並んだ。 

 
 


ここは並んでる人数分、ドーナツをくれる。 

なので、家族で並んだ。 

 

お店の入口から向って左手に、ドーナツ製造ラインがあって 

店内との仕切りがガラス張りなので、 

ドーナツがラインを流れている様子が見られる。 

 
 
 

息子は興味津津。 

 



店内から(というか、並んでいる場所から)見られるのは、 

細長いバスケットのようなカゴに入れられたドーナツが、 

立体駐車場みたいな仕組みを通って、 

(たくさんのカゴに入った、たくさんのドーナツが上まで 

 上がってまた降りてくる) 

 

金属のパイプをいくつも並べたラインの上を移動して、 

揚げ油のプールに入って、そこから出てきて、 

再び、パイプを並べたラインに乗っかって、 

白い布のように見える、シュガーコーティングの工程を通って、 

箱詰め作業の場所まで流れていく部分。 

 

同じ大きさの白っぽいドーナツの一群が 

何かにひっぱられるようにして 

製造工程を流れていく様子は 

なかなか面白い。 


 

このできたてのあったかいドーナツが、 

注文する時にもらえるのだ♪ 

 

0811081124-101740.jpg
フワフワなので、お腹にズシンと来ることはない。 

 

白い粉がついているのがクリームチーズ。 

カラフルなチョコスプレーがついてるのが 

息子のお気に入り。 

子供用だと思っている。 

 

私たちはコーヒーを注文して店内で食べたけど、 

ほとんどの人たちが、12個とか16個入りの箱を 

いくつも買っていく。 

 
 


行列はどんどん伸びていく一方。 

 
 


家族へのお土産だったり、 

誰かへの差し入れだったり、 

今日の集まりにお出しするものだったり。 

 
 


もちろん、自分の分も含めてなんだろうけど、 

一人じゃあんなに食べられない。 

 


自分と誰かの笑顔のため、 

みんなで 

「おいしいね!」 

を味わうための買い物なんだなぁと 

思いながら行列を眺めていたら、 

これだけの人数の人たちが 

自分以外の誰かを喜ばそうとしてることに気がついて、 

なんだか嬉しくなった。 

 

「ドーナツの写真」がぶらさがったクリスマスツリー(笑)
0811081124-113931.jpg

コメント(3)

2008年 11月 23日

夕焼け

カテゴリー 生活一般

 

 

息子とお散歩して買い物して帰ってくると 

見事な夕焼け。 

 

「携帯付きカメラ」で撮影。 

0811081123-165932.jpg
 

実際にはもう少しオレンジの帯が太かった。 

中央のかすかな盛り上がりは富士山。 

こちらも肉眼で見ると、ちゃんと富士山に見える。 

 
 


遠くの山並みがハッキリ見えるようになると 

冬が近づいてきてるなぁと実感する。 

 
 

コメントは受け付けていません。

2008年 11月 22日

定規で引いた雲

カテゴリー 生活一般

0811081122-153549.jpg

今は「秋晴れ」じゃないと思うけど。

雲ひとつない澄み切った空に、
まっすぐ引かれた白い線。


ひこうき雲は真っ青な空に似合うのかも。


♪空に憧れて
♪空をかけてゆく
♪あの子の命はひこうき雲

ユーミンの古い古い歌が思い出されました。

コメントは受け付けていません。

2008年 11月 21日

縁起物

カテゴリー 生活一般

 

 

地下鉄の中で、「おちない君」を 

カバンにつけている人をみつけてびっくり! 

 

若い人ではなかったけど、かといって 

年配という年齢でもなかった。 


 
 

その昔、「ダンシングジェネレーション」(槇村さとる)という 

マンガに夢中になったけど、その中に出てきた。 

 

主人公の愛子がニューヨークへ旅立つ前に 

「飛行機がおちない君」 

と言って、弟がお守りとして渡していたのだった。 

 
 


あのページのコマ割まで浮かんでくる。(笑) 

 
 


そう言えば、何年か前に台風で被害を受けたリンゴ農家が 

台風でも落ちなかったリンゴを集めて 

「落ちないリンゴ」 

という縁起物として売り出したってニュースがあったな。 

 

結構人気が出たらしい。 


 

縁起物って何気に売れる。 

 

栃木県の「にっこり」という梨が 

香港で大人気というニュースもあったなぁ。 

ネットで調べたら去年3月のニュースだった。 

 

黄色は風水で金運を招く色であること、 

普通の梨の2倍以上という大きな丸い形も縁起がいいらしい。 

「幸運を招く果物」と香港で話題になった。 


 
 


栃木県が輸出を始めたきっかけは 

「梨は日持ちがするから、海外にも市場を広げたかった」 

 

 

台湾人の知り合いの話だと日本の果物は、 

カタチがキレイで味もいいので、 

高級菓子のような雰囲気があるんだとか。 

 

味も良くてしかも見た目も縁起がいいということで人気が出たんだろう。 

 

そういえば昔、香港駐在の人から、 

「エノキダケは日本から輸出されるまでは香港にはなかった」 

って聞いたけど、ホントなのかな? 

 

 

コメント(5)

2008年 11月 20日

携帯付きカメラ

カテゴリー 生活一般

 

 

昨日、駅から幼稚園へ向かう道の途中で 

ドラマチックな雲を見つけた。 


0811081119-170640.jpg
向かい合う二つの生命体?? 


 


この程度の写真が取れるのはいいんだけど、 

「電話」としての機能はイマイチ。 

 

着信・発信履歴から電話するのは簡単だけど、 

「連絡先」からの発信には何度もOKボタンを押さないと 

ダイヤルしない。 

 

しかも、かなり重いし。 

 


設計した人にとっては使いやすいのかもしれないけど、 

これはカメラ付き携帯じゃなくて、携帯付きカメラだよ~ 

 
 

コメント(3)

2008年 11月 18日

お気に入り

カテゴリー 生活一般

 

 

土曜日にお気に入りの喫茶店で購入した器とスプーン。 

0811081118-223854.jpg

 


この喫茶店は時々いろんな作家さんの小さな展示即売会をやっている。 

 

お店のお兄さんとお姉さんの人柄なんだろう、 

とっても素敵な人が大勢訪れる。 


 

私はここのコーヒーとロールケーキとチャイが大好き。 

 

そろそろチャイの季節。 

 

たまにしか行けないから、コーヒーを飲むかチャイにするか 

悩むなぁ。 


 
 

今、このスプーンでヘーゼルナッツスプレッドを掬って 

小さなお皿に載せておいて、 

それを細くて小さいスプーンに取って、 

ちびちび味わうのがお気に入り。 

 

お供は紅茶でもほうじ茶でも何でもOK。 

 

一日の中に小さな幸せタイムを作るのはいいことだ。 

まあ、あまりやると幸せ太りになっちゃうけど(苦笑) 


 
 

器とスプーンが載っている台は 

木挽棟梁の杉岡さんがご本と一緒に 

送ってくださったもの。(日田杉の床板) 


杉岡製作所

とってもいい匂いなので、鼻をくんくんさせていたら 

息子が来てすぐに真似したがった。 

 


パソコンは床に座ってやっているので 

この板に飲み物を載せて 

近くに置いておくのにちょうどいい。 

 

…と、思ったけど、 

息子がぬいぐるみを乗せる「船」にしようと 

虎視眈々と狙っている。(苦笑) 

 
 

コメント(3)

2008年 11月 16日

結婚記念日

カテゴリー 生活一般

 

 

今年の結婚記念日は平日なので、前倒しでお祝い。 

 

お昼は天香回味という薬膳火鍋のお店でランチセット。 

 

火鍋のスープのお粥はめちゃくちゃ辛くて、火を吹きそうだった。 

すっごく美味しくて、すっごく辛い~ 


 

夫がデジカメで料理の写真を撮っていたので 

ブログ用に使おうと思っていたのだが、 

「なんだこりゃ?」 

 
 

私が撮るよりひどかった。 

全体を入れようと試みたらしいのだが、 

わけわかんない写真になっていた。 

 

がっかり。 

 
 



それからショッピングセンターの食料品売り場で 

いろいろ物色。 

お昼にたっぷり食べたのでお祝いのディナーの食べ物は 

なかなか決まらなかった。 

 
 

お腹一杯だと食べ物は選べないなー 

 

すっごくおいしそうに見えるんだけど、 

「買おう!」 

という域には達しない。 

 
 


というわけで、ディナーは質素に。(笑) 

0811081116-190457.jpg



いまだに律儀にやってますが、 

2年連続で中途半端で消してしまっていたので 

数字は2年前のまま。 

0811081116-190523.jpg



クリスマスにまた火をつけるとかして 

年内に中に今年の数字にしなければ(笑) 

 

イマドキの結婚式にはこんな古風な演出はないんだろうな~ 


 
 

コメント(5)

2008年 11月 14日

ロミロミは素晴らしい!

カテゴリー 生活一般

 

 


レーナさんのサロンへ行ってきた。 


ロミロミセラピーサロン・フルーデリス
 



とびきりの素敵な笑顔で迎えてくださり 


案内されたお部屋は、空気の質が外とは違うみたいだった。 

 




クリスマスツリーが飾ってあった。 


オーナメントなしで電飾だけつけてあったが 


それが季節を先取りしてるみたいで、 


カッコいいなぁと思った。 

 

 





美味しいハーブティをいただきながら、 


カウンセリング。 

 




生年月日の数字や、二種類のカードの情報、 


たぶんその他にもレーナさんは何かを読み取って 


いるのだと思う。 

 




いろいろなことを教えていただいた。 


 



今の状態と課題。 


そしてすご~く嬉しくなること。 

 




レーナさんにお会いするのは今回で二度目なのに 


子どもの頃の怒りや悲しみを全く警戒せずに話していた。 

 

 





施術の前にフットバス。 


チョコレート色の大きなボウルにお湯が入れてあって、 


きれいな花が浮かべられていた。 


クリスマスにちなんだ精油ということで 


サンダルウッドに似た香りの精油が入れてあった。 


名前を教えていただいたんだけど、忘れてしまったー 


フレンキンセンス?? 

 

 




フットバスの器は、 


器好きの私にとっては家に連れて帰りたい好みだった(笑) 


濃い茶色の大きなボウル。 


こういうの大好き。 

 

 





施術は素晴らしいの一言。 

 



どう言ったらいいのかな。 


身体が入れ物だとすると、その入れ物の表面や内側にくっついてた 


何かよく分からないものをキレイにしてもらったような。 

 



私は手や足は冷たいほうだけど、施術中に身体がどんどん 


暖かくなり、終わってもずっと暖かいまま。 

 




台湾で足ツボマッサージ(泣きたくなるほど痛かった)を 


やった時、足がすごくぽかぽかしたが、 


それ以上に足があったかい。 

 

 




何よりもレーナさんの手が素晴らしい。 


暖かくて、優しくて、すごく安心できる。 


あまりに気持ちよくて、眠りそうになった。 


手足のピリピリがなかったら、 


眠り込んでたかもしれない。 

 



(ピリピリについては事前に説明していただいていたし、 


 不快なものではなかった) 

 



終わった後にブルーベリーの冷たいお酢が出てきた。 


これがすっごく美味しくて、ごくごく飲んでしまった。(笑) 

 

 




最後にハグできたのがものすごく嬉しかった。 

 

 




お昼はレーナさんオススメの中野ブロードウェイの 


香林坊(台湾素食の店) 


満席だったけれど、今日の私は運がよく、 


入り口に背を向けて座っていた方が 


「ご馳走様~」 


と言ってお金を払って出て行ったのだった。 

 

 







施術の間にかかっていたCDの曲がとても心地よくて 


タイトルを教えてもらい、メモして帰った。 

 



レーナさんがタイトルを確認するために 


CDプレーヤーからCDを取り出したんだけど、 


それを見た瞬間、既視感があった。 

 



気のせいかと思ったけど、家に帰って 


音楽CDを入れてある無印良品のCDフォルダを 


調べてみたら、 

 



   あ っ た ! 

 



何時買ったのか全然記憶がない。 

 




不思議なこともあるものだ。 

 



中野駅に向かう途中 


shinra banshoという不思議な店があった。 


shinra bansho
 


面白そうだったので中に入っていったら、 


ガラスケースの中に貝殻が並んでいた。 

 




その中の一つが子どもの頃の思い出に繋がった。 

 




他の貝は、同じ種類のものが2,3個あったけれど、 


その貝だけ、同じ種類の貝がなかった。 


そこでまた、7,8年前に受けたリーディングのことを 


思い出した。 

 




同じ種類の貝殻はあるけれど、 


完全に全く同じ貝はない。 

 



あなたも世界に一人の存在。 


だから自分を愛して下さい。 


 


そんなメッセージをもらったんだった。 


すっかり忘れていたけれど。 

 

 




とっても幸せで、不思議で楽しい一日だった。 

 




レーナさんに作っていただいたフラワーエッセンスと 


いつの間にかウチにもあったCDと今日買った貝殻。 


0811081114-212640.jpg

 

 

コメント(4)

2008年 11月 13日

おばちゃんって言わない??

カテゴリー 子どものこと

 
 


最近の子はおばちゃんって言わないなー 

 



結婚したばかりの頃、年の離れた従兄弟の子どもに 


「おばちゃん!」 


って言われてショックだった。 


二十代前半だったし。 

 

 




姪が生まれて名実ともにおばちゃんになったけど 


「おばちゃん」とは言われないんだなー 

 

 



小さい頃、お友達のお母さんのことは 


「おばちゃん」って言ってたけど、 


今の子は言わないなー 

 

 



園バスを待っている時に 


子どもたちから話しかけられるけど、必ず 


「こーちゃんのママ~」 

 

 




何時頃から変わったのかなぁ??? 

 

 




幼稚園へお迎えに行ったら、知らない子が 


「こーちゃんのおかーさん、コレあげるよ!」 


と、小さなプレゼントをくれた。 


0811081113-230723.jpg


「こーちゃんのおとーさんにも見せてあげてねー」 


お礼を言ったら嬉しそうに笑ってくれてと~っても可愛かった。 

 



でも、ウチに帰ったら、息子に横取りされてしまった。 

 

 

コメント(4)

Next »