アーカイブ 「携帯より」

2010年 8月 09日

出発

カテゴリー 携帯より

100809-063536.jpg 100809-075219.jpg

午前4時50分起床。
眠い…


雨が降っているのでちょっとびっくり。
昨日は夕焼けが見られたのに。

パンを食べて身支度をして、タクシーでJRの駅へ移動。

6時前だというのに電車は結構混んでいる。
みんなどこへ行くんだろう??


6:35発のスカイライナー1号で成田へ。
成田空港はすっごく遠いイメージがあるけど、
新型スカイライナーなら、
第二ターミナルまで約40分。


写真を撮ったけど近すぎてイマイチ。



今回の目的地は韓国。
子連れ韓国はこれで3回目。


初回と二回目はソウル滞在。
今回はテグ。



仁川空港に着いたら、
バスで光明という駅に行って
そこからKTXでテグへ。


KTXは毎回乗ってるなあ。
夫はKTXのおもちゃを探しているけど
いまのところ見つけられずにいる。

今回は見つかるかな?


新型スカイライナーは、
車内のモニターに行き先や降車案内・広告の他に
先頭車両の窓から撮影した映像もちょこっとだけ流す。

今日は雨が降っているので、
水滴がたくさんついていた。


夫はレンタル携帯の手続きを秘密裏に進めていた。
前回、懲りたはずなのに…


携帯電話と一緒に渡されたマニュアルには
確かに日本語はあったけれど、
「一度も携帯を使ったことがない人向け」
みたいな感じだった。

着信音が小さくて全然聞こえない。
大きくしようとして頑張ったが、
どうしてもわからなかった。


その頃、人気があった韓国ドラマの「宮」で、
ヒョリンが使っている携帯と同じだと言って
夫は喜んでいたが。

今回の携帯はちゃんと使えるかなあ???




韓国は「野良無線LANスポット」が
いたるところにあるとのことで、
(ネット情報なので、どこまで本当かわからないが)
インターネットには接続できるらしいが、
当然セキュリティの問題がある。



韓国の情報サイトのURL集みたいなメールを
昨晩、夫がiPhoneに送ってきた。
これで観光・移動はバッチリらしい。


本当にバッチリかどうかは、
現地に行かないとわからないが。


韓国のガイドブックにはテグの情報は
あまり載っていないらしい。


なので、今回はガイドブックなし。
インターネット情報だけ。


はてさて、どんな旅になることやら。

コメント(1)

2010年 8月 08日

あざらし(テスト)

カテゴリー 携帯より

100808-075434.jpg

携帯テスト

コメントは受け付けていません。

2009年 8月 02日

ポケモン6個ゴール&浅草でセミナー

カテゴリー 携帯より

090802-184253 090802-200357

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は息子はおとーさんとスタンプラリー。
 
朝からテンション高くて
エネルギーもてあましてて
ウルサイうるさい!!!!
 
 
スタンプラリーのリーフレットを見ていた夫が、
1回の乗り換えで三個捺す方法があるという。
 
乗る駅と降りる駅+1個。
 
??????
 
 
「路線図見ればわかるでしょ♪」
キミみたいなテツじゃない限りわかんないよ〜
 
 
「教えて〜♪」と言っても
「ヒミツー☆」とか言ってるし・・・(怒)
 
 
そんなこんなで二人が出かけると
家の中が一気に静かになった。
 
 
鬼のいぬ間に掃除・洗濯・買い物。
 
 
 
 
今日は浅草でマネーセラピストさんのセミナー。
 
 
☆マネーセラピストさん☆
http://ameblo.jp/pomconsulting/
 
アットホームな雰囲気でとてもよかった。
 
一度ミニセミナーという形式で彼のお話を聞いたことがあるが、
本当にいいお話だと思った。
 
 
特に子どもを持つ親にとっては、
とても大切なことを話してくださった。
なので、ぜひ、1dayセミナーを受けたいと思っていた。 
 
 
 
今日のセミナーで私の前に座っていた女性は
お店を出していて(何のお店か聞かなかったけど)
二軒目を考えているとのこと。
 
ビジネスは今のところ順調だし、
子どもの頃にも、親がお金に困っている場面は
見たことなかったし、
よい教育を受けさせてもらったそうだ。
 
と、いうことで「お金がないという状態」が
あまりピンと来ない。
だから、今まで自分が経験したことのない事態に備えて
話を聞きにきました、と話していた。
 
 
そういう人にとっても有意義だったと思う。
 
 
お金はその人の人生全般に関わることだから。 
 
 
 
 
 
 
・○○でお金を増やす
・□□で儲ける
・××で成功する・勝つ
という、とにかく『お金を増やすこと』に特化したセミナーは、需要があるし、
そういうセミナーの方がお客さんが集まるそうだが
(今日のお話の中でちょっと触れられていた)
マネーセラピストさんのお話をもっと多くの人に聞いてもらいたいなぁと思った。
特に大学生とか、新入社員とか、これから親になる人とか。
 
 
結局、お金だけを切り離して考えることは
難しいんだろうなぁと思った。
 
お米がいくらあったって、
水と火がなきゃ食べられないのと同じで
(生米って食べられるのかな???)
お金だけいくらあっても、いくら増えても
幸せになるかどうか、心も胃袋も満たせるかは別問題だと思う。
 
 
 
マネーセラピストさんは、お金は手段だとおっしゃっていた。
 
 
確かにそうなんだろうなー
帰りの電車でいろいろ考えて
お金は潤滑油とか動力源みたいなものかもしれないなぁと思った。

どこかでそんな本を読んだ気もする。
 
 
 
それを必要とする機械がないと
油や動力だけあったって仕方ない。
 
 
この装置を動かすために
この装置を使って○○を製造するために
っていうのがないと、意味がない。
 
 
お金は「あればあるほどいい」と思ってしまうのは
具体的な使途を想定できないから、
「とりあえず得られるだけ得たい!」
になるのかもしれない。
 
 
または、今日のお話に出てきた「安心・安定の欲求」が
お金の有無(多寡)に左右されてしまうような
精神状態になっているからかもしれない。 
  
 
 
使命感というと、ちょっと大げさだけど、
『これは自分の役目だ』という明確な意識があって
それを果たすことに喜びを感じている人の話を聞くのは
とっても心地いい。
 
 
13:30−18:00までの長時間のセミナーだったけれど、
最初にマネーサラピストさんがおっしゃったように
「あっという間」だった。
とっても有意義な時間だった。
 
たくさんの気づきをありがとうございました!!!
 
 
 
 
 
 
家に帰ると、男衆も帰ってきたばかりだった。
早速スタンプラリーの秘密を聞いてみようと思ったけど、
「わかるでしょー」とバカにされるのも癪なので、
リーフレットのスタンプ欄を確認した。
 
 
【正解】
十条→徒歩→東十条
 
こんなの、土地勘がなきゃわからないよ!!!!!
 
 
息子は、95個のスタンプ帳を
「きねんのちょう」(記念の帳)
と思っているようで、特に執着している様子はなかった。
 
 
とにかく、交渉の余地があるおとーさん(笑)と
一日一緒に遊んだことがとっても嬉しかったようで
ずーっとハイテンションのままだった。
 
 
 
 
明日は月曜日。
夏休みまで、あと一踏ん張り。
 
 
 
 
 
 

コメント(4)

2009年 8月 01日

ポケモンスタンプラリー2009 その2

カテゴリー 携帯より

090801-152832 090801-152849

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日、夫は土曜出勤。
基本的に土日のどちらかは会社に行っている。
 
 
よっぽど楽しいのかなぁ?
家にいる時に会社から電話がかかってきて
話している時は、すっごく楽しそう。
 
それを指摘すると
「そんなことない」
と言うけど、なんだか
「お前、○○(女子)のこと、好きなんだろ」
と言われた時の小学生の男の子のようだ。(苦笑)
 
 
「今日、お出かけするの?」
と夫に聞かれて、
「白山のカフェに行く。□子さんも来るから」
 
 
□子さんとは、私の実姉。
姪っ子や甥っ子に
「□子おばちゃん」と呼ばせることは許さず
「□子さん」と呼ばせている。

小さい頃から
「私は□子さん」
と、言い聞かせていると何の疑いも不思議もなく
ちゃーんと呼ぶから子どもってすごい。
 
 
 
 
「じゃあ、ポケモンスタンプ、3つ捺せるね♪」
「はぁ?」
「地下鉄で行くんだけど」
「JRの駅と近いでしょ? 
 JR使って帰ってくるほうがいいよー」
「なんで? 私のパスモのチャージが減っても
 自分のじゃないからかまわない??」
「そんなことないよー
 でね、スタンプは6個捺さなきゃなんないから
 一人3個ずつってことで」
「だから、何で?」
「分担するんだよ」
「・・・じゃあ、お土産買ってきて」
「何でお土産買わなきゃいけないの?」
「諸悪の根源は、キミがこのチラシをもらってきたからでしょ!!!!」
「ごめんよ〜」(←謝ることが全く苦じゃない人)
 
 
 
お昼ごはんを食べてから出発。
最初のスタンプラリーのスタンプ台には
小学生くらいの子が5,6人いた。
スタンプは4個あったので、すぐに捺せた。
 
 
それから大好きな八百コーヒーへ。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~atelier-yuyu/b-happyaku.html 
 
 
今回はジンジャエールに初挑戦。
こちらのジンジャエールは手作り。
とっても美味しかった〜
(クセになりそう・・・)
 
 
姉はコーヒー。
息子はロールケーキ。
 
 
しばらく姉とおしゃべり。
息子は絵本に夢中。
八百コーヒーには子供向けの本がたくさんあり、
息子はかこさとし先生の本がお気に入り。
 
 
お茶の後、姉は三田線に乗ると言っていたが、
私が巣鴨まで言ってスタンプを捺さなければならないと言うと
「いっしょに行くよ〜」
と言ってくれた。
 
 
お喋りしながら巣鴨まで歩いた。
 
 
巣鴨駅は人がわらわら。
何なんだ!この子どもの数は!
スタンプラリーの台には行列ができていて
駅員さんが誘導している!
 
 
「遅くなるから、もういいよー ありがとう」
と姉に言ってそこで別れた。
 
 
こちらもスタンプが4つあったので、
行列はすぐに進み、息子の番になった。
(こういう時にテキパキできないんだよなぁ・・・)
スタンプを捺して改札に入ると
いるわいるわ・・・
黄色いピカチュウサンバイザーをかぶったキッズと
引率(?)の親たち。
 
 
お父さん+子どもの組み合わせが圧倒的に多い。
 
 
彼らは、最初のリーフレットの6個のスタンプはクリアして
ゴールの商品としてピカチュウサンバイザーとスタンプ帳をゲットし
さらに大変な(めんどくさい)スタンプラリーに挑戦しているのだった。
 
息子はこの事実を知ってるんだろうか?
 
 
ポケモンスタンプは95個あるから、
スタンプ帳には95個分の「捺印欄」があるってことだ。
(全部集めようとしたら熊谷とか土浦まで行かなきゃならないぞ)
 
 
まあ、これは、私は知らなくていいことだ。
明日、残り3個やれば終わり♪と思っている夫が対処する問題だ。
 
 
ゴール駅の賞品引換所に、
スタンプ帳を完成させた人全員にもれなくプレゼントされる
「JR東日本オリジナル ピカチュウおやすみルームライト」
が賞品見本として置かれていないことを祈ろう(笑)
 
 
 
電車を待っていたら、反対方面の山手線がピカチュウ電車だった。
小学校中学年くらいの子はささっと電車に近づいて
親に写真を撮ってもらったりしていたけれど
息子は目をまん丸にして呆然と立ち尽くしていた。
 
 
電車が動き出すと、夢から覚めたように動き出し
「バイバーーーーイッ」
と手を振っていた。
 
 
面白いなぁ。
明日はお父さんと一緒だから、もっと楽しめるねぇ。
ゴールが楽しみだねーーー
 
 
 
 
 
 

コメント(3)

2009年 7月 31日

ポケモンスタンプラリー2009

カテゴリー 携帯より

090731-205251

  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨夜、夫がポケモンスタンプラリーのチラシを持って帰ってきた。
 
朝起きて、チラシを見つけた息子は大喜び。
真剣に(本当に周囲の音が聞こえなくなるくらい真剣に)見ていた。
「こーちゃん、プレゼントをゲットする!」
「おとーさんと一緒に行く!」
 
 
「自分も楽しめるから、スタンプラリーにつきあってあげるのか」
と思ってたら(夫は「テツ」なので)、 起きてきた夫は、
 
「えー!行かないよ、めんどくさい」
「池袋に行くだけで、6個スタンプ押せるよ」
「でもさ、いちいち改札の外に出なきゃいけないんでしょー」
「じゃあなんでもらってきたのよ?」
「ピカチュウが書いてあったから」
「はぁ?」
 
息子にとっては「ぬわぁにぃ!!!」の展開。
 
 
結局、定期を持っている区間だったら
乗降しても問題ないことに気づき
 
「日曜日に品川水族館に連れていくから、その時にやるよ」
 
 
『スタンプラリー』ってチラシの一番目立つ所に書いてあるのに。
信じられない。
夫の3D眉毛の下にあるのは、
目のように見えるけど、実際は模様なのかもしれないなぁ。
 
 
この季節、ピカチュウの何かを身につけた子どもと
疲れ切ったオトナの組み合わせを
電車の中で見かけると思うんだけど。
 
(そういえば、今年はまだ見てないなぁ)
 
 
 
それにしても息子のピカチュウ熱はスゴイ。
家ではポケモンの番組は見せていないが、
ほとんどの名前を覚えている。
 
 
ポケモンとは何か。
ポケモンの種類について。
サトシとの関係。
 
 
そんなことをレクチャーしてもらったが、
さっぱりわからない。
 
 
仮面ライダー電王に関しては、
ゲキレンジャーとの二本立ての映画を見て
私がハマってしまい、ネットでいろいろ調べてしまったが、
ポケモンは調べないことにしている。
 
 
息子の話を聞くのが面白い。
いろいろ根掘り葉掘り質問すると
ちゃんと「彼の理論」で答えてくれる。
 
 
しかし、息子は
太陽は砂漠と海から昇ってきて、
お昼頃、空の一番高い場所で
「シャキーンッ」
と合体して、しばらくそのまま一緒にいて、
その後、またおうちに帰るという世界観の持ち主なので
お話はとっても難しい。(笑)
 
 
平易すぎる日本語で、
文法的には全然間違ってないんだけど
理解不能。
 
 
私もこんな日本語を話してたのかなぁ???
 
 
そのうちオトナの想定の範囲を超えることは
なくなるだろうから、今のうちに
ぶっ飛んだ世界を楽しんでおきたいと思う。
 
 
 
 
 
 

 
 

 

コメント(2)

2009年 7月 29日

復活朝顔!

カテゴリー 携帯より

090729-213404 090729-213550

 
  
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
息子を幼稚園までお迎えにいって、
帰りにスーパーに寄ったら、
沖縄物産フェアーをやっていた。
 
 
「ちんすこう詰め合わせ」に引き寄せられた。
前は確か一種類だったよなぁ??
 
 
プレーン、黒糖、チョコチップ、雪塩・・・
何でもありだなぁ。
 
 
チョコチップちんすこうが
食べてみたくて購入。
 
 
こうやって意図して買うと、私が食べる前に
チョコチップがなくなってるんだよなー

ってリアルにイメージするから、
その通りの現実になるのかもしれないが。
 
 
 
買い物して帰ってきて、
ふと、何か感じるものがあって
ベランダに出てみると・・・
 
 
今朝4つも花を咲かせていた朝顔が
シナシナにしなびていた!!!!
 
 
植えてある土に触るとさらさらで砂のよう・・・(汗)
 
 
あわてて水をやったが、
普通の土じゃなくて、何か混ぜてあるらしく
めちゃくちゃ水はけがよくて
器の底からどんどん流れ出してしまう。
 
 
息子は知らん顔・・・
 
 
「こーちゃんがお水あげるの!おかーさんはダメ!」
とか威張りくさってた奴はどこのどいつだ!
 
 
 
 
 
 
幼稚園から持って帰った日、
巻きついているツルのうち、
一箇所だけひどくしおれている部分があった。
 

ツルをたどっていくと途中で切れていた。
「どうして切れてるの?」
「お隣のお友達の(鉢の朝顔)が
 巻きついちゃったから先生が切った」
 
 
なんだかかわいそうで、家に帰ってから
4つくらいに切ってジャムの空き瓶に挿したら
数十分で完全復活!
さすがに花を咲かせることは無理そうだけど、
ツルをのばしている。
いつの間にか白い根が生えてきている。
 
 
 
という出来事があったので、
今回も、とにかく水をあげれば、
復活してくれるだろうと思ったけど、
水はすぐに流れ出してしまうのだ。
 
 
仕方なく、鉢の横にジョウロを置いて
こまめに水をあげた。
 
 
 
3時間くらいで復活。
(風が強くて写真がボケボケだ・・・)
これで一安心♪
あーよかった!
まだまだつぼみがいくつもついてるから
しばらくの間、花を咲かせてくれるだろう。
 
 

それにしても! 
息子が何か動物を飼いたいといっても
当面は許可できないな!!!
 
 
 
 
 
 

コメント(8)

2009年 7月 26日

大地なプリン!

カテゴリー 携帯より

090726-074001 090726-081226

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夫がプリンを買ってきた。
いつものコンビニプリン、スーパープリンじゃなく、
百貨店様のプリン!
 
 
いろいろ経緯があるのだが
私がピキッと来たのを察知したらしい。
夫としては「自分に落ち度がある」とは思ってない、はず。
 
 
「ほら、プリン買ってきたから、ここは一つ穏便に…」
という感じだろう。(笑)
 
 
「お土産なんかで懐柔するなー」
と思ったけど、旭山動物園のプリンはとっても美味しかった!
 
 
夫と私では「しょうが」の大きさも有無も違いすぎるのだ。
彼が「しょうがない」と言っても、
私にとっては「しょうがありあり!!」(笑)
 
なんでそのレベルで「しょうがない」になる???
 
 
特に子どもに関してはこの差が極大化する。
ま、夫は激甘路線でもいいかもしれない。
私が激辛路線だから。(汗)
 
 
全面対決とかガチンコ勝負にならないのは
夫の説によると
「力の差がありすぎるとケンカにならない」
 
 
って、ニコニコしながら言われてもねぇ…
 
 
「弱い犬ほどよく吠える」って言いたいのかな〜
 
♪いいように世の中回してるのはこっちさ〜♪
って思ってるのかなー
 
 
プリンを食べ終わって、ベランダに出たら
息子の朝顔が咲いているのを見つけた。
「朝顔咲いてるよー」
と、声をかけると息子は子犬のように飛んできた。
 
 
「おとーさーん! こーちゃんの朝顔咲いたよー」
大興奮&おおはしゃぎ!
 
 
来年の夏にもまだこういう無邪気さが残ってるといいなぁ…
 
 
 
 

コメント(4)

2009年 7月 25日

世界の山ちゃん

カテゴリー 携帯より

090724-180938 090725-083033

 
 
 
 
 
 
 
 
 
息子が無事キャンプから帰ってきた。
 
 
Mちゃん夫がお迎えに行ってくれた。
 
 
お礼に駅前の「世界の山ちゃん」で手羽先を購入。
 
 
世界の山ちゃん
http://www.yamachan.co.jp/index.html
 
 
先日のオトナの宴会の時に、山ちゃんができたのを知った。
いつ頃開店したんだろ?
確かあの場所はドラッグストアだったはず。
 
 
山ちゃんの手羽先にもMちゃん家には物語がある。
 
 
ある日、Mちゃんの勤務先でどうしても必要な品物があって
「××ショッピングセンターのソニプラに在庫がある。
 ××に近い人〜」 
と言われたそうだ。
 
××はMちゃんちからクルマで40分くらいかかるので
黙って仕事をしていたら、いつの間にか視線集中!
 
 
仕方なく
「・・・買ってきます」
と言って会社を出たものの、すでに遅い時間になっていた。
 
 
Mちゃんは免許は持ってるけど運転は嫌い。
結局家族で××ショッピングセンターへ。
 
 
閉店間際で、ところどころシャッターが閉まり始めている中、
二人の息子の手を引いて全力疾走。
 
 
お目当ての品は買えたが、Mちゃん夫のモチベーションだった
山ちゃんの手羽先は購入できず。
(××ショッピングセンターに山ちゃんが入っているのを知って
 Mちゃん夫はめちゃくちゃ楽しみにしていた)
 
 
山ちゃんのお店まで行ったのだが、
閉店処理していたバイトのお姉ちゃんに
「買えませんかね?」と聞いたところ
「ムリですッ」とピシッと言われちゃったとか。
 
 
 
結局、クリスピークリームドーナツを買って帰宅。
Rちゃんちに電話して
「ドーナツ食べない?」
 
 
Rちゃんは「この時間にドーナツ?」と思いつつ
Mちゃんちは面白いので行くことに。
Rちゃん夫に声をかけたが、結局起きなかったらしい。
 
 
オトナの宴会の席でRちゃん夫は
「山ちゃんがあったら、何で起こさないんだよって
 暴れたかもしれないけどねー
 なかったから、よかった」
と言っていたので、彼も山ちゃんが食べたかったらしい。
 
 
ということで、Mちゃん夫、Rちゃん夫、子どもが
食べられたらいいなと思い、
ピリ辛1箱+辛くないの1箱を1組として3組買った。
 
 
山ちゃんで買って、Mちゃん夫に電話したら、ちょうど駅前の
ロータリーのあたりにいるとのこと。
「まだ乗れるから、セブンイレブンの前まで来てください」
といわれて、そちらへ移動。
 
 
クルマに乗ると子どもたちは超ハイテンション!
よっぽど楽しかったんだなぁ。
大声でYMCAを歌っちゃったりして
サル山のお猿さん状態。
 
 
何が楽しかったのか聞いても
浮かれすぎてて、マトモな答えにならない。
(なんだかラリッてるみたい・・・)
 
 
家の前で降ろしてもらった。
 
 
おうちについて、リュックを下ろしたとたん、
息子は、
「また行きたい!今度いつ行ける?」
 
 
よっぽど楽しかったんだなあ〜
 
 
なくなっても諦めのつく衣類(!!)を持たせたが
ちゃんと全部持って帰ってきていた。
・・・ぐちゃぐちゃだったけど。
 
 
お小遣いは1000円までということだったので
500円玉二枚を持たせたが、510円残してきた。
お土産のクッキーは380円。
ガチャガチャで100円使用。
10円の使途不明金・・・
本人も10円のことはわからないらしい。
もてあそんでて、落としたとか、そういうことなんだろうな。
「初めての一人のお買い物」だから、まあ、こんなもんか。
買い物の練習しないとなー 
 
 
大量のお菓子の空袋がリュックやサブバックに
つっこんであったが、
それでも「お腹すいた」というので、
豆ご飯とふろ吹き大根(ウチでの名称は大根プリン)、
子ども用の山ちゃんの手羽先を食べさせた。
 
 
お風呂に入ると9時前に「大の字」になって
眠ってしまった。
 
 
これなら幼稚園の二泊三日の合宿も問題ないなー
 
 
 
 
 
 

コメント(2)

2009年 7月 23日

小鬼のいぬ間の宴会

カテゴリー 携帯より

090722-181439 090722-181948

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日から息子はお友達と一緒にキャンプに参加している。
帰宅は金曜日♪
 
 
と、いうことで、キャンプに子どもを参加させた夫婦3組で
オトナの宴会!
 
 
「せっかくだから、子連れじゃ絶対入れないところを!」
と探したものの、水曜日定休のお店が多かった。
(もっとも、田舎だから絶対数も少ないんだけど・・・)
 
「こんな機会はめったにないんだから!」
と思うと、どうしても妥協したくなかった(笑)
 
 
駅前商店街をうろうろして見つけたのが、本格スペイン料理の店。
おお!ここなら子どもは連れてこられないぞ〜
 
 
「とりあえずの1杯」で注文したエルディンガー。
http://bier.jp/index.cgi?t=itemdetail&id=Ex523&SessionId=
上に乗った泡の層が、ものすごーーくなめらか。
ビールでこんな泡ができるんだー!と感激。
 
 
「水のように体になじむ」
とMちゃんはクイッと飲み干してしまった。
 
 
それからが注文ターイムッ!
飲み会の仕切りに関しては超ベテランのMちゃんが
どんどん注文してくれる。
 
 
しばらくの間はテーブルの上は空っぽだったけど、
その後おいしいものが続々と運ばれてきた。
 
 
アヒージョという、ガーリックオイルで煮込む料理が
めちゃくちゃおいしかった。
オススメ料理の真鯖だけでなく、マッシュルーム、
海老のアヒージョも注文。
にんにくの香りと絶妙な塩味のハーモニー。
アツアツでホントにおいしい!!
 
 
具が美味しいのはもちろんだが、ガーリックオイルを
パンにつけると、これもまためちゃくちゃおいしい。
パンを3回おかわりした。
 
 
スペイン風いわしの唐揚げもおいしかったなー
イカスミのパエリアも最高だった♪
 
 
私と夫以外はものすごーい酒豪揃いで、
ワインフルボトル3本空けた。
(ビールもそれなりに注文しているんだけど・・・)
 
 
Mちゃん夫妻も、Rちゃん夫妻も、
毎日お笑いネタを製造する夫婦なので、
子どもの話よりも、夫婦間の爆笑コミュニケーションの話が
ずっと多かった。
 
 
Mちゃん夫は専業主夫。
もともと面白い二人なんだけど、
豪快なMちゃんと、生真面目なMちゃん夫の会話は
それが本人たちにとっては日常的な内容でも、
第三者が聞くと、笑いすぎてお腹が痛くなる。
 
 
 
「時計事件」の話は、双方から別々に聞いてたけど、
今回お互いの言い分が聞けたのですっごく面白かった。
 
 
「時計事件」 
Mちゃんの誕生日に夫君が時計をプレゼントした。
「お前、こういうの好きだろ? 
 これ1万円くらいしたんだぞ」
「嘘だ!5000円くらいでしょ!」
「・・・何で知ってるの?」
「だって、買ったもん!」
Mちゃんの手首にはプレゼントの時計と同じものが!
 
「・・・・」
「あたしのこと、ちゃんと見てよ!」
「・・・・(滝汗)」 
 
 
Mちゃんはその時計をそれなりの期間使っていたらしい。
「何で気がつかないのよ!」
「そっかー、この時計がいいと思ったのは
 毎日無意識に見ていたからなのか・・・」
これにまつわる双方のコメントがとっても面白かった。
 
  
Mちゃんは自分が使っていたのを海に持っていって
腕につけたまま遊んだそうだ。
生活防水機能しかないので、当然壊れてしまったが、
翌日から夫君からのプレゼントの時計を
使っているらしい。
 
 
 
 
「ピアノ事件」の話も出た。
これは電子ピアノを購入した時に、
販売員がイケメンだったということで、
Mちゃん夫がかなりスネたとか(笑)
  
実際は
「全然イケメンじゃなかった」
という言い分もあり(Mちゃん)
 
Mちゃん夫がブルーになったのは
違う理由だったという説もあり、
真相はよくわからない。
  
でも、双方にとっては「ちょっとした事件」だったらしい。
 
 
 
 
おしゃべりしている間にワインが進み、
テーブルの上のお皿もどんどん空になっていった。
 
 
 
最初は
「すみませーん」
と声をかけても、
店員さんがなかなか来てくれないこともあったが
中盤以降は、
「すみませーん」
「ハイッ ただいま伺います〜!!!」
と、すぐに飛んで来てくれた。
(お店がすいてきたからかもしれないけど) 
 
 
「お腹いっぱい!もう入らない!もうムリ!」
というところまでスペイン料理を堪能し、
最後に〆のシャーベットも全員で食べてお会計。
 
 
ウチはワインの飲みが少なかったので
少々割引してもらったが、それでも
おおっと!という金額。(私にとっては)
 
 
店員さんが口々に大きな声で
「ありがとうございます!」
を連発してくれた。
 
 
お店を出てから、誰かが
「フラッときて、ドカンと注文したからだろうねー」
って言ってたけど、確かにそうかも(笑)
 
 
酔いざましにマクドナルドに入って
3人が100円コーヒー、3人が100円シェイク。
そこでまたおしゃべり。
 
 
「二次会がマックかぁ」
「高校生みたいー」
  ↑高校生だったのは前世紀だし、昭和だし
 
 
マックを出てぞろぞろ歩いて行くとミニストップがあった。
Rちゃん夫妻が
「ウコンを買う!」
と言って、入っていったので、みんなで店内へ。
 
 
ウコンというのは「ウコンの力」のことだった。
飲んでおくと、二日酔いになりにくいらしい。
ホントかどうかわからないけど、
このところ、アルコールに弱くなっているので
私も買うことにした。
 
 
お店の横のゴミ箱の前でRちゃん夫妻と私が並んで飲み、
それをMちゃん夫妻と夫が見ていた。
(なんだか変な光景・・・)
 
 
飲み終わると空き容器をそのままゴミ箱へ。
 
 
そして6人でぞろぞろと帰った。
 
 
「夏休み最後の方で幼稚園の合宿があるから
 その時にはまたやりたいね!」
 
「水曜日は外そうねー」
 
 
そんなことを言い合ってお開き。
 
 
帰宅したのは12時近かった・・・
とってもとっても楽しい宴会だった♪
 
 
 
 
 
 


 

コメント(6)

2009年 7月 21日

ハイブリッドメール

カテゴリー 携帯より

090721-212654

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おうちに来たお客様「その1」
ご近所からのおすそ分けのお花。
 
キレイだなぁ〜
おすそ分けしたくなるくらい、たくさんもらったらしい。
お花はやっぱりいいなー
とっても嬉しい♪
 
 
 
おうちに来たお客様「その2」
 
Hybrid Mail
http://blog.goo.ne.jp/yh-asaka/e/d77968b6f4f8ab3a9697b7193a08bb93
 
昔から新しモノ好きだった先輩から。
(と、言ってもこのシステム自体は結構前からあったらしい)
 
パソコンから郵便局へお手紙データを送信すると、
郵便局でプリントアウトして、
専用の封筒に入れて送ってくれるらしい。
 
 
クレジットカードのみ対応で、
自分で切手貼って出すよりは高いけど、
同一文章を大勢に送るにはいいかも。
 
 
先輩からのお手紙に書かれていたキーワード。 
 
■胆沢ダム■
胆沢ダム(いさわダム)も知らなかったし、
ロックフィルダムという言葉を初めて知った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%86%E6%B2%A2%E3%83%80%E3%83%A0
 
 
■高峰譲吉■
こんな日本人がいたなんて、恥ずかしながら知らなかった。
 
>研究開発が産業と結びつけば、巨大な富を生むことを実証して見せた。
>政府役人、科学者、実業家、“日米親善特使”の四つの顔を駆使した。
 
http://www.geocities.jp/kazumihome2004/13-5.html
 
 
 
■高峰譲吉と黒部ダム■
すごい人は八面六臂の活躍をするんだなぁ・・
 
http://www.enraku.com/old/history/dengensi.htm
 
 
 
 
■大島高任■
日本近代製鉄の父という方だが、全く知らなかった・・・
 
http://www.nsc.co.jp/kamaishi/about/takatou.html
 
 
橋野高炉跡というのが日本最古の現存する溶鉱炉跡らしい。
 
http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03211/798.html
 
 
 
うーん。
つくづくモノを知らないなぁ・・・(汗)
 
 
 
先輩からのお手紙には
>ネットの発達でいろいろな情報が簡単に手に入る世の中ですが
>できるだけ現地に足を運んで自分の眼と手で確かめるように
>心がけています
という文章が・・・(汗)
 
 
確かにそうだよな。
グーグルで検索して手に入るのは単なる情報にすぎない。
実際に自分で見て、感じるのとは大違い。
 
 
「自分の五感で確かめること」はホントに大事だなぁ。
 
 
 
 
 
  
 
 

コメント(3)

Next »